澄んだ空気が心地よい!レンタサイクルで国立公園霧島を巡ろう!

温泉・焼酎・桜島などが有名な鹿児島県霧島市ですが、その霧島には、日本で初めて国立公園に指定された「霧島錦江湾(きりしまきんこうわん)国立公園」があります。

今回は、霧島の豊かな自然を自転車で楽しめるサイクリングコースをご紹介します。自転車初心者から上級者まで幅広い方々が楽しめるコースがあるので、女性の方や普段あまり運動をしない方も安心です。息をのむ程美しい神秘的な大自然の魅力を、全身で感じてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

霧島錦江湾国立公園とは

霧島錦江湾国立公園

霧島錦江湾公園は、「霧島エリア」「桜島・錦江湾奥エリア」「指宿・佐多エリア」の3つのエリアで構成されています。

「霧島エリア」は、豊かな自然の植物が春夏秋冬それぞれの季節を美しく彩っているエリアで、パワースポットとして知られる「霧島神宮」もあるので、歴史探索をしながら良い気をいっぱいチャージできそうです。「桜島・錦江湾奥エリア」は、鹿児島のシンボルの「桜島」が見られるエリアです。今も活動を続ける火山の力強く雄大な景色を眺めることができます。そして、「指宿・佐多エリア」は、迫力のある海の景勝地や「砂むし」に代表される温泉が魅力のエリアで、本土最南端の佐多岬もあります。

霧島サイクリングの魅力

サイクリング

その国立公園をはじめとした雄大な自然を巡る霧島サイクリングの魅力は、なんと言っても爽やかな風を切りながら眺められる風景の美しさです。自分のペースで、四季折々の絶景が楽しめる霧島連山や、煌めく海をゆったり眺められます。自然豊かで空気が美味しい場所でのサイクリングは、リフレッシュにもピッタリ。

ホテル近くの「霧島市観光協会」で、クロスバイクや電動アシスト自転車を借りられるので、自然散策気分で気軽に楽しめます。雄大な自然を満喫できる山々と海沿いのコース以外に、史跡や神宮などを巡るコースもあるので、難易度・観光場所・目的別に選んでみてくださいね。

霧島のサイクリングコースをご紹介

それではさっそく霧島サイクリングのオススメコースをご紹介します。ご自分の体力や好みにあわせて、楽しんでくださいね。

1:初心者にも優しい「霧島神宮・パノラマコース」

霧島神宮

大鳥居が目を引く「霧島神宮」近くから出発し、大人も子供も遊べる複合施設「神話の里公園」などを通りながら、温泉水が流れる「丸尾滝」から近隣の霧島温泉郷に向かい、霧島観光協会あたりを折り返すコースです。

ニニギノミコトを祀った由緒正しい霧島神宮で参拝してから出発しましょう。食事ができる眺めのいい神話の里公園で、ゆっくり休憩ができるので、自転車初心者の方や、親子連れの方でも気軽に楽しめます。国道223号沿いに進むこのコースは、初めて霧島を訪れる方でも迷いにくく、観光で訪れた土地勘のない方にもオススメです。


【ルート】

ホテル⇒霧島市観光案内所(約2.6km)⇒霧島神宮(約850m)⇒神話の里公園(約3.0km)⇒丸尾滝(約5.6km)⇒霧島市観光協会(約550m)⇒霧島市観光案内所(約8.0km)


2:海も山も堪能できる見所満載な「しおかぜ・桜島コース」

有村溶岩展望所からの桜島

霧島市役所から出発し、イルカ達も泳ぐ鹿児島湾沿いにぐるりと進み、「牛根大橋」を渡ります。この先、桜島南岳の麓にある「有村溶岩展望所」を目指すコースです。

迫力満点の桜島と美しい鹿児島湾を360度見渡せる絶景スポットで、存分に癒されてください。高低差は少ないですが、有村溶岩展望所まで約85kmの道のりなので、無理せずゆっくり進みましょう。

