2017年3月 2日 (木)

【南城市】白ヘビと記念写真だって?!!

みなさん こんにちは!

さっそくですが、今回は「なんじい」と呼ばれるゆるキャラで有名な

南城市(なんじょうし)にあります、おきなわワールドへ行ってきました。

車での所要時間は、ホテルから約60分(高速道路経由)ほどです。

Img_2612

駐車場から歩いてすぐの入園口。すでに沖縄感に溢れています。

入園券の種類がいくつか分かれているのですが、今回はフリーパスを購入し、

◆玉泉洞(鍾乳洞) ◆王国村(城下町) ◆ハブ博物公園

すべてを回ることにしましたヽ(=´▽`=)ノ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<玉泉洞>

Img_2614

Img_2617

Img_2616

Img_2618

すごく神秘的で不思議な空間です。

洞内の温度は年間を通じて約21℃で、夏場は涼しく、冬場は温かく感じます。

相当な規模なのですが、なんと30万年もの時間をかけてできたものだとか。

おきなわワールド公式ホームページに詳細が載っているのでチェックしてみてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<王国村>

王国村は、主に体験工房が多く、沖縄の伝統工芸品などをつくることができます。

冒頭でも少し触れましたが、個人的にも大好きな「なんじい」の紅型染めトートバッグ

をつくることにしました。

Img_2632

Img_2633

、、、完成!あとは自宅に持ち帰り、1週間乾かした後、当て布をしてアイロンをかけ、

のりずけを落としたら終了!1週間後が楽しみでなりません。

体験工房は他にも琉装写真撮影や琉球ガラスの製作などいろいろあります。

実際の製作物を見てみて興味が沸いたらぜひ体験してみてください。

王国村敷地内には、王国歴史博物館という施設もあり、沖縄県内の様々な

アーティストが製作された陶芸作品を見ることができます。こちらもぜひ。

Newimg_2628

Img_2631

Img_2630

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<ハブ博物館>

Img_2621

Img_2622

ご存知の方も多いと思いますが、ハブとは日本だと沖縄のみ生息する毒ヘビのことをいいます。

こちらの施設では実際に飼育されている複数の種類のヘビや、ヘビをモチーフとされる

装飾品であったり、写真などを見ることができます。ただ、やっぱりメインはショー!!

Img_2s619

ショーのなかでもメインのウミヘビとマングースの水泳対決の結果は、ご自身の

その目で確かめてください。一言だけ、マングースめちゃくちゃかわいいです。

ステージ近くの席が取れるなら間近で観てください╭(´・⊖・`)╮

Img_2d625

やっとタイトルの伏線回収です、、、(笑)

白ヘビとの写真はハブ博物館内ではなく、王国村敷地内のスペースで

有料で撮ってもらうことができます。手持ちのスマートフォンの分も

撮ってくれるので、家族・友人・知人にも自慢できますね(`・ω・´)キリッ

、、、というわけで以上です。いつもよりボリュームが多い気もしますが、

百聞は一見に如かず。ですのでぜひ足を運んでみてくださいね。

次回の更新を楽しみにお待ちください。インフォメーションの末吉でした♪

◆おきなわワールド

住  所:沖縄県南城市玉城字前川1336

営業時間:9:00~18:00(最終受付17:00)

ご予約はこちら