カテゴリ「グルメ・レストラン情報」の149件の記事 Feed

2020年1月15日 (水)

一週間ほど前の朝刊に ≪志賀ころ柿_台湾でフェア≫ との記事が載っていました。

Photo_12©石川県観光連盟(ころ柿

台湾台北市の高級百貨店で1月9日~12日、いしかわ農業総合支援機構とJA志賀による「能登志賀ころ柿」の販促フェアがあったそうです。

Photo_9©志賀町(ころ柿


フェアは今年度で3年目、台北市の高級百貨店「ブリーズセンター」に加えて、新たに昨年1月にオープンした「ブリーズナンシャン」で実施―――台湾など中華圏では春節 (24~29日) の贈答用として、日本産の高品質な干し柿へのニーズが高まっていそうで―――特に国の地理的表示保護制度 (GI) を取得した能登志賀ころ柿は「サイズが大きい」「柔らかさが均一で食感が良い」などと好評を得ているそうですよ。

Dsc_0930



志賀町産「ころ柿」の出荷は12月いっぱいでほぼ出尽くしておりますので、お求めはお早めに♪


http://daiwaresort.lekumo.biz/noto/2019/12/_-d117.html

Dsc_0927

Photo_11

さて、本日≪1月15日(水)12時~1月23日(木)14時≫まで、館内設備点検および改修工事に伴い≪全館休館≫させていただいております。


ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※なお、2020年1月23日(木曜日)14:00~営業を再開させていただきます。

ご予約はこちら

2020年1月11日 (土)

先日1月8日、急速に発達した低気圧の影響で暴風が吹き荒れました。石川県内では海岸への大量のごみ漂着、そして(ホテルから約4キロの)志賀町高浜漁港では高波によって大量の土砂が流入し、撤去作業に追われたそうです。

Img_8989(ホテルから約3キロの安部屋海岸にて、2019年12月31日撮影)



漂着ごみは石川県内だけで、2018年度約663トンも回収されたそう―――ゴミ収集車は約2トン (ゴミ袋1000袋分相当) 回収できるって、聞いたことがありますので、ゴミ収集車330台以上...... “回収された” とのことですので、実際に漂着するゴミの量は計り知れませんね。

Img_5426(ホテルから車で約13分の大島諸願堂にて、2019年2月18日撮影)



ロープやウキなどの漁具、流木、プラスチック容器、ペットボトル、スプレー缶、空き瓶、長靴などなど……

Img_5373

Img_5367(ホテルから車で約13分の柴垣~甘田海岸にて、2019年2月18日撮影)



志賀町富来町七海の国道249号では約200メートルにわたってゴミが歩道を埋め尽くし、車道にもあふれ出たそうです。

Img_2348(2017年11月17日撮影、宝達山からの眺望)


さて、ホテルから車で約40分、宝達志水町特産の【宝達くず】作りが1月9日、同町宝達地区の≪宝達葛会館≫で始まりました。

Photo©宝達志水町(宝達葛精製

宝達くずの歴史は450年以上―――宝達山が金鉱山だった頃、麓の≪宝達地区≫には採掘作業を行う人たちの漢方薬として、自生していた「くず根」を掘り、「くず」を作り始めたのが【宝達くず】の起源です。

その後、鉱山が閉山になると「くず」が産業化され、大正~昭和初期の最盛期には(当時120軒ほどの集落で)約70軒が「くず」を作っていたそうです。現在では地元有志の4名が共同で生産しているのみ、となってしまいました。

Photo_6©宝達志水町(宝達葛精製


今季は九州産の「くず根」4トンを使い、約350キロの生産を見込むそうですが―――生産時期に雪がないのは珍しく―――今年は暖かい―――品質面への影響が懸念されているそうです。

Photo_3©宝達志水町(宝達葛精製


作業は2月末まで続き―――「くず根」を機械で砕き....木桶の冷水に漬け....「すのこ」の上で踏んで汁を出し....布袋でこしてデンプンを取り出し....