くろず壺

コース途中には、伝統製法で造られる健康的な黒酢の魅力が詰まった「くろず情報館&レストラン・壺畑」や、モネ・ルノアール・ピカソなど約3,000点の美術品を展示する「松下美術館」もあるのと、絶景を見渡す展望所も巡るコースなので、休憩をかねて立ち寄りましょう。


【ルート】

ホテル⇒霧島市観光案内所(約2.6km)⇒霧島市役所(約18.2km)⇒国分敷根(約6.8km)⇒亀割峠(約1.4km)⇒くろず情報館(約2.4km)⇒松下美術館(約3.4km)⇒道の駅たるみず(約14.9km)⇒牛根大橋展望台(約2.9km)⇒旅の里火山展望所(約4.4km)⇒黒神埋没鳥居(約750m)⇒桜島白浜町(約9km)⇒桜島港(約10.1km)⇒道の駅桜島(約350m)⇒有村溶岩展望所(約10.8km)⇒霧島市観光案内所(約61.9km)


3:歴史好きには堪らない!ロマン溢れる「史跡めぐりコース」

隼人塚
画像:Wikimedia Commons_隼人塚 (C)長谷川 宏亮(2011)/Adapted/Licensed under CC BY 2.1JP

市役所を出発した後、まずは平安時代の建造物と言われる巨大な「隼人塚」を訪れます。そして、海幸山幸の神話が語り継がれる歴史の地「鹿児島神宮」でしっかり力を蓄えながら鹿児島空港までの上り坂に備え、一気に登ります。

空港の先にある、観光特急・はやとの風が停車する人気スポットで、登録有形文化財の木造駅舎「嘉例川駅」を通り、坂本龍馬とお龍が日本初の新婚旅行で訪れた「塩浸(しおびたし)温泉龍馬公園」に到着。温泉や足湯が楽しめるので、疲れた体をリフレッシュしてください。

塩浸温泉龍馬公園 龍馬像

目的地で折り返すコースではなく、鹿児島県の文化に触れながらぐるりと霧島市を巡るコースなので、この土地ならではの魅力をたっぷり味わえます。たくさんの観光地を見て回りたい方にもオススメです。


【ルート】

ホテル⇒霧島市観光案内所(約2.6km)⇒霧島市役所(約18.2km)⇒隼人塚(約2.9km)⇒嘉例川駅(約21.6km)⇒鹿児島神宮(約1.8km)⇒鹿児島空港(約8.6km)⇒嘉例川駅(約4.6km)⇒塩浸温泉龍馬公園(約3.2km)⇒霧島市観光案内所(約18.5km)


更に自然を楽しめる難易度高めのコースもたくさん!

ロードバイク

霧島には、他にも普段から自転車で長距離を移動している方や、サイクリングが趣味の方にオススメしたい標高差のある本格的なサイクリングコースもあります。例えば、桜島の裾野を海沿いに一周する約100kmの「火の山コース」や、たくさんの観光スポットを巡れる「霧島連山一周コース」、上り坂が多い標高差約965mの「山岳コース」などです。少し大変な分、自然を体で感じられるので、興味のある方はぜひ体験してみてください。

ミヤマキリシマ

本格派のコースでも電動アシスト自転車なら、意外と回りやすいかも知れません。ただ、それでも長距離にわたって自然の中を走る自転車での旅は、楽しさの反面どうしても疲れてしまうもの。

サイクリングの後は、ホテルで温泉に入ったり、美味しい料理を堪能したりして、ゆっくり体を休めましょう。大自然に囲まれた当ホテルなら、時間を忘れてリラックス出来ると思います。

色とりどりの花が咲き誇り、爽やかな香りを運んでくれるサイクリングを楽しめるのは霧島ならでは。いろんなコースにチャレンジしたり、メンバーを変えて楽しんだりしてみるのも良いですね。何度でも訪れて、季節ごとの魅力を見つけてみてください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New