カテゴリ「イベント情報」の103件の記事 Feed

2019年9月13日 (金)

今週末の9月14日(土)と15日(日)は、能登半島の各地で様々なイベントなどが行われる予定です。車の運転にはくれぐれもお気を付けいただき、そしてご協力もお願い致します(__)

120005000



ここ志賀町だけでも14地区の秋季祭礼が行われます。お神輿や大太鼓、子ども獅子舞が各地区内を巡ります。

Dsc_0639



能登半島をぐるり一周する【ツール・ド・のと400】は、初日のコースが能登半島の西側を北上。朝8:30に金沢市の西部緑地公園を出発し、11:30頃に志賀チェックポイントの当ホテルに先頭集団が到着します。そして16:00頃に輪島市のマリンタウン駐車場に到着し始める予定です。

Img_2757



羽咋市の羽咋駅近くの長者川では、羽咋神社の祭礼【川渡し神事】が行われます。

Dsc_2850



志賀町高浜町の大念寺地区にある八幡神社では、小中学生が競う【大念寺子供太鼓打競技大会】が行われます。

PhotoⒸ志賀町



そして...能登は稲刈りの時期です。お米を積んだトラックが農道をゆっくり走っていますので、お気を付けくださいね。

Dsc_2794

ご予約はこちら

2019年9月12日 (木)

9月8日に初秋の料理イベント『観月の宴』~能登牛と近江牛食べ比べ~ が行われ、約100名のお客様に来て頂きました。イベント詳細はまた後日アップします。 こんにちは 調理部  I 森です。

今回は金沢の郷土の味 先月、某テレビ番組 秘密の県○ショーでも紹介された『茄子そうめん』を紹介します!

Dsc_2388

茄子そうめんは、茄子の煮汁でそうめんを湯がく、手間暇のかからない金沢の夏の定番の品です!

スーパーの総菜コーナーにも、普通に並ぶ、家庭料理です。

 輪島市やかほく市はかつて、将軍様の献上品としても作られるほどの、有名なそうめんの産地で、そのそうめんと旬の茄子を組み合わせできた郷土の品です。

『茄子そうめん』は朝のバイキングメニューに新たに加わりました!

ぜひ、金沢の郷土の味『茄子そうめん』の素朴な味、味わってみて下さい!


【 告知 】

10月20日(日) に料理教室を開催します!

今回は ~ 煮魚 ~ です。

1568121985195

ご予約はこちら

2019年9月11日 (水)

2000年以上前から続いている、とされ、毎年9月25日に行われている羽咋神社の神事相撲。

羽咋神社の祭神・磐衝別命(いわつくわけのみこと)の命日に北陸各地の力士が集まり、相撲により神霊を慰めたことが始まり、と伝わります。

Img_7157

Img_7148



唐戸山相撲場はすり鉢状になっていますが、磐衝別命の墓陵を作る際、ここの砂を運んだためできた、との伝承も残ります。

Img_7182



土俵には四本柱がなく、当日は土俵の四方にかがり火を焚き、力士の土俵入り、相撲甚句、神事太鼓が披露された後、神事相撲が「水なし、塩なし、待ったなし」の二番勝負で行われ、小結格の前弓・関脇格の中弓・最高位の大関を決める奥弓と取り組みが進みます。

Img_7172

詳しくは羽咋市ホームページ<唐戸山神事相撲>をご覧ください。https://www.city.hakui.lg.jp/kankou/gyoujiichiran/4751.html

ご予約はこちら

2019年9月10日 (火)

ホテルから(のと里山海道を経由)車で約45分『津幡町文化会館』を発着地点に、河北潟干拓地をぐるり一周、36キロを6区間で繋ぐ駅伝大会です。


大正9年11月23日新嘗祭の記念行事の一環として、農繁期の郡内各青年団を集めて開催したのが始まり。昭和19年の中止以外、永きにわたり受けつがれてきた駅伝は、令和元年の大会で、なんと99回目!


現在行われている駅伝の中でも『東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)』に次いで古く、開催回数では4つ上回っている日本最多の駅伝大会です。

Img_7210


河北潟は4.2平方キロメートルの大きさ、東京ドーム約90個分に相当するそうです。

Dsc_1259



河北潟の西には金沢医科大学病院やサンセットブリッジ内灘(内灘大橋)があります。

Img_7192



2001年に開通した内灘大橋は、夜になると(21時ごろまで)ライトアップされ、ロマンチックな夜景がご覧になれます。

Img_7201



この日は9月3日...風が強~い一日で、河北潟と放水路に面した蓮湖渚(れんこなぎさ)公園では...

Img_7194


まるで海のように......波打つ(^^;

Img_7195

ご予約はこちら

2019年9月 8日 (日)

2019年9月14日(土)~16日(月)の3日間で、金沢市西部緑地公園を発着場所に、総距離は約420キロメートルのサイクリング大会【ツール・ド・のと400】は能登半島を“反時計回り”にぐるり一周してきます。

Img_2847

なんとも過酷な...と思ってしまいますが、かつて---能登半島を“時計回り”にぐるりと一周してくる『能登駅伝』なるものが開催されていました。

Dji_0074

能登駅伝は昭和43(1968)年に第一回目、そして第10回大会まで行われた『読売新聞社』主催の大学駅伝で、当時主催していた「箱根駅伝」や「青東駅伝」の(将来的には)代替駅伝としての意図があったとも。正式名:全日本大学選抜能登半島一周駅伝競走選手権大会は、3日間の日程で行われ、26区間もあったそうです。26区間もあった...という事は、1チーム26名の選手で...というルールはなく、一人で2回でも3回でも走ってよかった...つまり『3日間連続区間賞』なんていう選手もいたそうですよ。

ご予約はこちら

2019年9月 6日 (金)

町域の西側は日本海に面し、南北約30キロの長い海岸線が続く志賀町。

Photo_10

暑(熱!?)かった夏休みも終わり、各地域では“豊作豊漁”を願う村祭りが、10月上旬にかけ、約55地区で行われます。

Dsc_0639


そのほとんどが週末に行われるので、毎週末、どこかから“ドンドンドン”と太鼓の音、“カンカンカン”と鐘の音が聞こえてきます。

Img_2618


巨大なキリコは見られませんが、『御神輿』と『太鼓』と『子ども獅子舞』が村を回ります。


Img_0714

週末の午後から夜にかけての運転には、どうぞお気を付けください。

Img_2604_2



ちなみに我が村の秋祭りは9月14日...踊り手の小中学生の男子はわずか3名に...うち、小学1年生と2年生が各1名。

Img_2610

夏休みから一生懸命練習しており、来週の本番を目指して頑張っています。

Dsc_0641


稲刈りもあるし、運動会やスポーツ大会、バス遠足...なにかと忙しい9月ですネ(^^;

ご予約はこちら

2019年9月 4日 (水)

【いしかわ里山里海サイクリングルート】は、ジャパンエコトラック第9号エリアに認定されたルートです。

Dji_0125
ジャパンエコトラック公式サイトhttps://www.japanecotrack.net/


Dsc_0308

昨年に引き続き、2019年度は11月30日(土)までを開催期限に、モバイルスタンプラリーを実施中。

6つのサイクリングルートには計68か所のチェックポイントがありますので、各施設でスタンプを獲得し、アンケートに回答すると特産品などのプレゼントに応募できます。

Img_7218



ホテルのある志賀町は【羽咋・巌門里山ルート】に位置しており、4つのチェックポイントがあります。


<1>羽咋市.妙成寺

Photo_5



<2>志賀町.道の駅 ころ柿の里しか

Dsc_2392



<3>志賀町.花のミュージアム フローリィ

Dsc_0575



<4>志賀町.道の駅 とぎ海街道

Img_2287


※ジャパンエコトラックルートマップの立ち寄りスポットと、スタンプラリーチェックポイントは異なるそうですので、ご注意ください。

Photo_6

詳しくは『いしかわ里山里海サイクリングルート』ホームページをご覧くださいませ。http://www.pref.ishikawa.jp/michi/cycling/cycling-web/cycling.html

