2017年8月15日 (火)

高知の夏はこんなの食べて涼をとります。

8月15日

もう夏も終わりでしょうか。

高知ではよさこい祭りも終わりすっかり静かになっております。

地方の花火大会が少し残っているくらいでしょうか。

そんな高知ですが、暑~い夏を過ごす必須アイテムの一つをご紹介。

・・・・・・、かき氷。

兵庫の甲子園には袋に入ったかち割り氷がありますが、高知には袋に入った「かき氷」があります。

「袋に入った」がポイント!

シロップで甘いあのかき氷って一般的にはカップに入っていますよね。

それももちろんありますが、昔からある(オンちゃんも、オバちゃんも知ってる)氷といえばこれです。

ひょっとして「高知」ではなく「四国」といったほうが正解かもしれませんが・・・。

もちろん、ホテルのショップでも販売中。「袋に入って」いますので、カップとスプーンをつけて販売しています。

昔の駄菓子屋さん風に「すいませーん!かき氷ちょうだ~い!赤いの!(白いの)」って言ってもらったら冷凍庫からごそごそ出します。

店頭には陳列してませんので悪しからず。

で、この氷のことでスタッフで話をしていると、食べ方が二通りあるようす。

器に移してスプーンで食べる派と、袋のままかぶりつく派。

「袋のままかぶりつく」!・・・・・・・・・・、新しいキーワードです。

そういえば、私もコンビニの店先で地元のおじい(年配のおんちゃん(おっさん、いえおじさま)のことね)がそうしているのを見たことがあります。

解説しますと、袋の四隅の一つを三角に切って、そこからかき氷にかぶりつくのです。

一度試したことがありますが、これはダイナミックでよし!(お部屋で召し上がるときは、カップに移してスプーンでお召し上がりください。)でした。

どんな食べ方をしても味は同じですが、高知の昔からあるかき氷。高知の夏を満喫するなら一度試してみてくださいね。

ショップでお待ちしております。

Img_2095_2

袋入りかき氷。白いのと赤いの。 味は・・・・、一緒に思えるのは私だけではないと思います・・・。

ご予約はこちら

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/606081/34077355

高知の夏はこんなの食べて涼をとります。を参照しているブログ: