豊かな風味と旨味の詰まった肉汁!日本が誇るブランド牛「仙台牛」の絶品ハンバーグ

日本が誇るブランド牛「仙台牛」は、宮城県で飼育される高級黒毛和牛です。地元ではカレーやシチューなど様々な料理で使われる仙台牛ですが、その中でも人気なのが、肉の旨味がたっぷり詰まった「仙台牛ハンバーグ」。

今回は、そんな仙台牛の特徴や「仙台牛ハンバーグ」の魅力をご紹介します。お取り寄せも出来るので、ぜひチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

美味しさの秘密は歴史にあり!仙台牛についてご紹介

蔵王の自然

畜産王国宮城について

宮城県は、蔵王山と呼ばれる山々や太平洋に囲まれた自然豊かな土地です。そんな宮城県は、広大な自然を活かした畜産業が盛んで、全国有数の畜産王国としても知られています。

特に黒毛和牛の飼育数は日本でもトップレベル。その中でも、きめの細かさや肉のバランスなど、厳しい基準をクリアしたもののみが「仙台牛」と呼ばれます。「仙台牛」は、選び抜かれた最高ランク牛の証なのです。

仙台牛の歴史や特徴について

仙台牛

仙台牛の歴史は、なんと昭和6年から始まります。兵庫県から種牛を導入し、肉質の向上を続けてきた宮城県。特に、昭和49年に導入した「茂重波(しげしげなみ)」号によって優れた子牛がたくさん生まれ、「仙台牛」の高い品質の土台が出来上がりました。

生まれた子牛は、約3年かけて丁寧に育てられるのですが、豊かな自然でのびのびと育つ牛たちは、肉質のぶれが少ないのが特徴で、安定して品質の良い「仙台牛」が提供され続けています。

自然に囲まれた宮城県ならでは!仙台牛の美味しさの秘密

仙台牛の肉

仙台牛の美味しさには、宮城県の豊富な自然が関係しています。山々に囲まれた宮城県には澄み切った水がたっぷり。水が美味しい宮城県は、「ひとめぼれ」などブランド米が多い事でも知られている米どころです。

仙台牛は、子牛の頃から澄んだ水と米の稲わらを餌として食べて大きくなるため、宮城県の自然が詰まった美味しさになるのです。

仙台牛の格付け

歩留等級/A~C評価 骨のついた肉から骨や余分な脂などを取り除き、肉にした時の肉の割合のことで、歩留まりが良いほど肉(赤身)が多く、生産効率が良いとされます。
肉質等級/1~5評価 『霜降の度合』を中心に、『肉の色』、『肉のキメや締まり』、『脂肪の色沢・光沢』の4種類について総合的に評価します。
引用:仙台牛銘柄推進協議会

このような環境で育つ牛の中でも、「仙台牛」として出荷されるのは、さらに選別されたものになります。肉の赤身や霜降り具合など、厳しい基準をクリアしたものだけが「仙台牛」として市場に出されているのです。

肉の旨味たっぷり!仙台牛ハンバーグについて

仙台牛ハンバーグ

宮城県の豊かな自然の中で育った仙台牛は、滑らかな口当たりとたっぷりの肉汁が特徴です。そんな仙台牛の魅力を活かしているのが「仙台牛ハンバーグ」。仙台牛は肉の旨味が深く、肉質が柔らかいのでハンバーグにピッタリなお肉です。ハンバーグの中から旨味たっぷりの肉汁が溢れ、ソースなしでもその美味しさを堪能することが出来ます。

「りぞけっと」で『仙台牛ハンバーグ』をお取り寄せしよう

仙台牛ハンバーグ

仙台牛ハンバーグは、ホテル公式通販サイト「りぞけっと」で購入することができます。「りぞけっと」は全国のダイワロイヤルホテルがある場所の名産品や特産品などを取り扱っていますが、当ホテルのページでは仙台牛ハンバーグをはじめ、サーロインステーキや焼肉用、すき焼き・しゃぶしゃぶ用のお肉など、美味しい仙台牛の商品がたくさん揃っています。

他にも、蔵王のチーズや銘酒なども取り扱っていますので、気になるものをお取り寄せすれば、ご自宅で宮城や蔵王の味が楽しめますよ。

りぞけっと/Active Resorts 宮城蔵王

日本有数のブランド牛「仙台牛」と、その魅力がたっぷり詰まった「仙台牛ハンバーグ」についてご紹介しました。宮城県の自然が育んだ仙台牛のハンバーグは、是非一度ご賞味いただきたい逸品です。「りぞけっと」でお取り寄せして、美味しい仙台牛を味わってみてくださいね。

仙台牛ハンバーグ/りぞけっと Active Resorts 宮城蔵王

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New