カテゴリ「春の情報」の74件の記事 Feed

2018年7月 7日 (土)

Adva01img09

マイスターご案内のガイドプラン

★柳沼~毘沙門沼ツアー

催行:2名様~(小学生以上) 

ひとり 2,800円(小学生半額)

8時50分~11時30分

ふ~ん、へ~、そうなんだ!

裏磐梯な成り立ちと不思議を紐解く、驚きと感動のツアーです。

初夏を賑わす野鳥の囀り、猛夏は水際の森の涼しさを感じ、秋は森に漂う甘い香りとアカマツの緑とのコントラストが美しい見事な紅葉を楽しんで頂けます。

季節ごとの花もたくさん・・・盛りだくさんの五色沼湖沼群です。

★裏磐梯マイスターツアー

催行:2~7名様(中学生以上)

ひとり 4,200円(昼食代別)

9時00分~12時30分

(昼食ご案内の場合は13時30分) 

たくさん歩けないけど裏磐梯の自然は楽しみたい方に、お天気を考慮し季節毎のお勧めをご案内するお勧めプランです。

車での移動を含め、裏磐梯を満喫して頂けます。

ご希望なら会津のお蕎麦もご案内できます。

★野鳥の宝庫・中瀬沼を歩く

催行:2~7名様(小学生以上) 

ひとり 2,500円(小学生半額)

14時00分~16時00分

(午前中に空きがある場合は9時00分~11時00分でも可

裏磐梯の中心にある中瀬沼。

展望台からの眺めは裏磐梯随一で、人工物がほとんど見えない素晴らしい展望を楽しんで頂けます。

野鳥の宝庫で、聞き分けができないほどのたくさんの鳥たちに出逢えます。

★写真撮影のご案内

催行:2~7名様(子供不可) 

ひとり 各4,000円(小学生半額)

早朝2時間・日中4時間・夕刻2時間

(出発時刻は季節で変わります。)

裏磐梯の季節や時刻、場所によって様々な写真撮影を楽しめます。

エリアがとても広く、移動も大変ですが、裏磐梯を知り尽くしたガイドがその時のベストポイントへご案内します。

★プライベートガイドツアー

催行:2~7名様

・半日コース 9時00分~12時30分

(昼食ご案内の場合は13時30分)

ひとり 6,000円(昼食代別)

・一日コース 9時00分~16時00分

ひとり 9,000円(昼食代別)

雄国沼へ歩かずに行ってみたい!

裏磐梯全体を回りたい、会津若松・喜多方の一般観光など他へのご希望も承ります。

お気軽にご相談下さい。

★期間限定ツアーと事前予約のツアー

催行:2~7名様

・花咲く雄国沼へ 6月上旬~7月上旬

 8時30分~14時30分

 ひとり 8,000円(昼食代別) 2日前予約〆

・磐梯山登山 5月27日~10月下旬

 8時30分~15時00分

 ひとり 9,000円(昼食代別) 2日前予約〆

※上記2コースは3名以上は7,000円、上限35,000円

・錦秋の中津川渓谷 10月上旬~11月上旬

 9時00分~12時30分

 ひとり 3,500円

ガイドツアーは前日までの受付ですが、当日でもお受けできる場合があります。

また2日前までに予約が必要なツアーも、空き状況によっては前日予約で実施できる場合があります。

フロントにお尋ね下さい。

お申込み・お問い合わせ

裏磐梯ロイヤルホテル

telephone 0241-32-3111

 

2018年7月 2日 (月)

Dsc_3731

ちょっと 歩いていたら 遠いところから

『お~いぃぃーちょっと寄ってけぇ~sign03・・・と言われ、

素直に寄ってみた あっちゃん&まぁちゃんです。

Dsc_3733

初めて入った『裏磐梯茶屋』さんnote

まぁ~ あーだ こーだ ・・・と

とにかく面白い オジサマ でした。

  ぜひ 覗いて見てくださいsign03

Dsc_3732

席数は少ないけど 美味しいコーヒーcafeが飲めますよ。

それに なんと言っても 風が気持ちいい~note

Dsc_3734

幸運鳥 1羽 350円

金運、良縁、学問、健康、安産、長寿、家庭円満・・・の7種類。

長寿が一番売れるらしいsign03

まぁちゃんはコレが欲しいなぁ~

あっちゃんはアレだなぁ~と。

Dsc_3737

いろいろ美味しそうなのがいっぱいsign03

Dsc_3736

沼によって、エメラルドグリーン、コバルトブルー、

ターコイズブルー、エメラルドブルー、パステルブルーと

色が違う不思議な場所「神秘の湖沼」

・・・と言われている五色沼自然探勝路

ここからが スタートですsign03

でわでわ いってきます~happy01paper

2018年6月29日 (金)

