海に山に川に岩に滝!串本町周辺の自然や名所をウォーキングで満喫しよう

海、山、川と自然がいっぱいの串本町周辺は、ウォーキングにも適したエリアです。今回は、串本町周辺のおすすめ観光スポットを歩いて巡るウォーキングコースをご紹介します。ウォーキングに慣れている方なら一日かけてしっかり歩けるコース、初心者なら1時間半程度のコースも組めますので、行ってみたい観光スポットを含むコースを検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

世界遺産「熊野古道」の魅力を感じる“熊野那智大社コース”

那智の滝

【コース】JR那智駅⇒浜ノ宮王子⇒熊野那智大社⇒那智の滝
【距離】約7.4km 【時間】約2時間15分

JR那智駅からスタートし、熊野三山の一つである「熊野那智大社」、日本三名瀑の一つ「那智の滝」まで、「熊野古道」の魅力を満喫するコースです。

途中には、熊野三所権現を祀る神社「浜ノ宮王子(熊野三所大神社)」をはじめ、「補陀洛山寺」、「市野々王子(王子神社)」など、歴史的な観光スポットがあり、各所で参拝しながらゆっくり進むことができます。そして、日本三大古道の一つでもある「大門坂」の老杉木立が並ぶ石畳を抜け、「熊野那智大社」へ。大社の奥へ進むといよいよ、落差約133mという日本一の落差を誇る滝「那智の滝」に到着します。

大門坂

もう少し距離を短くするなら、「大門坂」からスタートするコースがオススメ(約2.5km/約1時間)。「大門坂」は、熊野古道の面影を最も強く残している古道とされ、ここからのコースは、熊野古道の雰囲気を短距離で感じられる、イイトコどりのダイジェストコースとも言えます。


【コースの起点/JR那智駅】

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浜ノ宮382番地
アクセス:Hotel & Resorts WAKAYAMA-KUSHIMOTOから、コースの起点/JR那智駅までお車で約40分
公式サイト:那智駅|駅情報:JRおでかけネット


本州最南端の海岸景色を満喫する“潮岬一周コース”

橋杭岩

【コース】橋杭岩⇒潮岬一周⇒ホテル
【距離】約18km 【時間】約3時間45分

ホテルからもその景色が見える、名勝天然記念物「橋杭岩」から、本州最南端の潮岬を一周する海岸線を歩くコースです。

「橋杭岩」は、大小合わせて約40もの岩柱が橋脚のように約850mに渡って立つ景色が見所で、引き潮時には歩いて近づくこともできます。ホテルから「橋杭岩」までは約2kmですので、ここまでを軽い散策コースとして楽しむこともできます。

潮岬灯台

本格的なウォーキングをするなら、そこから「潮岬灯台」を目指して歩きましょう。一周約12kmの潮岬の海岸沿いの道は、水平線を一望できる海の景色を眺めながら歩くことができます。ホテルから「潮岬灯台」まで直行するコースなら、約1時間30分のお手軽コースになりますよ。


【コースの起点/橋杭岩】

住所:和歌山県串本町くじの川 1549-8
アクセス:Hotel & Resorts WAKAYAMA-KUSHIMOTOから、コースの起点/橋杭岩までお車で約5分(徒歩約25分)
公式サイト:橋杭岩 – 南紀串本観光ガイド


日本屈指の清流と奇岩を眺める“岩巡りコース”

一枚岩

【コース】JR古座駅⇒少女峰⇒牡丹岩⇒明神の潜水橋⇒神水瀑⇒古座川の一枚岩⇒天注岩
【距離】約14km 【時間】約3時間

このエリアには古の火山活動によって生まれた奇岩が多く存在し、自然の偉大な力を感じながら散策できます。天然記念物に指定されている岩もあり、その不思議な姿に驚嘆せざるを得ません。古座駅からスタートして、日本を代表する清流「古座川」に沿って進みますが、各所に多くある面白い岩のスポットと、古座川の水の恵みを感じながらのルートになります。

少女峰

まずは、古座川の川岸にそびえる岩山「少女峰」。少女の悲恋の伝説が名前の由来だそうです。この近くには国指定天然記念物の「虫喰岩」もあるので、少し足を延ばしてみるものいいですね。先に進むと、風化した岩肌に浮き出た大小無数の穴が牡丹の花に似ていることから名付けられた「牡丹岩」があります。

明神の潜水橋

そして、川の増水時の倒壊を防ぐために欄干がなく作られた橋「明神の潜水橋」を渡り、「神水瀑」へ向かいます。「神水瀑」の勢いある滝水はまるで白い布を垂らしたような圧巻の景色です。そして最後は、高さ約100、幅約500mと、見るだけで圧倒されてしまいそうな、天然記念物「一枚岩」から、古座川の間際から垂直にそびえる雄大な「天注岩」を眺めることができます。

その他、近くにある「どんどろの森」の散策や「獄の森山」の登山などを加えて、よりアクティブなコースにすることもできますよ。


【コースの起点/JR古座駅】

住所:和歌山県東牟婁郡串本町西向232番地
アクセス:Hotel & Resorts WAKAYAMA-KUSHIMOTOから、コースの起点/JR古座駅までお車で約10分
公式サイト:古座駅|駅情報:JRおでかけネット


紀伊大島で“異国の雰囲気を感じるコース”

トルコ記念館

【コース】ホテル⇒くしもと大橋⇒樫野埼灯台⇒トルコ軍艦遭難慰霊碑⇒トルコ記念館⇒日米修好記念館⇒海金剛
【距離】約14km 【時間】約3時間

串本には異国の雰囲気を感じられる観光スポットも多くあります。4つ目は、紀伊大島エリアで異国情緒を満喫するコースをご紹介します。

くしもと大橋

ホテルを出発して「くしもと大橋」を渡り、日本最古の石造り灯台「樫野埼灯台」へ。現在は無人灯台ですが、周囲には当時のイギリス人技師が持ち込んだと言われる水仙が群生しています。そして先に進むと、明治23年に大島樫野崎沖合で起こったトルコ軍艦エルトゥールル号の遭難事故で命を落としたトルコ将士たちの慰霊碑「トルコ軍艦遭難慰霊碑」と、トルコ国との友好の証として建設された「トルコ記念館」があります。

海金剛

そこから、日米最初の交流を記念した「日米修好記念館」を訪れ、最後に、「21世紀に残したい日本の自然100選」にも選ばれている景勝地「海金剛」で、荒波が鋭い岩礁にあたり砕け散る迫力満点の絶景を眺めましょう。

楽しく快適なウォーキングのために

ウォーキングのために

快適なウォーキングためには、しっかりとした準備とともに注意すべき点もいつくかあります。

(1)服装・持ち物

まずは、動きやすい服装、靴を着用しましょう。持ち物は、飲み物・タオル・雨具などをリュックやポーチに入れれば手がふさがらずに安全にウォーキングができます。日よけ対策の帽子や冬場の場合は防寒対策も大切です。また、虫刺されを防ぐ虫よけスプレーもあると便利です。

(2)健康

体調管理はしっかりとしましょう。歩く前のウォーミングアップに加え、歩いた後のクールダウンも行い、何より自分の体力に合わせて無理をしないで歩きましょう。暑い時期に限らず、水分補給も忘れずに。

(3)マナー

交通ルールや施設の利用マナーを守りましょう。特にスマートフォンを見ながらの歩行は危険です。途中でコースを確認する場合は、安全を確認して立ち止まって下さい。また、道をふさいだり、大きな話し声で迷惑をかけたり、私有地や禁止エリアへの侵入には気をつけましょう。また自然環境保護の観点から、荒らさないことはもちろん、ゴミの取り扱いにも注意してくださいね。

(4)帰りのことも考えたコース計画を

今回紹介した各コースは、ホテルがゴールの「潮岬一周コース」以外、最終目的地までの片道の距離と時間になっています。単純に行きと同じ道を歩いて引き返すと、倍近い距離と時間になってしまうコースもありますので、帰り方も考えたコース計画を立てるようにしましょう。

《南紀串本観光協会のウォークツアーも要チェック》

今回は4つのモデルコースをご紹介しましたが、南紀串本観光協会が毎月週日曜日に開催している季節に合わせた様々なウォークツアーもありますので、日程が合う場合は、南紀串本観光協会のホームページもチェックしてみてください。


【南紀串本観光協会のウォークツアー】

電話番号:0735-62-3171
Email:info@kankou-kushimoto.jp
公式サイト:2021年ウォークツアー開催4月~10月 – 南紀串本観光ガイド


ホテルからの夕日

串本町周辺のウォーキングを楽しんだ後は、ホテルの太平洋を望む温泉露天風呂や和歌山の季節の食材を使ったお料理で、ゆっくりと疲れを癒してください。そして串本には、今回ご紹介したスポットやコース以外にも楽しめる場所や見どころがまだまだあります。もし気になるスポットなどがあれば、お気軽にホテルスタッフまでお問い合せください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New