カテゴリ「グルメ・レストラン情報」の299件の記事 Feed

2018年1月23日 (火)

sunおはようございます~あっちゃんlovelyです。

にばん娘を送りに、ちょっと仙台空港までお出掛け。

屋上にイルミネーションが綺麗でした。

Img_20180107_230123_338

ものすごくキレイですが・・・

 ・・・風が・・・

   ・・・突風が・・・

     ・・・顔痛い・・・

       ・・・涙でる・・・

Img_20180107_230123_341

久しぶりに見た飛行機。

いちばん娘とひたすら

『いいなぁ~行きたいなぁ~飛行機乗りたいなぁ~sad』・・・と。

Dsc_2609

牛タン好きのいちばん娘のために奮発。

『たまにだから~いいよね~年に数回しか会えないいちばん娘だから~weep

・・・とお財布と緊急会議catface

1515333459639

ロイヤルコーヒーショップ仙台空港店で遅い夕食を食べました。

 

 upwardright upwardright 牛タン定食 1,922円(税込)

お店で一番人気の定食らしい。

肉厚でジューシーな牛タン

・・・といちばん娘が言ってましたnote

牛タンを食べられない私には、何が美味いのか分かりません(ーー;)

そんな私のオーダーはsign03

 downwardright downwardright ローストビーフサンド 1,382円(税込)

ローストビーフ好きにはたまりません。美味ですnotenote

ちょっと量が多すぎかな・・・半分でもお腹いっぱいです。

Dsc_2621

初めてきた夜の仙台空港。

いつも昼間なので気づかなかったけど、夜の滑走路って綺麗ですねnote

2018年1月22日 (月)

「こづゆ」とは会津郷土料理のひとつです。

会津は内陸地方のため、祝いの席であっても

鯛や海老などの新鮮な魚介類を用意することが難しかったそうです。

このため乾物を材料として、

ホタテの貝柱で出汁を取って、

豆麩、にんじん、しいたけ、里芋などを加えたお吸い物、

こづゆが祝いの席の料理として作られました。

会津藩の武家料理や庶民のごちそうとして広まり、

現在でも正月や冠婚葬祭の席で必ず振る舞われる郷土料理です。

こづゆは専用のこづゆ椀と呼ばれている、

小さくて浅い会津塗の朱色の器に盛られて振る舞われます。

これは、

「豪華な料理は用意できませんでしたが、

これなら何杯でもおかわりして下さい。」

・・・という意味を持っているそうです。

このためこづゆに限り、

正式な祝いの席でお代わりをしても

無礼には当たらないそうです。

ご家庭それぞれ食材は変わり、

「会津人のおもてなし」がつまった料理と言われています。

1515385463727

そんな「会津人のおもてなし」がつまった料理の

こづゆの煎餅が売られてました。

とっても美味しいですので、

見かけたら食べてみてください。

・・・当ホテルでは、まだ販売はしてませんm(__)m

 

福島市の飯坂温泉で、

1/27(土)と2/24(土)の2回、

冬の農園満喫体験

「ふくしま りんご ア・ラ・カルト」 を開催します。

参加者募集中です!

ふくしまの果樹園でとれた、

じっくり完熟りんごを使って

「アップルパイ」と「ジャム」を作りましょう!

冬でも、ふくしまの美味しいフルーツが楽しめます♪

【料金】

各コース、お一人様3,900円

【実施日】

(第1回)2018年1月27日(土)

(第2回)2月24日(土)

【場所】

(第1回)旧堀切邸

(第2回)飯坂学習センター

【申込・問い合わせ】

福島市観光コンベンション協会

telephone024-531-6432

※詳細はこちらをご覧下さい。

https://www.f-kankou.jp/tour-season-ringo-a-la-carte/

26804663_1157002377735448_130473379

2018年1月20日 (土)

お久しぶりの~コウです。

氷点下20度くらいで、ものすごく寒かった裏磐梯。

今日の午前中まではちょっと暖かくて、道路にも雪がありませんでした。

また今日の午後から天気予報は雪です。

スキーやボードを楽しむ方にはとってもうれしいパウダースノーです。

バイキング会場をご利用されるお客様へご案内です。

Dsc_2595

restaurantディナーバイキング会場をスムーズにご利用して頂きたく、お食事中カードを新しくしました。

_20180120_155011

_20180120_154942

青い空席カードのお席につかれましたら、赤い食事中カードをスタンドへお立てください。

_20180120_154854

お食事が終わりましたら、赤い食事中カードを抜いて、お食事会場入口の回収ボックスへご返却してください。

m(__)m宜しくお願い致します<m(__)m>

Erousoku2018

会津若松では毎年恒例の絵ろうそく祭り、

今年も西若松駅にて2月10日(土)開催します。

ミニコンサートの他に出店も多数あります!

数百本の灯る絵ろうそくを眺めながらの地酒に焼き鳥…。

当日は甘酒の無料振る舞いもあります!

本会場である鶴ヶ城への

シャトルバス運行(100円)もあり、

複数会場を楽しみたい方にもお勧めです!

是非、遊びにいらして下さい。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

こちら

2018年1月18日 (木)

Tadamigawa_eventbus_2018_web1

奥会津の雪祭り

柳津町、只見町、三島町、金山町、昭和村それぞれの雪まつりを楽しむイベントバス。

奥会津の冬と雪に盛り上がる祭りをお楽しみください。

只見川・冬のイベントバス

運行日:2018年2月3・4・10・11・18・25日

販売金額:大人700~1,700円・小人350~850円

  会津若松駅/会津坂下町/柳津町発着・予約制・ガイドつき・座席定員制

バスご利用特典:会場で使える500円券をもれなくプレゼント!!

JR只見線が運休及び遅延になった場合、天候、道路状況によりダイヤ通りにバスが運行できない場合は、JR只見線との接続が出来ない恐れがあります。

気象状況、積雪等の影響により運行内容の変更、または運休になる場合がございます。

予めご了承ください。

※当日、空席がある場合は、予約なしでも乗車可能です。

Tadamigawa_eventbus_2018_web2

柳津町●第38回 会津やないづ冬まつり

■運行日 2月3日(土)・4日(日)

■大人 700円 ■小人 350円

(会津若松駅/会津坂下町発着)

只見町●第46回 只見ふるさとの雪まつり

■運行日 2月10日(土)・11日(日)

■大人 1,700円 ■小人 850円

(会津若松駅/会津坂下町/柳津町発着)

三島町●第46回 雪と火のまつり

■運行日 2月10日(土)

■大人 1,500円 ■小人 750円

(会津若松駅/会津坂下町発着)

金山町●第40回 会津かねやま雪まつり

■運行日 2月18日(日)

■大人 1,000円 ■小人 500円

(会津若松駅/会津坂下町発着)

昭和村●第35回 からむし織の里 雪まつり

■運行日 2月25日(日)

■大人 1,500円 ■小人 750円

(会津若松駅/会津坂下町/柳津町発着)

ご予約方法

●電話でのご予約(受付9:00〜17:00)

会津バス若松営業所 telephone0242-22-5555

※受付締切は運行日の前日17時となりますのでご注意ください。

2018年1月17日 (水)

大人気企画『ほろ酔い列車』は、

お座トロ展望列車のお座敷席で沿線地酒が飲み放題sign03

列車に揺られながら沿線地酒と

魚の北辰の新鮮な刺身の入った特製折り詰めとともに、

会津の雪景色をお楽しみください。

8136597166156c9a5399ba92c487ed82

追加運行・出発日

2018年2月25日(日)

2018年3月4日(日)

 

参加費:大人1名様 4,500円(日本酒+北辰折り詰め)

お申込:乗車日の3日前17:00まで

参加人員:各回32名様(最少催行人員28名様)

集合場所:西若松駅改札口前 16:50

コース:西若松駅17:08 → 会津田島駅 → 西若松駅19:29着

※車内では缶ビール、チューハイ、乾き物などを販売いたします。

※ご飲食の持ち込みは自由となっております。

 

お問合せ:お申込先:会津鉄道旅行センター

〒965-0853福島県会津若松市材木町1丁目3-20

telephone0242-36-6162

 

 

 

2018年1月15日 (月)

sunおはようございます~ふうちゃんです。

毎日、チェックイン時に

1,000円チャレンジ開催中sign03

ディナーバイキングにもう一品どうですか?sign02

4種類のオプション料理

 ・黒毛和牛のステーキ 5,800円

 ・鮑のバター焼き 2,500円

 ・仙台名物牛タン 1,800円

 ・岩魚の塩焼き 1,200円

または

ショッピングプラザ1,000円券があたります。

空クジなしnote

ご料金は、1回 1,000円です。

Dsc_2675

2018年1月13日 (土)

初となる「にほんまつ菓子博」を開催しますsign03

市内の菓子店が大集結し、各店自慢のお菓子を当日限定の特別価格で販売します。

また、菓子作り体験や大寄せ茶会など楽しい企画が盛りだくさんです。

ぜひ行ってみてくださいhappy01paper

26230541_857234404447378_2653097098

各店舗の自慢のお菓子を当日限定の特別価格で販売します。

目玉商品以外にもいろいろなお菓子が盛りだくさんです。

この機会にぜひ今まで食べたことのないお菓子を食べてみて下さい。

試食もありますsign03

26230304_857234441114041_5028125230

開催日時

平成30年1月21日 日曜日 9:00~16:00

会場

二本松市市民交流センター

〒964-0917 福島県二本松市本町二丁目3番地1

※1時間まで駐車料が無料となるのは、市民交流センターの開館時間(9時~21時)に入庫した場合のみですので、ご注意下さい。

お問い合わせ

二本松商工会議所

〒964-8577 二本松市本町一丁目60番地1 

telephone0243-23-3211(担当:五十嵐様)まで。

2018年1月12日 (金)

当ホテルからお車で約56分(49.0km)のところにある福島県会津美里町の平成通り交差点。

毎年、1月第2土曜の平成30年1月13日(土曜日)に行われる会津の奇祭「高田大俵引き」。

下帯一本の男衆が大俵を中心に紅白に別れ、新たな年での開運・商売繁盛・五穀豊穣を願いながら、重さ3トンの大綱を引き合う勇壮な裸祭りです。

商工関係者の赤(紅)組が勝つと商売繁盛note

農業関係者の白組が勝つと豊作になるnote

・・・と伝えられていることから、この大綱引きはまさに真剣勝負そのもの。

3本勝負により決せられ、年始早々、観衆らも白い息を吐きながらその勝負の行方を見守る。

400年の伝統が宿る会津の奇祭は、必見sign03

Photo_7

 

赤引け、白引けsign03 熱気立ち昇る真剣勝負sign03

引き合う大俵の大きさは、なんと直径3m、高さ5m、重さに至っては3tにも及ぶ。

平成通り交差点にて、青年らによる大俵の引き合い(護守銭棒争奪戦)が始まると、その熱気で会津の大寒も吹き飛ばされ、観客たちも思わず手に汗握る。

男衆らの大きな身体すら圧する大俵の巨大さは、只々、圧巻sign03

よいしょ、よいしょsign03 一般客による引き合いもsign03

このお祭りは一般客でも参加可能。

ぜひ、大俵の引き子、神輿担ぎ手の引き子・俵神輿担ぎ手となって、会津の伝統の懐深くに触れてみよう。

そして、その引き合いの後に撒かれるのは、365個の福小俵。

これは、無病息災を祈って撒かれるもので、この縁起物を手に入れて、今年一年、健やかにsign03・・・と。

2018_ootawara2

[開催時期]

毎年1月第2土曜  

[開催場所]

会津美里町・目抜き通り(福島県会津美里町高田甲2990付近)

●JR「会津高田駅」から徒歩20分 

●磐越道「会津若松IC」から国道401号経由で12km30分

※駐車場あり:無料100台   

[料金]
無料

[お問い合わせ]

会津美里町観光協会

telephone0242-56-4882