カテゴリ「天文」の513件の記事 Feed

2020年9月21日 (月)

天文担当の中里ですhappy01

9月ももう半分以上過ぎ、10月も間近になってきました。

気温の変化がなかなか厳しいですが、皆様体調には十分お気を付け下さい。

さて、10月にもなると、星空が見える日も増えだし、

夜空を見上げる機会も増えるかもしれません。

そんな時に、流れ星も見えるとより楽しめますねhappy02

Photo_9

それでは、今回はこれからの流星群の情報をお伝えします!

まずは「オリオン座流星群」

ピークは10月21日14時と昼間になってしまいますが、

21日、22日の夜も十分流れ星を探せるかと思います。

また、流れ星の速度は速いですが、明るいものが多く、

印象に残る流れ星が見られます!

続いて、「しし座流星群」

ピークは11月17日の20時頃となります。

2001年の大発生のインパクトが強く、皆様も良くご存じの流星群かと思いますが、大発生時以外では活動が弱く、流れ星は見つけにくいかもしれません。

およそ33年周期で大発生しますので、それまでは我慢の期間です・・・

また、11月は「おうし座流星群」が活動期に入ります。

数自体は少ないですが、火球と呼ばれるほどの明るい流れ星が多く、11月中は明るい流れ星を見るチャンスです!

12月は「ふたご座流星群」がピークを迎えます。

ピーク自体は12月14日の午前10時頃となってしまいますが、13日、14日の夜は観測チャンスです。

ピーク時では1時間に100個近く流れる事もある大きな流星群ですので、

流れ星を見つけやすい夜となるでしょうwink

これから、流れ星をみるチャンスも増えてくる時期となりますが、

観測の際は是非暖かい格好でご覧下さいconfident

それではまた屋上にてお待ちしておりますsmile

ご予約はこちら

2020年8月21日 (金)

先日星空の写真を掲載させていただいたのですが、あまりにもピントが甘かったので改めて別な場所から撮影を試みました。その写真が

Photo_7

いかがでしょうか。

くっきりと天の川が浮き上がってきております。

ホテルに近い場所ですが、街頭の影響が少し少ない場所になります。夏の暑さが続いておりますが、天候に恵まれてほぼ毎日星空が見えている八ヶ岳南麓です。

日々天気が変わり、空の様子も読めない状況ではございますが、満天の星を八ヶ岳でご覧になってみてください。

ご予約はこちら

2020年8月17日 (月)

お盆の期間も終わりまして、ホテルには少し落ち着きが戻ってきた感じになっております。先日まで多くのお客様に御来館いただきまして、本当にありがとうございました。

例年この時期は天候に恵まれず「星空」や「青空」をなかなか見ることができない日々が多いのですが、今年は「ペルセウス座流星群」も天の川も素晴らしい環境で見ていただくことができました。久しぶりの撮影で、ピンボケ写真しかありませんが、その中でもややちゃんと撮れた1枚をご紹介させていただきます。

815

夏ですと1月の間にここまでの星が見えるのは半分もないのですが、今年は結構ご覧いただけております。夕立のあった後などはより空気がクリアになりますので、見えてくる星ももっと多く感じられます。この天候は今度の週末まで続きそうな予報ですので、今年はまだまだ星空を楽しめそうです。

Photo

緑萌える夏の八ヶ岳で、空を楽しむ休日をお過ごしいただければ幸いです。

ご予約はこちら

2020年8月 3日 (月)

天文担当の中里ですhappy01

色々と大変な状況が続いておりますが、

関東地方も梅雨明け?したとの事なので、

これからは綺麗な星空が見えてくるのではないかなと思っております。

そんな8月ですが、ホテルでは特別なご案内はありませんが、

天体ショーのご案内です!

まずは8月12日前後で

ペルセウス座流星群がピークを迎えます。

Photo_3

ペルセウス座流星群は

1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と併せて

3大流星群と呼ばれる流星群で、

ピーク時には1時間に30~40個程流れると言われています。

今回のピークは12日22時~25時頃となっていますが、

夜中に半月が上がってきますので、月を見ない様に

空を見上げていただきますと、見つけやすいとおもいますwink

また、8月25日は伝統的七夕の日となります。

今の暦では梅雨時でなかなか天気の安定しない7月7日ですが、

旧暦では8月頃となり、梅雨も明けるため星空の見える確率も

上がってくる時期です。

2

夏の大三角の

こと座の「ベガ」織姫星と、

わし座の「アルタイル」彦星を

是非、もう一度の七夕の星空から探してみて下さい!

気分が滅入ってしまう日でも、満天の星を見上げていただき、

少しでも気分が変わってくれればと思いますconfident

それではまたsmile

ご予約はこちら

2020年3月16日 (月)

八ケ岳今夜の星空と今年の主な天文イベント等をご紹介します。

春を迎えた八ケ岳、昼間の日差しが暖かく風も心地よいのですが

今夜は大変冷え込み八ケ岳には満天の星空が広がりました。

こちらのお写真は西の方角

まだまだ見える冬の星座たち


左には狩人オリオン座、そしてその右にはおうし座

この二つの星座は闘っている姿とも捉えられています。

天体ドームの上で繰り広げられる、まるで闘牛士のような熱い戦い!

狩人オリオンはおうしを仕留めることが出来たのでしょうか?


想像を膨らませると星空をより一層お楽しみいただけます。

Img_0447


こちらのお写真は北の方角

中央やや左上にポツンと明るく輝いているのが北極星

その右上には柄杓のような星並びから「柄杓星」とも呼ばれる北斗七星

柄の先端の星からカーブを描くようにたどって頂くと前回掲載しました。

うしかい座のアルクトゥールスを見つけることが出来ます。

Img_0373

さて、ここからは2020年の主な天文イベントを掲載いたします。


今年特におすすめなのが三大流星群の一つ
12月の「ふたご座流星群」です。
今年は月明かりの無い新月の時期と被りますので、
流れ星を観察するには大変条件のよろしい時期となっております。

【2020年4月~12月】
4月3日 金星とすばるが見た目上接近
4月8日 スーパームーン (地球と月の距離 356,966㎞)
4月22日~23日 こと座流星群

7月28日 みずがめ座δ流星群

8月12~13日 ペルセウス座流星群

10月1日 中秋の名月
10月8日~9日 りゅう座流星群(ジャコビニ流星群)
10月21日~22日 オリオン座流星群

11月5日 おうし座南流星群
11月12日 おうし座北流星群
11月17日~18日 しし座流星群

12月14日~15日 ふたご座流星群
12月22日~23日 こぐま座流星群

【惑星の動向】

【火星】3月現在 東の方角 明け方4時頃上がり5時頃までご覧いただけます。
【木星】同上
【土星】同上
【金星】3月現在 西の方角 夕方~21時頃までご覧いただけます。

また木星、土星を望遠鏡でご覧になりたいお客様
6月末頃からご案内の時間、21時には上がって参りますので
夏の時期を狙っていただくと良いでしょう。

天文担当 前田

ご予約はこちら

2020年3月15日 (日)

八ケ岳今夜の星空をご紹介します

今日は八ヶ岳方面「雪」が降りました、天体ドームの屋根も雪を被っています。

今夜は20時半ごろ一時的に雲がかかりましたがご案内の時間は

月明りも無く満天の星をお楽しみ頂きました。

Img_0365_2

こちらは展望デッキ東の星空

今の季節夜21時を過ぎると明るい星を3つ見つけられます。

建物の左上に赤く輝く うしかい座の「アルクトゥールス」

建物の右上に青白く輝く おとめ座の「スピカ」

最後にお写真の一番上あたりで青白く輝く しし座の「デネボラ」

これらを結ぶと「春の大三角」となります。

ぜひお探しいただければと思います。

Img_0368

天文担当 前田

ご予約はこちら

2020年3月10日 (火)

八ケ岳今夜の星空をご紹介します

今夜7時半ごろ西の空

天体ドームの真上に金星が明るいのですが今日は雲の影響でややぼんやりと輝いていました。

Img_0357

いよいよ明日は満月。

今日のお天気はあいにくの曇り空でしたが月明りが水蒸気に反射され

月の周りには見事な輪っか「月暈(つきがさ)」が出来ており

「初めて見た」

と多くのお客様が驚かれていました。

こうした自然現象をお楽しみ頂くのも夜空を見上げる醍醐味かな、

と思います。

Img_0355

こちらは昨日8日のお写真

昨日はすっきりと晴れ渡り月、金星、オリオン座の大星雲、おうし座のすばる、

おおいぬ座の二重星などお楽しみ頂きました。

Img_0331

こちらは北の星空

今の季節夜8時ごろには八ケ岳の真上に5つの星並び「カシオペヤ座」が輝きます

この星座の周りには冬の天の川があり

月明かりのない日は肉眼で冬の天の川もご覧いただけますし

2つの星団が並んで見える「二重星団」なども望遠鏡でお楽しみ頂けます。

Img_0333

夜の展望デッキだいぶ暖かい日が多くなってまいりました。
ぜひご家族様、お連れ様と八ケ岳の美しい星空と大自然をお楽しみ頂ければと思います。

皆様のご来場お待ちしております。

天文担当 前田

ご予約はこちら

2020年2月27日 (木)

八ケ岳今夜の星空

西の方角、天体ドームの左上あたりに三日月

月の少し右上に宵の明星・金星

今夜は三日月、金星、オリオン星雲、すばる、M41星団、アンドロメダ銀河等

望遠鏡にてお楽しみいただきました。

金星は4月3日頃には、すばるの付近で輝きますので

星団の近くで輝く金星の様子をお楽しみいただければと思います。

Img_0261

こちらのお写真は昨夜・26日の星空

昨夜は曇天でしたが21時以降、雲が消え満天の星が広がりました

春を迎える八ケ岳

まだまだ美しい星空をお楽しみ頂けます、皆様のご来場をお待ちしております。

天文担当 前田

Img_0243

ご予約はこちら

2020年2月20日 (木)

天文担当中里ですhappy01

今回はスマートフォン用の三脚を購入したので、

試し撮りも兼ねて、屋上展望デッキからの星空をスマートフォンで撮影してみました。

Photo_8

南の空の様子です。(これは手すりの上に乗せて撮影したのでブレてます…)

冬の大三角と右の稜線の上にカノープスが写っています。

Photo_11

こちらは北の空です。

山の上にカシオペア座とその周囲にうっすらと天の川が見えます。

Dsc_0216

最後に西の空です。

ドームの上の星の固まりが「すばる」

その左側にはオリオン座が見えています。

ピントやブレについては目をつぶっていただければ…coldsweats01

スマートフォンでも星空を映すことが出来ます。

今回は三脚に固定し、8秒ほどシャッターを開き、ISO感度を3200に設定して撮影しています。

星空撮影用のアプリもありますし、三脚も100均(300円でしたが)で購入したものですので、

身近な道具で撮影に挑戦してみてはいかがでしょうかhappy02

最後に1点天文担当からお願いです。

星空の撮影や記念撮影の際はフラッシュをオフにして下さい。

周りの方も星が見えなくなってしまいますし、

何よりも星空撮影にフラッシュは不要ですthink

(フラッシュの反射の光は帰ってきません…)

何卒ご協力いただき、楽しい星空観測や撮影をしていただければと思いますwink

それでは屋上でお待ちしておりますsmile

ご予約はこちら

2020年2月18日 (火)

昨夜、今夜と八ケ岳に満天の星空が広がりました。

この季節には春を代表する星座「しし座」が東の空で高い位置に見え始めます。

2

南の空には見ると寿命が延びるおめでたい星

中国では「南極老人星」の名で親しまれる

「カノープス」が街明かりの上に赤くぼんやりと輝いています

カノープスの見える時間もそろそろ限られてきました。

Img_0205_2

夜21時を過ぎるとカノープスは山へ沈んでいきます。


Img_0211_2

天文担当 前田

ご予約はこちら