Photo_4©宝達志水町(宝達葛精製



....何度も水を取り換えて不純物を除去し....純白の葛粉に仕上げます。


最盛期の頃―――宝達地区の回りを流れる水が茶色くなったそうで、「また宝達でくず作りが始まった」と知らせる冬の風物詩になっていました。自然乾燥させて、4月中旬以降に販売されます。

Photo_5©宝達志水町(くず湯

宝達葛会館――――――――――
<住所> 石川県羽咋郡宝達志水町宝達ロ7
<電話番号> 0767-29-8240

ご予約はこちら

2020年1月10日 (金)

『寿し食べ行こう。』の22回目でございます。

最近はアクセスランキングに出てこないのでショック😢 

 

今回ご紹介するのは富山県氷見市の『ひみ番屋街』から約1kmの『すし屋の城光』でございます。 

 

 

P1010030

 

 

P1010031

 

メニューの中から『富山湾寿司』をいただきまーす。

 

P1010032

P1010033

P1010034

P1010035

P1010036

 P1010039_2

 

 

 

 

P1010040

P1010041

P1010042

大好きなイカや白海老そして待ってましたの氷見寒ブリを頂きました。 

 

P1010043

実は手元でお醤油を付けずに頂くのです。

魚本来の旨みを味わえるように塩や七味または富山県らしく昆布〆で頂きます。

 

後に分かった事ですがミシュランガイドのビブグルマンに掲載されたお店でした。

 

 

写真等のブログ掲載につきましてはお店の許可を頂いております。

ご予約はこちら

2019年12月25日 (水)

店長に聞かず、ブログ担当者が自分勝手にピックアップ(^^;

当ホテルショッピングプラザで販売している ≪売店の(勝手に!?)オススメ≫ 商品をたま~にお届けしています。

Img_4225



第7回目はコレっ!

Photo©志賀町(ころ柿



志賀町の特産品「ころ柿」の出荷は12月いっぱいでほぼ出尽くしてしまいます。お求めはお早めに♪


柿の品種は日本に1000とも1200ともあるそうで、『最勝柿』は志賀町原産の干し柿専用種―――明治時代に志賀町の農家が「西条柿」を原種とした品種の中から優良系統『最勝』を選抜し、増殖してきたもの。

Dsc_0928


ころ柿』に使用される柿は、そのままでは食べられない渋柿―――甘柿に比べ、糖度は渋柿の方が高く、渋抜きをすることによって甘みが強く感じられるようになります。

Photo_7©志賀町(最勝幸露柿.スティック柿


低く剪定された柿の木、そして軒下に吊るされた無数の柿は、志賀町の晩秋~初冬の風物詩。

Photo_2
©石川県観光連盟(ころ柿


『ころ柿』は “枯露柿” と言う漢字が当てられていますが、 “転柿” とも―――天日乾燥させる際に “コロコロ” と転がしたり、吊るす場所を “コロコロ” 変えて、まんべんなく日や風が当たるようにしたから、とか。

また、 “枯” れ草に “露” が降りる晩秋の頃に作られていたからとも。

Dsc_0930

志賀の郷農園のころ柿 ≪厳選12個入り:5,500円(税込み)≫ ≪厳選8個入り:3,900円(税込み)≫ ≪厳選3個入り:1,400円(税込み)≫


合同会社菜夢来(さむらい)の最勝幸露柿(さいしょうころがき):Lサイズ15個入り≪6,480円(税込み)≫

Dsc_0925



最勝幸露柿(スティック柿):食べやすいスティックタイプ≪864円(税込み)≫

最勝幸露柿(切りころ柿):食べやすい一口サイズ≪864円(税込み)≫

Dsc_0927

ご予約はこちら

2019年12月21日 (土)

2020年3月28日(土曜日)一夜限りの特別会席がお召し上がりいただけます!

20183(2018年3月開催の美食会の様子)

20189(2018年9月開催の美食会の様子)



Royal_Hotel_能登の和食料理長・稲田哲男が、春の訪れを彩る食材をもとに、加賀・能登の季節の和食会席をお届け致します。


今回は金沢で最も長い歴史と伝統を誇る酒蔵「福光屋」様とのコラボレーションイベント♪

Photo_6(写真はイメージです)


料理長によるこだわりの会席料理に合わせ、福光屋の代表銘柄や季節限定酒などご提供致します。
ちょっと贅沢な和食の夕べをどうぞお楽しみくださいませ。

9634


<日時> 2019年3月28日(土曜日) 18:30開宴 (18:00受付開始)
<会場> Royal_Hotel_能登 / 2階ロイヤルホール
<料金> お一人様12,000円 (料理代、ドリンク代、消費税・サービス料を含む)

※事前のご予約制です。なお、本イベントは定員制となりますので、定員となり次第、締め切りとなります。

202003



◆ご予約・お問合せ◆
ロイヤルホテル能登 (TEL.0767-32-3111) 春陽の宴、まで

ご予約はこちら

2019年12月19日 (木)

ロイヤルホテル能登では、7月に洋食・10月に和食の料理教室を開催して参りました。第3回目となる【ロイヤルホテル能登/料理教室】は、能登の調理部_洋食担当・紺 正明を講師に、1月12日に開催致します。

Img_46171



今回は≪ステーキ≫、そして≪バルサミコ酢を使ったドレッシング≫についてのお気軽体験レッスンです。ご家庭でホテルさながらのお料理を伝授致しますよ♪

Photo_5



<日時> 2020年1月12日(日曜日) 12:00より
<料金> お一人様3,000円(料理代、消費税・サービス料を含む)
<定員> 20名様

◆ご予約・お問い合わせ◆
ロイヤルホテル能登(TEL.0767-32-3111)料理教室まで

202001



なお、次回は4月に和食、5回目は7月に洋食を開催予定です。どうぞご参加くださいね(#^.^#)

ご予約はこちら

2019年12月12日 (木)

こんにちは 調理部fろいです。

今回は 石川県の食材で

〝いしる〟と〝くるまふ〟を使った 簡単な料理を紹介します。

出汁(市販のお出汁) 500cc

みりん                    50cc

いしる醤油              50cc

B5fa4993239b4abd97fb8069f8777775具材は お好みで 軽く炊いて 美味しくいただきます

くるまふを使った グラタンです。

出汁で戻した くるまふに

ハムを添えて

ホワイトソース チーズをかけて

焼き色がつくまで焼きます

1574004b42c14e258cbb01614e0e0de7

ご予約はこちら

2019年12月 5日 (木)

毎週日曜日の" グランメゾン東京 "が、とっても楽しみです!こんにちは調理部 I 森です。

今回は 【車麩】を使った簡単レシピを紹介します。

20191205082728

車麩は金沢で、昔から親しまれている食材です。だしを含みやすく煮物等に向いています。

一つ目は朝バイキングにも出ています

【車麩のあおさ天ぷら】

Img_20191202_212523_544

朝食会場では、よくどうやって作るの?

車麩は水で戻すの?等々よく質問されます!

1575288676266

Img_20191205_090352_137

まわりはサクサク中は柔らかいおもしろい食感が楽しめます!

2つ目は【車麩のフレンチトースト】

1575504103344

1575503910581

こちらも、簡単です!盛り付けには、ホイップやフルーツ等彩りを添えると、より美味しく、そして楽しく見えます!

ぜひご家庭で楽しく試してみて下さい!

ご予約はこちら

2019年11月30日 (土)

『寿し食べ行こう。』の20回目でございます。 

 

『ずわい蟹漁』の解禁や『氷見寒ブリ宣言』も出され、まさに『寿し王国』の季節でございます。

 

 

 

 

 

 

P1010023_2

今回ご紹介するのは七尾市役所近くの『ちゃか寿し』でございます。

 

 

 

P1010020

お昼の定食メニューから『すしランチ(上)』をいただきまーす。

 

  

 

P1010022

 

七尾湾で獲れたネタはもうサイコー。 

 

 

やっぱり北陸来たら寿し食べ行こう。 

 

ご予約はこちら

2019年11月23日 (土)

こんにちは スチュワード担当Yです

先日 ツーリングで白山麓の中宮温泉へ☀️

20191113_132249

20191113_131928

20191122_192304

20191122_111015

西山旅館にて日帰り550円でした♨️

豪雪地ゆえ12月~クローズとなるようです

秘湯好きな方は是非行ってみて下さい

お昼に食べた石川県民のソウルフードもお勧めです🍜

ご予約はこちら