2021年8月 1日 (日)

【SDGs】地産地消のバイキング☆曲がったキュウリも美味しくいただきます

こんにちは、甘党男子です。

前回の公式ブログで、夏のディナーバイキングについて、

お届けしましたが、

今回は、私たちのホテルでバイキングに使用する

野菜たちをご紹介します。

当ホテルの朝食バイキングでは、地元福島県産のトマトなどの野菜を

『野菜本来の味を楽しんで欲しい』との料理長の思いから

冷たく冷やして、そのままご提供しています。

Img20210724085049

Img_20210728_011210

Img20210724195451

中には、表面に少しキズが付いていたり、

曲がったキュウリも含まれています。

でも、味や鮮度には全く問題はありません。

確かに、スーパーや小売店などでは、

キズが付いていたり、形が悪い野菜を見かける事は多くはありません。

生産農家から出荷の段階で選別され、見栄えの悪い野菜は

店頭に並べられる事が少ないからだと言われます。

しかし、わたし達のホテルでは、

多少、色や形が悪くても、鮮度や品質に問題が無いものは

料理の食材として活かしています。

福島のおいしい水と風土で育った野菜たちを

是非、ホテルのバイキングで召し上がってください。

Img20210725083816

Img20210725083833

Img_20210728_163047

『地産地消』その土地で採れた食材を、その土地でいただく。

旅の楽しみのひとつですよね。

自慢のトマトのスムージーや、アスパラの直火焼きは

お客様にも好評です。

甘党男子は、アスパラにエゴマ味噌を付けて食べるのがオススメ。

大内宿などの山間地域で『五平餅に付ける味噌』と言えばピンとくるかも

知れません。

その土地の食材に、その土地の伝統の調味料、愛称ばっちりです。

もし、気に入っていただけたら、

帰り道にお土産として、あるいは翌日の食事の材料として

お買い求めいただけると幸いです。

Img20210725183955_2

最後にご紹介するのは、お子様にも大人気のハンバーグ。

一見すると普通のハンバーグ。

でもホテルのハンバーグは、

実は大豆を原料としたハンバーグなんです。

いま植物性タンパク質を、お肉の動物性タンパク質に

置き換えた代替食品が注目され研究や開発が進んでいます。

SDGsへの積極的な取り組みの一つとして

フードロスの問題や地産地消など、

一歩一歩、小さな歩みではありますが、

取り組みを進めている、Active Resorts 裏磐梯です。

shine     shine     shine     shine     shine     shine     shine     shine     shine

   shine     shine     shine     shine     shine     shine     shine     shine     shine

福島県 会津・裏磐梯

 SDGs【プロフェッショナルプログラム】Photo_16shine     shine     shine     shine     shine     shine     shine     shine     shine

   shine     shine     shine     shine     shine     shine     shine     shine     shine

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/606081/34235036

【SDGs】地産地消のバイキング☆曲がったキュウリも美味しくいただきますを参照しているブログ: