2018年1月14日 (日)

歳の神

3104003

各々持ち寄った昨年神棚に

飾ったしめ縄などを焼き、

その火で身体を温め、

昨年の厄を払い、その火で

お餅やスルメを焼いて食べ、

今年の家内安全や無病息災を願う、

小正月のこの行事。

全国各地で行われる日本の国民行事

「どんど焼き」「どんど焼き」「どんと焼き」などと

呼ばれるこの行事、

会津では「歳の神(さいのかみ)」の名で親しまれています。

無病息災を祈って焚かれたこの神の火。

この熱に触れると、

一年間、病気にならないと言われている、

会津の伝統の火祭りです。

激しくも幻想的に燃え上がる炎には、

会津の人びとの歳神様への想いがこめられています。

旧暦の大晦日に行われていた行事で、

その頃には「塞ノ神」と表記されていたといいます。

現在では新暦の1月13〜16日の間に

実施されることが多いようです。

中央に立てられた竹を囲み、

わらや豆がらなどが積み上げられ、

点火時間が近づくと人もパラパラと集まり始め点火。

今年の年男・年女により歳の神の火が灯ります。

今年も歳の神に行く予定のあっちゃんからでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/606081/34100958

歳の神を参照しているブログ: