カテゴリ「観光情報」の155件の記事 Feed

2018年8月 3日 (金)

こんにちは、レストラン担当Mですcatfacepaper

本土も沖縄も暑い日々が続いております~sunwobblysun こんな季節には浜辺でビールbeerが最高ですねheart04 先日私の地元 名護市でのビール祭りにインドア派の息子を引きずって行ってまいりましたcatfacechickchickchick

人・人・人 北部全住民が集まったんじゃないかと思う人混みの中を泳いでいざ屋台riceballbeerへ! 手を繋いだ先にいるはずの愛する息子はもうすでにゲーム等のテキヤさんにダッシュする気満々ですがそこは大人の威厳を以ってビールサーバーの傍らまでイザナイますpoutpoutpout  腹八分目くらいになって射的やダーツ、くじ引き色々楽しみました~happy02heart04

いつも思うのですがどうしてお祭りの景品ってビニール人形?ビニールおもちゃ?が多いのでしょうgawk軽くていいのですが結構な大きさの有るものも有り我が家のようなつつましい2DKの豪邸では置き場所に困っちゃう・・・sweat01 息子の冒険心も落ち着いたところで一番のお楽しみ!

Img_44801今年の名護祭りの花火も最高でした~happy01heart

残波の花火も綺麗ですがやはり休日ビールを飲みながらの花火は格別ですね☆ いつもはすまし顔の息子も帰り道は興奮して花火の話ばかり。「来年もまた行こうね~」とニコニコ笑顔で帰りましたchickchickchick

ご予約はこちら

2018年3月 5日 (月)

ハイサイ~♪

レストランコローネスタッフの島袋です(^^)

先日実は読谷村にある座喜味城跡に行って来ました~

Img_0418

地元に住む僕ですが、実はほとんどこの場所に来たことが無く

いざ行ってみるととても景色がきれい!!!!

Img_0420

写真を撮るのが苦手な僕は

綺麗に景色を取ることが出来ませんでした・・・(;;)

が!景色の綺麗さは保証します!^^

是非「気になる異性がいる方」「あの子をデートに誘いたい!」と思う方いましたら

近々いかれてみてはいかがでしょう^^

ご予約はこちら

2017年12月21日 (木)

こんにちは、レストラン担当Mですcatfacepaper

今回は我らが読谷村、 これぞ THE・よみたん!というイベントをこっそりご紹介します。

題して

『よみたん夜あかりプロジェクト~琉球ランタンフェスティバル~』

Img_33591

読谷内外から事前に応募で集まった老若男女、色とりどりの作り手達がその思い思いを込めたランタン達。

実は初日に行きましたがあいにくの天気だったためアップロードを迷っておりました。

Img_33611

でもまぁそれはそれで情緒ある幻想的なイメージで、地面に反射するランタン達と頭上に広がる光の世界と、『和風不思議の国』って感じでとても良かったです。

3DS(ゲーム機)命の息子も

「おかあさん、夢の中みたいだね」

と いつもなら興味ない場所は早歩きで母を見捨てていくくせにゆっくりと、キョロキョロしながら散策しました。

読谷は文化の村です。

焼き物や織物、作り手の名人たちが大勢いて その文化に触れてみるのも、『夏の海!!』だけじゃない沖縄、いいものですよwinkdiamond

たまたま大道芸人さんがファイヤーショーをしていてドキドキハラハラな一場面も有り、息子にはとても有意義なひとときでした。

芸人さんが炎を飲み込んで火を噴くパフォーマンスもあり、「おかあさん!ドラゴン!あのおじちゃんドラゴンが中に入ってるよ!!coldsweats02」と騒いで アラアラウフフ、まだまだベイビーね、とほくそ笑む私。

Img_33661

出店でカキ氷(寒いのにrainweep)食べてご満悦で帰りました。

まだまだやっているので晴れた日にまた行きたいと思っています。

時期的にいろいろなイルミネーションをやっているところもありますがこんな夜あかりも楽しいですよ★

【開催日】
2017年12月2日(土)~2018年2月25日(日)
9時~22時(点灯時間18時~22時)

【開催地】
体験王国むら咲むら
沖縄県読谷村字高志保1020-1

【入場料】
大人(大学生)/600円
中高生/500円
小学生/400円

【イベントに関する問い合わせ】
体験王国むら咲むら TEL:098-958-1111

ご予約はこちら

2017年10月30日 (月)

こんにちは、レストラン担当Mですcatfacescissors

前に沖縄市『こどもの国』1外編 のお話しをしましたので今回はinsideのお話を。

こどもの国 は 沖縄中部 沖縄市 にある動物園を中心にしたテーマパークです。

Img_29451外のイメージは前回お話ししましたのでご参照ください。。。coldsweats01

今回は『こどもの国』の中、入り口入ってすぐ左にある施設[ワンダーミュージアム]のお話しをします。

入館料が別で 発生しますがお値段もそんなに掛からないので凄くオススメです。私の子供達は動物園コーナーよりもワンダーミュージアムのほうがお目当てだったりします。。。sweat01

入館料 大人200円 4歳~大学生未満100円

3歳以下無料 ですconfident

それにしても今回のブログを報告するにあたって初めて知ったのですがこどもの国って45歳なんです。これだけの長い間子供達を楽しませ続けているって凄いと思います!coldsweats02coldsweats02coldsweats02

Img_29521施設内には子供たちが喜ぶ遊具や手作りおもちゃ、機械、また小さい子でもできる体験コーナーやお子様むけの講習等盛りだくさんのメニューです☆

Img_29541

まさにワンダーランド。

大人の私でも一日中でも遊んでいられる遊び心が満載ですsmile

乳児用の授乳コーナーや赤ちゃんが安心して遊べるスペースも設けられております。

Img_29561色とりどりで色んな実験や遊びが自分でできちゃう、大人にも何か懐かしい気分になれます。

中央に螺旋階段があり、階ごとにコーナーが分けられています。

Img_29611

光が自分を追いかけてくるコーナー。どんな仕組みになっているのでしょうcoldsweats02sweat02

大人の私は考えますが子供たちはお構いなしに大興奮です(笑)

影踏みの逆ヴァージョンってところでしょうか。まるで光が生きているようです。。。

Img_29961モニターの動物達が自分たちのマネをするコーナーもありました。ほんとにどんな作りでできてるのでしょう。。。

Img_29751

影絵コーナーです。色んなデフォルトの影絵があちこちから出て来てウロウロします。

ちなみに左下の手がキツネを後ろから狙う私のキツネ(子供にかわいそうだからやめて!!と睨まれましたweep)

なんだか色々勉強、というか頭が良くなりそうなものがいっぱい有ります。

探求心とか、知識欲とか、純粋に感じる事ができます。

Img_29921

施設内あちこちに目にうるさくない程度の色彩がちりばめられていて見目たのしいです。

なんだか自分も子供の仲間入りみたいな、そんな事も許されてしまう雰囲気。

Img_29831

最後に変身スタジオでヤンバルクイナにへーーんしん!!して記念撮影しました。

衣装は色々あってやっぱり大きな(私みたいな)お子様でも小さなお子様でも対応できるように種類は多彩でしたconfidentshine

よく考えられています。。。

素直に尊敬!

さて長くなりましたがどうでしょうか?

北部の有名観光地や南部の某商業施設も良いですが沖縄には中部にもウチナーんちゅが誇れる子供の楽しめる施設がある、ということは分かっていただけたかと思います。

次に沖縄に来られた際にどこいく~?というかんじになったらお子様と一緒なら是非候補の一つにどうぞ☆happy02happy02happy02

もしかしたら私たち親子が入り浸っている可能性があります。。。(笑)

ご予約はこちら

2017年8月20日 (日)

こんにちは レストラン担当Mですcatface

今日は前からずっと行きたかったスポットに行ってきたのでレポートしたいとおもいます!

その名も 【泊(とまり)いゆまち】ですheart01

沖縄の方言で いゆ=魚 まち=市場 なので泊のお魚市場、という意味ですね。

Img_2588県内屈指の水揚げ量を誇る泊漁港直送の新鮮な魚介類を豊富に取り扱っております。

SNSやブログでも多数の観光に来たお客様に取り上げられていますwavefishwave

Img_2592子供達に手を引っぱられながらあっちでキャ―キャー、こっちでウワー、と騒ぎながら(市場の皆様ごめんなさいsweat01)お魚物色。。。

どれもお安くピチピチな商品ばかりが並んでいます。

Img_2593なんぞこりゃsign02 coldsweats02 いかついお顔のカレイ君。沖縄の天ぷらではよく使われます。安価で身がしっかりしていてとても上品なお味の白身です。

さてさて本日お目当てのメイン、いゆまち超押し押しのお昼ごはん

Img_2590じゃーーーーーん!!

泣く子も笑うま・ぐ・ろ・丼ですhappy02happy02happy02

これが食べたくて食べたくて来たんです。

泊漁港では特にマグロの水揚げ量が多く新鮮なマグロが食べることができますheart01

Img_2591どーーーーーーーん!!

さすが自慢のまぐろ丼・・・圧巻です。おいしく頂きましたconfidentheart04

那覇でランチに迷ったら皆様も行ってみてはどうでしょうかhappy02riceballfish

泊いゆまち (那覇市港町1丁目1番18号)

098-868-1095 沖縄鮮魚卸流通協同組合

ご予約はこちら

2017年6月27日 (火)

はいたい(*´З`)ノお久しぶりです!くらら★ですdog

先日、ざんぱビーチで夏休み期間にむけての新メニュー「残波岬遊覧船(仮)」の試乗会をしてきましたyacht

運転手とガイドが同行し、スタート!

0607zanpa

出発し、しばらく揺られているといきなり海の色が変わります。(※詳細はぜひガイドから)

沖にでたら残波岬方面へ旋回、切り立った崖が約2kmずーっと続きます。

0607zanpa6

海から眺めているとそんなに高く見えませんが、残波岬公園から下を覗くと足がすくむ高さです。

いつも波が押し寄せている残波岬の岩壁はいろいろな形に削れたり、えぐれたり。これこそが自然が造り出す美しさですねshine

そして、残波岬灯台に別れを告げて、帰路へ。

0607zanpa5

しかし、この日は梅雨の晴れ間でとっても良い天気でしたsun

今後、実際に乗船される方は、日焼け止めは必ず塗ってくださいねdanger

約1時間の遊覧ツアーは、要所要所でガイドが歴史や豆知識などをお話しできれば、と思っており、実際私も初めて聞く内容ばかりでとても興味深かったです!

詳細は決まり次第アップさせていただきますねwink

・・・

さて。

最後に、今回のブログで私くらら★は公式ブログ担当を卒業することになりました!

約2年半、ホテル内外の観光情報(主に食がメイン笑)をお送りしてきましたが、ここで紹介する事で新しい知識を学んだり、発見したりする事ができて、勉強になりました♪

今後も、沖縄旅行に役立つ情報をご紹介していけるよう、ブログメンバー全員で切磋琢磨しながら更新していきますので、ぜひお付き合いくださいhappy01

では、最後までお読みいただき、ありがとうございましたdogheart04

ご予約はこちら

2017年6月22日 (木)

 こんにちは、中国料理「柳翠」のスタッフです。

今日は沖縄北部名護市の「わんさか大浦パーク」をご紹介します。

美ら海水族館や、やんばるの自然もいいけど、目新しいものないかな、とか、マングローブを近くで見たいけど、

小さなお子様連れ、またはお年寄り連れで、シーカヤックやパドルボードに乗れないなんて方にお勧めの場所です。

「わんさか大浦パーク」は、正式名称を「名護市二見以北地域交流拠点施設」といい、要するに地域でとれた県産品を中心とするおみやげ物とかお食事を楽しめる場所になっています。

Img_0294

外観はこんな感じ、そして今回お勧めの「マングローブロード」は正面に建物を見ると右側に入り口があります。

入り口には看板が立ってておおよその地図が書いてあり、途中にある看板には中で見られる動植物の紹介もあります。

Img_0295

なかなか規模が大きく空から見るとこんな感じ

1img_0414

Img_0413

私の目線で歩き始めると

Img_0322

こんな感じで川の上を歩いていく感じ、干潟の動物(ハゼなんか)も見れて楽しめます。

Img_0296

みんないろいろ発見して興味深く見てました。

橋をどんどん進んでいくと

Img_0303

マングローブを近くに見る休憩所もあり、暑い日にも助かります。ここからはちっちゃいマングローブの木も間近に見れます。

Img_0304

そしてどんどん進んでいくと

Img_0305_2

マングローブの森の中に入っていきます。

Img_0313

マングローブの森は独特の静けさがあり、木の実の落ちる音がどこからか聞こえたりとまるで別世界に来たみたいです。

Img_0317

前からこんな自然の中で遊ぶことが好きな私はココができる前から時々中を探検していました。でもボードで川を渡ったり、

ちょっとハブが怖かったりと「気軽に」という訳にはいきませんでしたが、このマングローブロードは本当に気軽に自然を楽しめます。

やんばるに来て少し時間があるというときは一度足を運んでみてください。

このマングローブロードは有料で大人¥350、小中学生¥200です。

わんさか大浦パークは年中無休で朝10時から夕方7時まで、詳しくはホームページをご覧になってくださいね!

お土産話はぜひ中国料理「柳翠」で、ただいまお勧めは出来立てを食べ放題「オーダーバイキング(19時30分最終受付)」です。お待ちしておりま~す!!

