カテゴリ「観光情報」の1135件の記事 Feed

2018年4月27日 (金)

1524271948585

今年も観音寺川の桜も、キレイでしたよ。

ちょっと散ってきましたが、

LED7色ライトアップは5月6日(日)まで開催予定です。

お天気が良いと緩やかな流れの川でチャポチャポsweat01遊べますよ。

お弁当もって、日向ぼっこに行こうと・・・

思っているまあちゃんですnote

・・・行けるかなぁ~bearing

問い合わせ:猪苗代観光協会 telephone0242-62-2048

2018年4月26日 (木)

Dsc_3172

sunおはようございます~あっちゃんlovelyです。

会津の名産品のひとつは「馬刺し」ですsign03

野口英世記念館より1分。

多くの人に旨みの濃い会津の馬刺しを食べていただきたいと・・・

70年の老舗精肉店が開いた「馬肉ランチ食堂」"会津ブランド馬刺し"です。

Dsc_3167

「意外にクセがなくておいしい!」と思いますnote

「馬刺し」・・・お土産にいかがですかsign02

会津の馬肉もお買い求めいただけますよhappy01

Dsc_3169

「馬肉ランチ食堂」では、オリジナル丼が話題にheart04

馬肉そのものの旨みを味わってもらうために、あまり手を加えていないそうです。

多くの方に気軽に召し上がって頂くために作ったのが、馬刺しの丼「サクラサク丼」が人気メニューのひとつです。

ランチとしてはちょっとお値段高めかなぁ~と思ってしまいますが、馬肉の単価を考えれば "よし" ・・・と思いますよnote

Dsc_3173

そして、この可愛らしいのが馬コロッケ・130円です。

他にも馬メンチ・150円もありました。

袋の蹄も可愛いですよねheart04

「馬肉ランチ食堂」"会津ブランド馬刺し"

場所:〒969-3284 福島県耶麻郡猪苗代町三ツ和波々帰目1110−1

営業時間: 10:00~17:00

定休日:水曜日

telephone0242-23-9279

詳しくはこちら

2018年4月25日 (水)

Dsc_3245

先日、おじゃました4月にオープンしたばかりの『三茶Cafe』さんです。

野口英世記念館の隣の隣です。

かわいいスタッフさんがお出迎えをしてくれますよnote

Dsc_3243

まったり(*´ω`) ゆったり(*´▽`*) できる

明るくて清潔感とほっこり感のある可愛い雰囲気の白を基調としたカフェでした。

Dsc_3244

ハイスツールのテーブル席とか、並んで座れるベンチシートもあって

1席・・・1席・・・がとてもかわいらしいheart04

カップルさんにオススメですsign03

Dsc_3255

おいしそうなガレットやふわふわパンケーキがあるようですよ。

次回はそれをいただこうかな~heart04・・・と思っているあっちゃんです。

Dsc_3256

コーヒーをごちそうになりました。

ソーサーにちょこっと乗った『そばクッキー』

しかも形は『馬』かなsign02

Dsc_3253

会津のお野菜スムージー・・・680円

季節の伝統野菜や地元の野菜で作っているそうです。

たっぷり野菜とフレッシュフルーツで美容と健康に・・・

とっても飲みやすかったですよnote

Dsc_3251

2018年4月24日 (火)

_dsc1083

会津の名桜。

社伝によると天暦年間(947-957)に村上天皇の勅使が磐椅神社の参拝の折に京都から移植したものと伝えられます。

福島県緑の文化財登録第1号、猪苗代町指定天然記念物。

「高一丈六尺余、枝葉二丈計を庇ひ極めて老樹なり、開花の時濃香馥郁佗樹に異なり、花色鹿の毛彩に似たり、故にこの名あり」(新編会津風土記)とある。

花の香りがよく、開花時は白色で、その後ピンク色に変わり、最後は鹿の色に似ることから「大鹿桜」と呼ばれる。

花の中心めしべが変化し二、三の葉が生じる。花びらも七十数枚になるという珍しい桜である。

標高580㍍の高地にあるため、福島県内で最も遅く咲く桜の名木の一つ。

開花期間はゴールデンウイーク後半から5月下旬。

長い間咲いていることから別名「翁桜」と呼ばれる。

見ごろは5月上旬となっています。

cherryblossomお問い合わせcherryblossom

猪苗代観光協会 telephone0242-62-2048

〒969-3102 福島県耶麻郡猪苗代町西峰

2018年4月23日 (月)

885

Sakura0016_01

会津坂下町の名桜。

白色の花が流れ落ちるようにも見えるエドヒガン系のシダレザクラで、杉地区の薬王寺境内にあります。

樹齢200年と推定されていますが、天正年間に宮城郡より移植したものの2代目といわれています。

見ごろは4月中旬~下旬になります。

お問い合わせ

会津坂下町観光協会 telephone0242-83-2111

〒969-6585 福島県河沼郡会津坂下町船杉北杉大道上乙1170

1523751695967

おはようございます✨

裏磐梯のかぁちゃんです⤴️😁

天気がいいので、花見山に行って来ました。

花見山を少し登ってから見れるハートの菜の花。

可愛いですねー🎶

1523706782139

無料休憩所、トイレもあります🎶

1523706787871

足湯、最高ですねー🎶

しかも・・・無料🎶

1523751714246

一面の菜の花畑~🎶

1523751723869

桜は終わりかけですが、ちょっと見れました。

いろいろな花があるので、春だけではなく秋までずっと楽しめる場所です。

ぜひ、それぞれの時期にお越し頂いて綺麗なお花で癒されてほしいな~note

2018年4月22日 (日)

30688967_2067028736846727_489072586

ホテルからお車で約45分(33.0km)です。

日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜並木をはじめ、喜多方市内には桜をお楽しみいただけけるスポットがたくさんございます。

4月13日(金)~30日(月・祝)まで喜多方さくらまつりを開催いたします。

期間中さまざまなメニューをご用意しておりますので、ぜひ足をお運びください。

cherryblossomお問い合わせcherryblossom

喜多方観光物産協会

〒966-8601

福島県喜多方市御清水東7244番地2 (喜多方市役所観光交流課内)

telephone0241-24-5200

2016_04_mg_4227

会津美里町の名桜。

三重の塔で有名な法用寺観音堂前に大同3年(808)に植えられたと伝えられている「会津五桜」のひとつです。

花の中から花弁が突き出した珍種で、古い親木が枯れても根元からひこばえが生じ、親に代わって成長する性質があるようで、現在の木はその何代目かであろうと考えられているそうです。

虎の尾桜は、その形を虎の横たわる姿に見立てた説と、重弁(じゅうべん)になる花からおしべが弁化して細く立つ旗弁(きべん)の形を虎の尾と見立てたとする説があります。

4月下旬頃が見頃。

ホテルからお車で約55分(48.7km)です。

cherryblossomお問い合わせcherryblossom

会津美里町観光協会 telephone0242-56-4882

〒969-6274福島県大沼郡会津美里町雀林字三番山下3554

2018年4月21日 (土)

In2018

オランダから日本へ。

世界を驚かせた芸術がいま、海を越えて、いわきへ初上陸。

世界的に有名な芸術家テオ・ヤンセンさんの作品です。

5/6(日) までアクアマリンふくしまにおいて、

. 風を受けて生き物のように動く巨大な美術作品を紹介する.

「テオ・ヤンセン展inふくしま2018」が開催されます。

ホテルからお車で約1時間50分(131.5km)です。

 震災から7年を迎える福島で、再生をテーマに掲げるストランドビーストの展示を行うことは大変意義深く、この展示会が特別なイベントであることをご理解いただけると思います。

 驚きと感動、そして勇気を少しでも与えられるような機会になることを強く願っています。

 「海と自然との共生」をテーマに、プラスチックチューブなどで構成された. 風力で生物のように歩行する造形作品13点が館内に展示され. 子どもから大人まで楽しむことができます。

【会期】
2018年3月3日(土)〜5月6日(日)

【開館時間】
3/3~3/21 9:00~17:00
3/21~5/2 9:00~17:30
5/3~5/6 9:00~19:00
※入館時間は閉館時間の1時間前まで

【会場】
環境水族館 アクアマリンふくしま

【内容】
オランダ出身のキネティックアーティスト テオ・ヤンセンさん。オランダ語で砂浜を意味する”Strand”と生命体を意味する”Beest”をつなげた「ストランドビースト」などが展示される。

【展示内容】
・ストランドビースト=テオ・ヤンセン氏による造形作品の展示
・テオ・ヤンセン氏のインタビューメッセージ
・作品誕生の経緯・震災復興へのメッセージを発信
・ストランドビーストの映像展示、木型展示
・ストランドビーストの動きがわかる映像の展示
・構成する木型やパーツ類
・テオ・ヤンセン氏のメモ、日記を実際の工房風に展示
・来場者参加型ワークショップ(3月中)
他、特別企画も予定。

アクアマリンふくしまの入館料のみで観覧できますので、ぜひお出かけください。

2018年4月20日 (金)

000456802

合戦場の名は、今から約1000年前、

八幡太郎源義家と安倍貞任・宗任兄弟がここで戦った伝承に基づくと言われています。

ずっと呼び慣わされてきた通称で、バス停の名も合戦場だそうです。

このシダレザクラは稲荷神社参道の両側に植えられています。

1本に見えますが、実は2本の桜が並んでいるんです。

寄り添うように立つその姿から、別名「夫婦桜」とも呼ばれている。

その昔、糸桜の枝が道に垂れて歩くのに邪魔になり、誰かが枝を切って近くの小川に捨てた。

ある日、小川で鍬を洗っていた親子が、岸辺に白い根の出始めた桜の小枝を見つけ、家に持ち帰って植えたのが由来と言われている。

 

糸桜は三春滝桜の子と伝えられているので、合戦場の桜はいわば三春滝桜の孫というわけです。

この地方には、立地の良さ、枝振りの良さ、華やいだ若木の美しさが愛されているようです。

「福島県桜見立番付」では西の大関の栄誉を得ています。

桜の場所cherryblossom福島県二本松市東新殿字大林142

桜の樹齢cherryblossom約170年/市指定天然記念物

見ごろcherryblossom4月中旬~下旬

交通cherryblossomホテルからお車で約75分です。

電車cherryblossom東北本線二本松駅から車で25分

cherryblossom東北自動車道二本松ICから25分

駐車場cherryblossomあり、無料

問い合わせcherryblossom二本松観光協会 telephone0243-55-5122