磐梯高原の緑化の父こと・・・遠藤現夢さんのお話。

磐梯山の噴火で膨大な岩屑なだれに覆われ

数十年間 荒地のままだった裏磐梯。

もう一度、

野鳥のさえずる森に戻したい・・・と願って、

約2年をかけ、気の遠くなるような1340haに及ぶ植林を

なしとげた遠藤現夢さん。

全通したばかりの磐越西線で、

アカマツ5万本、ウルシ2万本、スギ3万本の苗木を

新潟から運び、さらに

猪苗代から馬車で裏磐梯方面に運んだそうです。

岩屑なだれ地帯は

元の道路などは埋没したままで

泥濘と化した荒地、

あらゆるところに大きな岩がごろごろ・・・。

そのため 新たに

道路を造りながらの前進は

非常な困難を極めたそうです。

Dsc_3744

遠藤現夢さんが生前に立てた墓碑と、

磐梯山噴火で亡くなった犠牲者の慰霊碑が

柳沼のほとりに残されています。

墓碑は、

磐梯山噴火の折に落下した巨石の下にあり、

そこに奥様と共に葬られております。

辞世の句として

なかきよに(長き世に) みしかきいのち(短き命) 五十年 ふんかおもへば(噴火思えば) 夢の世の中」と刻まれています。

Dsc_3745

墓の傍には、息子の遠藤義之助さんが

亡き父の偉業を後世に遺すための石碑が建立され、

碑の裏側には

「とこしえに 来りつたへよ時鳥知る人ぞ知る 父の功を」と句が刻まれています。

ぜひ、立ち寄てみてくださいね。

コウちゃんの ちょこっと情報sign03

磐梯高原の緑化の父こと・・・遠藤現夢さんのお話でした。

2018年6月19日 (火)

Fb_img_1494509481289

おはようございます~あっちゃんlovelyです。

spa中ノ沢温泉の奥にある達沢の滝

一枚の大きな岩から流れ落ちる水が

とっても美しく、

cameraカメラマンに人気の滝です。

緑の樹林の中にあり、

形のすごくshine美しい滝shineです。

今では一般観光客の皆さんにも

多く訪れるようになりましたhappy01



parking駐車場の先には、

鳥居、ふくしま緑の百景の石碑があります。

 

歩道(参道)の横には川が流れています。

辺りは緑の葉の生茂る木々に囲まれていて、

昼間でもちょと薄暗いかな。

でも、涼しくて清涼感は抜群up

苔の生えた岩もなかなか見事up

そのうち、

こだまが出てきそうな森で、

ジブリみたいな雰囲気note

 

不動明王が祀られていて、

休憩所を兼ねた社殿もあります。

滝は2つあるんです。

男滝と女滝。

↑↑↑の画像が男滝です。

高さ約10m、幅約15mぐらいかな。

滝に近付くと、

水しぶきが飛んできて

マイナスイオン 浴びまくりnote

どこを見ても緑に囲まれていて、

紅葉時期は、ステキな景色になりそうですね。

画像はありませんが女滝もあります。

高さは15~20m、幅は3~4mぐらいかな。

少し奥まったところにあり、

木々に隠れて流れ落ちている滝なので、

存在に気付かないかもしれませんので

周りをeye探して見てくださいね。

本当に女性のようにひっそりしていて、

不思議な滝ですhappy01

女滝へは川を渡らないと近づけないので、

注意して渡ってください。

達沢不動滝

〒969-3101福島県耶麻郡猪苗代町達沢

駐車場 無料 20台程度

toiletトイレ有

2018年6月18日 (月)
2018年6月12日 (火)

会津ころり三観音と国宝薬師如来像巡り

磐梯山信仰を取り込み、東北地方で最も早く仏教文化が花開いた会津は、奈良、京都、鎌倉、平泉と並ぶ日本五大仏都のひとつでした。

しかも、仏都会津の寺や仏像は歴史が古いものが多く、平安初期の創建です。

国宝を蔵する寺院から山中に佇むひなびた石仏までいたるところにその姿をとどめる三十三観音を巡る小旅行は、江戸初期以降の会津の民にとって信仰でもあり、娯楽でもありました。

往時の人々のおおらかな信仰と娯楽を追体験しながら会津の寺院を巡る定期観光バス、ぜひご乗車ください。

32222550_1903315949679678_357189758

32328504_1903315933013013_867156276

お問い合わせ

会津バス telephone0242-22-5555

 
2018年6月11日 (月)

戊辰150周年。

列車からの美しい絶景と会津の歴史を辿る旅sign03

難攻不落の名城「鶴ヶ城」から江戸の情緒を今に残す街並「大内宿」へ。

バスから眺める田園風景と、会津鉄道のゆっくりとした時間と景色をお楽しみ下さい。

32169877_1903316103012996_340129973

32191753_1903316086346331_108955327

お問い合わせ

会津バス telephone0242-22-5555

2018年6月 5日 (火)

Dsc_3576

磐梯山が噴火した1888年、

桧原湖の湖底に多くの集落が沈んじゃいました。

そこにあった大山祇(おおやまづみ)神社社は

水没を免れましたが、

参道鳥居は沈んでしまっていて、

現在も湖畔にひっそりと佇んでいます。

冬になると水位が下がり、

水没してしまった鳥居の上部や

参道に沿って植えられていた木々の根本が

凍った湖面の上に姿を現します。

桧原湖が凍っている冬、

そして雪解け時期から新緑にかけて

 この時しか見られない (>_<)sign03

なんとも神秘的な鳥居です。

ぜひ今この時期にお越しください。

Dsc_3575

夏の桧原湖モーターボート遊覧でも、

沈んだ鳥居を湖上から見ることができます。

Dsc_3577

アクセスしづらい場所にありますが、

shineパワースポットshineとして訪れる方が増えています。

Dsc_3579

ここが入口です。

ちょっと

入口が分かりづらいので

桧原湖ドライブ中

通り過ぎてしまうかも・・・です。

駐車場もないので、ご注意下さいね。

通ったら、

必ず立ち寄るあっちゃんlovelyからの好きな場所案内でしたup

2018年5月29日 (火)

Dsc_3563

こんにちは~裏磐梯のかあちゃんですhappy01paper

Dsc_3564

ちょっとまだ肌寒かった4月中旬頃の桧原湖ドライブです。

Dsc_3568

冬になり湖面が凍ると桧原湖ではワカサギ釣りができます。

その時のハウスです。

Dsc_3570

磐梯山噴火で、かつての宿場町が湖底に沈みました。

桧原湖の北岸は、冬から春になると山神社の鳥居、鎮守の森の樹痕など見ることができます。

Dsc_3573

ちょっとおもしろそうhappy01

今は水が少ないからかな?

グランドゴルフをしているおじいちゃんおばあちゃん達がいました。

楽しそうnotenotenote

Dsc_3581

この直線、新緑の頃には木のトンネルになります。

Dsc_3584

桧原大橋。

ここからの磐梯山はお天気が良い青空の日は荒々しい噴火口が良く見えますよ。

Dsc_3586

磐梯山はもともと、病悩山(やもうさん)と呼ばれていたそうです。

磐梯は「天に通じる磐(いわ)の梯(かけはし)」として仰がれたのが由来。

Dsc_3585

この場所もカメラ小僧にはもってこいの場所です。

もう少し雪が解け、若葉が茂って桜が終わる頃、

この時期ならではの風景が取れますよnote

2018年5月28日 (月)

Dsc_3556

おはようございます~ふうちゃんです。

先月のことですが、岳温泉のcherryblossom桜坂へちょっと寄り道してみました。

夕方で、rain雨だったのでちょっと残念。

でも桜のトンネル、綺麗でしたよ。

2dsc_3552_edited1

Dsc_3550

鏡ヶ池が真ん中にある公園です。

安達太良山が水面に映ることから鏡ヶ池と名付けられたそうですhappy01

鏡ヶ池の周りには、遊歩道もあり、春には綺麗な桜の中をお散歩できます。

ちょっとした遊具もあるのでお子様も楽しめますよnote