SEE YOU!

https://www.wansaka-o.jp/

2017年5月18日 (木)

こんにちは、レストラン担当Mでーすhappy02

昨日 私の地元の名護市にある『なごあぐりパーク』に行ってきたのでさっそくレポートしたいと思いますheart

Photoこの施設は沖縄県の農産物を産業化するための支援施設も兼ねています。【健康・美容・長寿】をテーマに県産のいろいろな物を紹介しています。

Jpg_2

Photo_2入ってすぐに、「島ちゅらら」というショップがあり、いろいろな加工品を置いてます。お菓子や調味料、化粧品 etc・・・ お試しテスターや試食もあるので安心papershine

Photo_4

Photo_5「体感植物温室 スーパーファーム」には沖縄ならではの植物が満載!植え方の相談や寄せ植えの体験、苗の販売も行っております。沖縄のお花やお野菜を苗から育ててみませんか?cloverbudtulipcatface

Photo_6

Photo_7沖縄島野菜や紅こうじを使用したパンのコーナーもあります。結構リーズナブルですね~ ちなみに私は赤玉ねぎとほうれん草とアグーのソーセージを購入しましたpig

そしてそして・・・

Photo_8お腹がすいたので「美ら島キッチン」へGO!!happy02 今日の1番のワクワクポイント(私的に)です!!

Photo_9

Photo_10

Photo_11おしゃれな店内で沖縄県産のお野菜達をしゃぶしゃぶ&サラダでいただきますlovelyheart02タレやドレッシングも数種類有り楽しめました。何より日頃の野菜不足解消ーーー!!!(お野菜今高いですよねcoldsweats01)  もちろん御飯・五穀米・スープ・惣菜・ドリンク・デザートコーナーもありました。

こういった施設を訪れると「あぁ沖縄の生産者の皆さんも頑張ってるな」って思います。私も頑張らなくては!

北部に観光する際に時間が有れば寄ってみても面白いかな、と思いますよーwinkgood

2017年5月12日 (金)

 おはようございます。

中国料理「柳翠」のスタッフです。

朝日を見に残波岬公園へ行ってきました。

Dji_0006

ちょうど遠くに見える恩納岳の上に朝日が昇ったとこですね!お部屋からは窓と反対側になるので一度入り口のドアを開けてご覧いただく必要はありますが、夜明けに御目覚めでしたらドアを開けてみてください!!夕日とはまたちょっと違った美しさがありますよ!!

前回もご案内しましたが、残波岬公園は今花盛り!

百合がどんどん開き始めいい香りを放ち夜明け前の薄暗い中でも存在感を主張し、グラジオラスも素敵な色彩で楽しませてくれます!!

Img_0276

Img_0239

Rimg_0287

美ら海水族館をはじめとする観光地をまわるのも良いのですが、

朝は残波岬公園を散歩、朝食を召し上がったら、読谷村のやちむん(焼き物)やガラス工房を散策、お昼は残波岬ロイヤルホテルのランチバイキングや読谷村のCafeでまったり、午後は残波ビーチでアクティビティ、そしてもう一度残波岬公園で夕陽を見る!!

なんてのも私のおすすめ!!ほとんど運転しない!時間に追われない!のんびり、まったり沖縄満喫!!ぜひぜひ!!!

そして一日の終わりは中国料理「柳翠」で!お待ちしております!!!

SEE YOU!

2017年5月 4日 (木)

 こんにちは、

中国料理「柳翠」のスタッフです。

今日は、わるみ大橋をご紹介します。

Img_0281

わるみ大橋は、沖縄本島と屋我地島を結ぶ橋で美ら海水族館側から古宇利島へ行くと通るので行ったことある方も多いと思います。58号線の大宜見側から屋我地島に入ると通らないのでぜひ通って車を止めてご覧になることをお勧めします。

Dji_0036

本島側には小っちゃいですがパーキングもあります。私の友人の家の側なので時々行くのですが絶景ですよ!!

とても高いところにある橋なのでここから古宇利島も大橋も見えます!

Dji_0038

一番奥が古宇利島、右側が古宇利大橋、上から橋全体を見ると

Dji_0075

古宇利大橋は長さとすぐそばに見えるきれいな海が魅力ですが、わるみ大橋は高さとダイナミックさが魅力、橋の中央まで歩道を歩いて上から見下ろすとかなり怖いですよ!!

Dji_0089

夕日が逆光ですがこちらからが屋我地島から見た景色。

美ら海水族館(時間があれば熱帯ドリームセンターも)⇒今帰仁城址 ⇒わるみ大橋 ⇒古宇利大橋 ⇒古宇利島 というのが私お勧めのやんばる観光ルートです!

ただし、どこも見るとこが多いので時間に余裕をもってお越しください!お土産話はぜひ中国料理「柳翠」で!

お待ちしております。

SEE YOU!

ご予約はこちら