ご予約はこちら

2019年9月 3日 (火)

毎年9月中旬に行われる羽咋神社の祭礼。ホテルより車で約25分、羽咋駅近くを流れる【長者川(ちょうじゃがわ)】を舞台に、羽咋神社の祭神・磐衝別命(いわつくわけのみこと)が、八幡神社に祀られた妻の三足比咩命(みたらしひめのみこと)に会いに行く道中を表現したとされるロマンティックな神事です。

Img_7159



羽咋神社と八幡神社は長者川を通して繋がっており、その間の約100メートルを、2艘で繋いだ御座舟にのせられた神輿が行き来します。松明(たいまつ)を持った若衆が肩まで水につかりながら舟を先導する姿、そして松明により川面に浮き上がる船影が幻想的です。

Img_7161



この長者川は宝達山の樽見ケ滝(たるみがだき)に源を発する子浦川(しおがわ)の支流で、羽咋川に合流し、日本海へ。

Img_7171



先日、8月7日の北國新聞の朝刊に【羽咋神社の伝統の川渡し神事で神輿を乗せた船が渡る場所、長者川で体長17センチの“アユ”を捕獲した】との記事が載っており、ちょっとビックリ(*^^*)
ところで、宝達山の樽見ケ滝は、落差30メートルある滝ですが、容易にたどりつくことができない難所にあるため、「幻の滝」といわれているそうですよ。

ご予約はこちら

2019年9月 2日 (月)

Img_7134


ちょっと見えにくいですが『猫がうんちをした後に砂をかけるのはなぜ?』との疑問です。

Img_7139_2

最高でしょ?

Img_7140

この裏側......キョエちゃん(^^;

Img_7141

そして......叱られちゃいました( ゚Д゚)

Img_7136

チコちゃんの顔---巨大化して飛び出してきそう ^^) 

Img_7138

こんなサイズのものもあります。

Img_6832


千里浜砂像2019は11月末まで開催中。今年も千里浜レストハウス横の駐車場で、巨大な砂像がお目見えしております。

Img_7131

Img_7132

Img_6826

計4体......あなたのお気に入りは?

Img_7143

ご予約はこちら

2019年9月 1日 (日)

昨年の2018年、記念すべき第一回大会が開催された【宝浪漫(たからろまん)マラソン】ですが、今年は9月22日(日)に開催。

昨年は全種目で2,092人のランナーが参加しました。

Img_2258


何と言っても『山』と『海』がコースになっている!

Photo_8©宝達志水町

30キロコースは宝達志水総合体育館をスタートし、能登半島最高峰の宝達山(標高637.1m)の中腹(標高35m)まで登りますので、山道特有の傾斜のきついヘアピンカーブも(^^;

Img_4369

麓まで降りてくると山崎地区にある『トトロ』が見えてきます。

Img_1013(2017年10月撮影)

すぐに『伝説の森公園 モーゼパーク』という不思議な看板を横目に、宝達志水町を北に縦断。

Img_2226

両サイドに広がるブドウ園を過ぎれば、潮の香りがしてきます。

Chokubaijyo017©宝達志水町

いよいよ『千里浜なぎさドライブウェイ』です。ゴールまで約3キロ、普段通りの天候ならば“追い風”になりますので、背中をググっと押してくれます。

Img_7225

詳しくは【宝浪漫マラソン公式HP】をご覧ください。
https://www.nta.co.jp/sports/marathon/kokunai/takararoman/

ご予約はこちら