カテゴリ「グルメ・レストラン情報」の137件の記事 Feed

2019年11月10日 (日)

暦の上で“冬の始まり”となる「立冬」の11月8日、ここ志賀町では特産の【ころ柿】作りが本格化しました。


ころ柿とは...昨年12月13日に調理部I森さんがオフィシャルブログで紹介しておりますので、そちらをご覧ください(  ̄∇ ̄)_◇

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://daiwaresort.lekumo.biz/noto/2018/12/post-f82e.html

Photo_4©石川県観光連盟(ころ柿

11月9日の朝刊によると...ころ柿の原料となる「最勝(さいしょう)柿」は昨年に比べて実が大きく育っている---最勝柿は志賀町原産の干し柿専用種---皮をむいて実を結び、竿に吊るして干す作業が本格化し、橙色のカーテンが作業小屋に登場。

2©石川県観光連盟(ころ柿

能登を車で走っていると、家の軒先にチラホラ...そして家の2階部分にズラ~っとならんだ光景がアチコチでご覧になれ---冬の到来を知らせる光景---こどもの頃はよく吊るすの手伝ったなぁ---すべてが手作業で行われた【ころ柿】は、我々の気持ちが存分に詰まった“優しい”味ですよ!


Dsc_0804

Dsc_0802


こちらの写真は我が家で食べる分の「干し柿」の11月10日現在です(^^ゞ

ご予約はこちら

2019年11月 8日 (金)

今週は冬の味覚『蟹』が解禁されました。

Dsc_2510_2

金沢・近江町は大賑わいです!

いよいよ冬が近づいてきています。冬といえば、体も暖まる日本酒が美味しい時期ですね。こんにちは調理部 I 森です。

今回は、日本酒大好きサービススタッフ・山本さんに『能登のお酒』について聞いてみました。

Dsc_2506_2

山本さん『能登は昔からお酒飲みの方が多く、お酒が飲みやすいよう口あたりのやわらかい旨口のお酒が多い地域です。』

『僕の能登のお酒のおすすめは、【宗玄】と【竹葉】です』

Dsc_2507『【宗玄】は飲み口が、とってもやわらかく旨口で、能登らしい~味わいです!』

『【竹葉】は当館のある志賀町で栽培された酒米を原料としたお酒です、旨口の多い能登地域の中では、比較的辛口です!』

『現在、夜のバイキングには能登のふぐを使ったお寿司があります、ぜひ能登ふぐをつまみながは、能登のお酒味わってみて下さい!』

Dsc_2501

ご予約はこちら

2019年11月 2日 (土)

『寿し食べ行こう。』の19回目でございます。

 

 

P1010019

 

 

今回ご紹介するのは七尾市の能登食彩市場近くの『松乃鮨』でございます。

 

P1010018

 

 

P1010017

平日限定ランチメニューの中から『上ランチ』をいただきまーす。

 

なんと『徳川家に献上された玉子巻き寿司』がございます。

P1010014

 

 

やっぱり北陸来たら寿し食べ行こう。

 

ご予約はこちら

2019年10月10日 (木)

こんにちは 調理部fろいです。

今回は 朝食バイキングの新メニューの紹介です。

パンケーキにハムを乗せた一品です。

シンプルながら ハムのほのかな塩っけに

パンケーキの甘さがよく合います。

12855b07603e4da599ba96f2d92b3781

能登にお越しの際は

ぜひ お召し上がりください。

ご予約はこちら

2019年10月 9日 (水)

店長に聞かず、ブログ担当者が自分勝手にピックアップ(^^;


当ホテルショッピングプラザで販売している≪売店の(勝手に!?)オススメ≫商品をたま~にお届けしています。

Img_4225


第4回目はコレっ!


株式会社Ante(アンテ)さんが製造する地サイダーを4つご紹介します。
AnteさんのHPもご覧くださいね⇒http://ante-jp.com/

Dsc_28310


奥能登地サイダー「しおサイダー」
340ml入り226円


「モンドセレクション2014」で金賞を受賞、すっきりとした大人味のサイダーは、奥能登の揚げ浜式製塩で作られた塩が使われています。口の中に広がる“塩”独特な甘み、そしてスッキリとした後味で、くせになるサイダーです。

Dsc_28301

金沢湯涌サイダー「柚子乙女」340ml入り226円


金沢の奥座敷・湯涌温泉にちなんだ柚子風味の地サイダー。フタを開けたら、い~香り。程よい甘さと柚子の豊かな香りが特徴で、甘すぎずすっきり爽やかな飲み心地です。湯涌街道は別名「ゆず街道」、昭和レトロなパッケージラベルは岡山県生まれの画家・詩人「竹久夢二」の美人画です。この女性は戸籍上で唯一妻となった金沢出身の岸たまきです。

Dsc_2832

金沢砂丘サイダー「すいか姫」340ml入り226円


絶品の「金沢すいか」と、奥能登の「揚げ浜塩」を使ったサイダーです。日本海に近い金沢の砂丘地は水はけがよく、清らかな地下水と、寒暖差のある砂丘で育った「金沢すいか」。歯触りの良いシャリ感があり、高い糖度のスイカを贅沢に使ったサイダーは、ほんのり甘くて爽やか、後味のしおの風味もお楽しみください。

Dsc_2834

能登の里山サイダー「青のしずく」340ml入り248円


能登町産ブルーベリー果汁を使用した地サイダーは、フタを開けた瞬間の甘酸っぱい香り、爽やかでスッキリとした飲み心地。鳳至郡能登町は北陸最大級のブルーベリー産地、アントシアニン豊富で色鮮やかなサイダーです。

Dsc_2839

ご予約はこちら

2019年10月 5日 (土)

『寿し食べ行こう。』の18回目でございます。

 

P1010011

 

今回ご紹介するのは当ホテルからお車で約25分の中能登町の『回転寿司 さと海 鹿島店』でございます。

 

P1010004

 

P1010005

 

 

ランチメニューの中から『さと海セット』をいただきまーす。 

 

このボリュームで880円(税込)でございます。

 

P1010006

 

 

P1010009

 

追加で『鮮魚5貫盛り』もいただきまーす。

 

マボロシ~の『赤西貝』がございます。

やっぱり北陸来たら寿し食べ行こう。 

ご予約はこちら

2019年10月 3日 (木)

今年も残り3ヶ月、早いですね~もう秋ですね こんにちは 調理部 I 森です。

秋と言えば紅葉。個人的に県内の紅葉おすすめスポットは小松市の【 那谷寺 】です。当館からは車で1時間30分、最近オープンしたD-Premiam金沢からは車で50分ほどです。

Dsc_1385

そして、秋と言えば『 ひやおろし 』

Y313418ap0

毎年、秋に出荷される日本酒です。

日本酒は、冬に醸造され、劣化防止のため春以降に一度火入れします。そして、夏の熟成期をへて、瓶詰めする前に、もう一度火入れします。この、2度目の火入れしないものを『ひやおろし』と呼び

主に9月~11月に出荷されます。その3ヶ月の間にも熟成は進み味わいがかわり、初期のひやおろしを『夏越し酒』中期を『秋出し一番酒』後期を『晩秋旨酒』と風情ある呼び名がついています。初期、中期、後期の定義はありませんが、現在は『秋出し一番酒』にあたりますね。

当館では、レストランさくらにて、県内の選りすぐりの『ひやおろし』を集めたフェアーを行っています。

Img_20190930_135340_238

ぜひ、石川県の『ひやおろし』味わってみて下さい!

2019年9月26日 (木)

こんにちは。調理部 fろいです。

今回は 中能登町にある 旬彩割烹「あづま家」さんに お邪魔しました。

前菜

タコの煮物、タコの酢味噌とドジョウです。

お酒が欲しくなります。

E32dae3841ae4a7c9cd7796d92b86465

天ぷら盛り合わせ

塩と天つゆ、お好みでいただけました。

4c08a144f01c42f4ad402e0c5c16aa0e

ワタリガニのちらし寿司

わさび醤油でいただきます。

優しい味わいで 美味しくいただきました。

B9598169a30b49c3a0a11be6217c339f

食後にコーヒーとアイスがついて

ゆっくり 食事ができました。

ご予約はこちら

2019年9月21日 (土)

第2回目となる【ロイヤルホテル能登/料理教室】は、能登の和食料理長・稲田哲男を講師に、10月20日に開催致します。

<日時>2019年10月20日(日曜日)12時より
<参加費>3,000円(2,728円+消費税10%)
<定員>20名様

今回は≪煮魚≫についてのお気軽体験レッスンです。ご家庭で、料亭さながらのお料理を伝授致します♪

ご予約・お問い合わせは、ロイヤルホテル能登「お料理教室」0767-32-3111まで。

Photo

ご予約はこちら

2019年9月19日 (木)

こんにちは 調理部fろいです。

今回は 七尾市にある ごはん処 漁師屋秀さんに 行ってきました。

ランチの海鮮丼です。

ところてん、茶碗蒸しや味噌汁の付いた ボリュームのあるセットです。

3ba94c8b80a54be3b93fde4710259435

新鮮なお刺身に わさび醤油をかけて

ほんのり甘い酢飯と とても良く合っていました。

Be50431ed6a44cc9b465697827c7b4bc

ご予約はこちら