2020年1月11日 (土)

先日1月8日、急速に発達した低気圧の影響で暴風が吹き荒れました。石川県内では海岸への大量のごみ漂着、そして(ホテルから約4キロの)志賀町高浜漁港では高波によって大量の土砂が流入し、撤去作業に追われたそうです。

Img_8989(ホテルから約3キロの安部屋海岸にて、2019年12月31日撮影)



漂着ごみは石川県内だけで、2018年度約663トンも回収されたそう―――ゴミ収集車は約2トン (ゴミ袋1000袋分相当) 回収できるって、聞いたことがありますので、ゴミ収集車330台以上...... “回収された” とのことですので、実際に漂着するゴミの量は計り知れませんね。

Img_5426(ホテルから車で約13分の大島諸願堂にて、2019年2月18日撮影)



ロープやウキなどの漁具、流木、プラスチック容器、ペットボトル、スプレー缶、空き瓶、長靴などなど……

Img_5373

Img_5367(ホテルから車で約13分の柴垣~甘田海岸にて、2019年2月18日撮影)



志賀町富来町七海の国道249号では約200メートルにわたってゴミが歩道を埋め尽くし、車道にもあふれ出たそうです。

Img_2348(2017年11月17日撮影、宝達山からの眺望)


さて、ホテルから車で約40分、宝達志水町特産の【宝達くず】作りが1月9日、同町宝達地区の≪宝達葛会館≫で始まりました。

Photo©宝達志水町(宝達葛精製

宝達くずの歴史は450年以上―――宝達山が金鉱山だった頃、麓の≪宝達地区≫には採掘作業を行う人たちの漢方薬として、自生していた「くず根」を掘り、「くず」を作り始めたのが【宝達くず】の起源です。

その後、鉱山が閉山になると「くず」が産業化され、大正~昭和初期の最盛期には(当時120軒ほどの集落で)約70軒が「くず」を作っていたそうです。現在では地元有志の4名が共同で生産しているのみ、となってしまいました。

Photo_6©宝達志水町(宝達葛精製


今季は九州産の「くず根」4トンを使い、約350キロの生産を見込むそうですが―――生産時期に雪がないのは珍しく―――今年は暖かい―――品質面への影響が懸念されているそうです。

Photo_3©宝達志水町(宝達葛精製


作業は2月末まで続き―――「くず根」を機械で砕き....木桶の冷水に漬け....「すのこ」の上で踏んで汁を出し....布袋でこしてデンプンを取り出し....

Photo_4©宝達志水町(宝達葛精製



....何度も水を取り換えて不純物を除去し....純白の葛粉に仕上げます。


最盛期の頃―――宝達地区の回りを流れる水が茶色くなったそうで、「また宝達でくず作りが始まった」と知らせる冬の風物詩になっていました。自然乾燥させて、4月中旬以降に販売されます。

Photo_5©宝達志水町(くず湯

宝達葛会館――――――――――
<住所> 石川県羽咋郡宝達志水町宝達ロ7
<電話番号> 0767-29-8240

ご予約はこちら

2020年1月10日 (金)

『寿し食べ行こう。』の22回目でございます。

最近はアクセスランキングに出てこないのでショック😢 

 

今回ご紹介するのは富山県氷見市の『ひみ番屋街』から約1kmの『すし屋の城光』でございます。 

 

 

P1010030

 

 

P1010031

 

メニューの中から『富山湾寿司』をいただきまーす。

 

P1010032

P1010033

P1010034

P1010035

P1010036

 P1010039_2

 

 

 

 

P1010040

P1010041

P1010042

大好きなイカや白海老そして待ってましたの氷見寒ブリを頂きました。 

 

P1010043

実は手元でお醤油を付けずに頂くのです。

魚本来の旨みを味わえるように塩や七味または富山県らしく昆布〆で頂きます。

 

後に分かった事ですがミシュランガイドのビブグルマンに掲載されたお店でした。

 

 

写真等のブログ掲載につきましてはお店の許可を頂いております。

ご予約はこちら

2020年1月 9日 (木)

「石川県の棚田」と言えば、輪島市の白米千枚田が有名―――イルミネーションイベント【あぜのきらめき】は3月15日(日)まで開催中―――ですが、平野部が少ない能登半島では、先人たちが傾斜地を切り開き、数多くの棚田を築いてくれました。

志賀町には「大笹波(おおささなみ)水田 ⇒http://daiwaresort.lekumo.biz/noto/2019/07/49-8e5b.html」がありますし、羽咋市には神子原地区の棚田もあります。

2©石川県観光連盟(千枚田・あぜのきらめき(2)


Img_6906(2019年7月17日撮影、大笹波水田)

Photo_2©羽咋市(神子原地区)

さて、石川県羽咋市と富山県富山市とを結ぶ国道415号線、氷見市から能越自動車道を利用する際―――小矢部砺波JCTで東海北陸自動車道と北陸自動車道に接続しているため、能登へお越しの場合には便利な国道です。

Img_9324

Img_9322

Img_9321



ここは石川・富山県境から約2キロ(ホテルから車で約40分)にある神子原町の直売所「神子の里(みこのさと)」です。


<営業時間>3月~11月:9時~18時、12月~2月:9時~17時
<定休日>3月~12月:無休、1月~2月:毎週木曜日

―――だったとは(〃 ̄∇ ̄)この日は1月9日……木曜日でしたsweat01

Img_9320



羽咋市神子原地区は、碁石ヶ峰の急峻な傾斜地に点在する農村集落で―――平成17年、東京のローマ法王庁大使館を通じてローマ教皇ベネディクト16世に献上したことで話題になった『神子原米』が有名ですね。

Img_9317



そのブランド米を使用した地酒―――自然豊かな里山の恵みが凝縮した純米酒づくりも行われています。

Img_9325



また、平成29年5月・神子原地区は「景観形成重点地区」に指定されました―――美しい棚田が広がり、、伝統的家屋の集落とが織りなす里山景観を有し―――能登の里山の原風景を見ることができます。

Img_9323

ご予約はこちら

2020年1月 8日 (水)

能登半島に点在するパワースポットを巡り、様々なご利益とプレゼントをゲットしよう!

<実施期間> 2019年10月1日(火)~2020年3月31日(火)

<対象施設・場所> 能登の4市5町内の23箇所

Photo_5©コスモアイル羽咋(宇宙人サンダーくん

<参加方法>
①スマートフォンで、スタンプラリー専用サイトから参加
②トップページ「ここから近い地点を探す」⇒ GPS設定はONにして!
③スポットのページ「スタンプを取得する」⇒ スタンプ獲得!

※詳しくは【能登ふるさと博HP_能登パワースポットめぐり】をご覧ください
https://notohaku.jp/powerspot

Screenshot_20200109131240


<抽選プレゼント>

スタンプ3個で抽選(50名様)―――
 ―――「能登ふるさと博オリジナルモバイルバッテリー(2000mAh)」

スタンプ6個で抽選(10名様)―――
 ―――「能登の特産品」下記のいずれか1品、賞品は事務局で選定。
・能登牛プレミアムの生ハム(50g×3パック)
・宗玄_純米吟醸/Samurai_Princess(1800ml)
・能登棚田米こしひかり(5kg×2袋)

Img_9223(2020年1月7日撮影 / 羽咋市・気多大社)

Img_3748(2018年2月14日撮影 / 志賀町・巌門)

Img_8314(2019年11月15日撮影 / 中能登町・石動山)

Img_1921(2018年7月25日 / 七尾市・妙観院)

Img_2738(2018年9月17日 / 羽咋市・コスモアイル羽咋)

能登半島で大自然のパワーを感じられるスポットや、恋が成就する(!?)場所、運気が上がる(!?)寺院など……定番から穴場まで、観光にもおすすめです!

<1> 珠洲市三崎町・「聖域の岬」珠洲岬
<2> 珠洲市宝立町・見附島(えんむすびーちの鐘)
<3> 珠洲市上戸町・倒さ杉
<4> 輪島市門前町・大本山總持寺祖院
<5> 輪島市大沢町・桶滝
<6> 輪島市町野町・曽々木パワーゾーン
<7> 七尾市三引町・御手洗池
<8> 七尾市小島町・妙観院
<9> 羽咋市鶴多町・コスモアイル羽咋
<10> 羽咋市寺家町・能登國一之宮「気多大社」
<11> 羽咋市千里浜町・千里浜海岸(大伴家持歌碑)
<12> 能登町字恋路・恋路海岸
<13> 能登町字真脇・真脇遺跡
<14> 能登町字当目・岩井戸神社
<15> 穴水町大町・穴水大宮
<16> 穴水町乙ケ崎・能登長寿大仏
<17> 志賀町富来牛下・能登金剛「巌門」
<18> 志賀町富来七海・機具岩
<19> 中能登町西馬場・雨の宮古墳群
<20> 中能登町石動山・石動山「大宮坊」
<21> 中能登町水白・水白鍋山古墳群
<22> 宝達志水町河原・伝説の森公園「モーゼパーク」
<23> 宝達志水町散田・散田金谷古墳

Photo©志賀町(機具岩

2©石川県観光連盟(千枚田・あぜのきらめき(2)

Photo_2©石川県観光連盟(大本山總持寺祖院

Photo_3©石川県観光連盟(真脇遺跡

ご予約はこちら

2020年1月 7日 (火)

Img_9223


ホテルから車で約20分、羽咋市の【気多大社】の境内には折口信夫父子それぞれの歌碑が並んでいます。


右側の石には折口信夫の歌が、左側には折口春洋の歌が刻まれています。

Img_9209

Img_9212



折口信夫(おりくちしのぶ)の歌碑「気多のむら 若葉くろずむ 時に来て 遠海原の 音を聴きをり」

Img_9210



(藤井)折口春洋(おりくち はるみ)の歌碑「春畠に 菜の葉荒びし ほど過ぎて おもかげに師を さびしまむとす」

Img_9211



折口信夫は明治20年生まれの民俗学者・国文学者・詩人でもあり、昭和2年6月に羽咋を訪ね、気多大社を参拝した際に詠んだ歌―――藤井春洋は明治40年・羽咋市一ノ宮で生まれ、昭和19年7月・折口信夫に養子として迎えられましたが、翌 昭和20年3月・硫黄島方面で戦死、38歳でした―――こちらの案内看板は昨2019年6月に新調されたものです。

Img_9208



さて本日は1月7日、昨年に引き続き、ホテルスタッフでの新春祈願に参加しました……昨日は寒さが厳しくなる頃とされる「小寒(しょうかん)」でしたが、最高気温が10℃近くまで上がり、とても暖かな寒の入りとなりました。

Img_9240

Img_9238


Img_9214



気多大社には国指定の重要文化財が5棟あり、≪神門≫は安土桃山時代、1584年頃の造営。

Img_9217

≪拝殿≫は江戸時代、1653年~1654年頃の造営。

Img_9230



≪本殿≫は江戸時代、1787年頃の造営。

Img_9224



本殿・拝殿に向かって左側に建つ≪摂社若宮神社本殿≫は戦国時代、1569年頃の造営。

Img_9222



右側に建つ≪摂社白山神社本殿≫は本殿と同じく、江戸時代、1787年頃の造営。

Img_9226



折口父子の歌碑の隣には、養老の大国像が鎮座する奉安殿―――別名「幸運の大黒天様」ですね。

Img_9213



社務所―――

Img_9215



手水舎―――

Img_9216

Img_9219

Img_9231



神門をバックに集合写真―――

Img_9234

ご予約はこちら

2020年1月 6日 (月)

輪島市へ向かう際には、のと里山海道をご利用ください……別所岳サービスエリアから穴水・奥能登方面へ向かう≪下り線≫で【おとのみち】が―――約1.2キロメートルに渡り、走行音がメロディーとして聞こえてきます。

Photo_9©石川県観光連盟(のと里山海道・道の駅高松



のメロディーはNHK連続テレビ小説「まれ」の主題歌『希空~まれぞら~』で、平成27年6月、日本最長のメロディロードとして設置されております―――さぁ、旅に出よう♪

Photo_7

Photo_8©輪島市(輪島朝市


ホテルから車で約60分、輪島市河井町の【輪島朝市】では昨年12月29日から31日まで、一年を締めくくる「大歳の市」が開かれ、通りには100軒以上の露店が並び、店主らの威勢のいい掛け声が飛び交いました。

おせち料理用の海産物や正月飾りなど―――縁起物のセンリョウやナンテン、ウラジロの葉、数の子、棒だらなどが並びました。

Photo_4

Photo_5

Photo_6©石川県観光連盟(輪島朝市



そして正月明けの1月4日には初市が開かれ、今年最初の「買うてくだ~」が鳴り響きました。


初市には干物や輪島塗、野菜などを販売する露店約50店が出店―――鮮魚を扱う露店は、漁が本格化する今月中旬から出店し始めるそうです。輪島市朝市組合によると、秋の観光シーズンの天候不順が響いたとみられ、昨2019年の入込客数は前年比8万人減の52万人だったそうです。

Img_0573

Img_0581

Img_0594(2017年9月9日撮影)

ご予約はこちら

2020年1月 5日 (日)

先日1月2日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に登録された「来訪神仮面・仮装の神々」の一つである「アマメハギ」が、輪島市門前町皆月(みなづき)地区と五十洲(いぎす)地区で行われました。

Photo_4

Photo_2©石川県観光連盟(アマメハギ



面を着けた男衆が家々を巡り、怠け心を戒めた―――「アマメ」とは、火鉢や囲炉裏に長く当たるとできる “火だこ” のことで、男衆はノミや金づちを打ち鳴らして「アマメを剥がす」と―――「親の言う事を聞くか?」と念を押されて「よい子でいます」「お利口になります」と泣きだす子も。

能登地区では輪島市の他、鳳珠郡能登町の4地区でも毎年2月3日に行われます。

Photo_5

Photo_6©輪島市(アマメハギ



ちなみに<1/3>……水木しげる原作の漫画『ゲゲゲの鬼太郎』にも「妖怪・あまめはぎ」は登場しています。

ちなみに<2/3>……2018年11月、ユネスコ無形文化遺産に登録された日本の来訪神行事は、「能登のアマメハギ」の他、

岩手県_吉浜のスネカ
宮城県_米川の水かぶり
秋田県_男鹿のナマハゲ
山形県_遊佐の小正月行事(アマハゲ)
佐賀県_見島のカセドリ
鹿児島県_甑島のトシドン
鹿児島県_薩摩硫黄島のメンドン
鹿児島県_悪石島のボゼ
沖縄県_宮古島のパーントゥ、の計10件。

Photo_7©輪島市(アマメハギ

ちなみに<3/3>……我が村の秋祭りにも「ベシャラ」と呼ばれるお面と装束を身にまとった男衆が登場します。恥ずかしながら「ベシャラ」という意味はよく分からず、昔からソウ呼ばれているので(〃 ̄∇ ̄) ―――由来は恐らく同じことだと思われます。

竹で出来たバチを打ち鳴らしながら、神輿や獅子舞とともに村内を練り歩きます。

Img_7934

Img_7907

ご予約はこちら

2020年1月 4日 (土)

志賀町高浜町~巌門を海岸沿いで結ぶ≪県道36号志賀富来線≫を走行していると―――千鳥ヶ浜休憩所から見下ろす日本海―――サーファーの姿。

Img_9199

Img_9117

Img_9201



ここはホテルから車で約4キロ、志賀町高浜町の【千鳥ヶ浜(ちどりがはま)海岸】です。

Img_9143



サーフィンのことは無知なので、このコンディションがどうなのか、よくわかりませんが、サーフィンを楽しむ姿をよく見かけます。

Img_9151

カッコイイ♪

Img_9130



先月25日に発表された「向こう3ヵ月の天候の見通し」では、この冬、海面水温が平年より3度前後高いそうですが....でも....寒そう(〃 ̄∇ ̄)

Img_9185



この砂浜は千里浜なぎさドライブウェイと同様の砂質なので、車でも走行可能....個人的には、陸上部の練習やマラソン大会で走った思い出の海(* ̄∇ ̄*)

Img_9207



右は北側、遠くに安部屋海岸_弁天島

Img_9116



ちなみに早春の爽やかな海―――青いっ!

Img_4402



ちなみに冬の大荒れの海―――白いっ!

Img_3483

ご予約はこちら

2020年1月 3日 (金)

先日12月16日未明に行われる予定だった気多大社の―――国重要無形民俗文化財「鵜祭(うまつり)」は、主役のウミウ「鵜様」が捕獲できず、神事は中止となってしまいました。

鵜様の動きで新年の吉凶を占う神事の中止は2年ぶり。奈良時代から続くとされ、近年では2012年・2014年・2017年も鵜様不在で神事が中止となっていました。

02©気多大社(鵜祭



ホテルから車で約20分、羽咋市の【気多大社】へ家族で初詣に行ってきました。

Img_9085



まずは例年通り、御守りを返納します。

Img_9079



参道へ戻り、「二の鳥居」をくぐって進みます。

Img_9081



手水舎は少々混雑していました。

Img_9084



神門でお祓いを受け―――

Img_9086



拝殿前でお賽銭をお供え―――

Img_9088



おみくじは―――子供たちは吉+吉+大吉でした。

Img_9090

Img_9092

Img_9097



境内社の菅原神社でも参拝し、家内安全を願う “御守り” を購入。

Img_9101

Img_9103



最後は子供たちのお待ちかね―――露店で “りんご飴” の購入。

Img_9108

Img_9113



この参道は海へと続きます―――遠くに石造の「一の鳥居」が見えます。

Img_9110

ご予約はこちら

2020年1月 2日 (木)

ホテルより車で約15分、羽咋市滝谷町の日蓮宗本山≪妙成寺≫で1月1日と2日の午前10時と午後2時、寒水大荒行が行われました。

Img_9069

Img_9033



荒行は国重要文化財「本堂」前で行われ、僧侶が冷水を浴びて身を清め―――下帯姿の僧侶5人が「水行肝門(すいぎょうかんもん)」を唱え、冷水が入った桶を繰り返し頭上に運んで水をかぶり、参拝者の幸せを祈願しました。

Img_9035_2

Img_90452_3

Img_9056



初詣に訪れた参拝者は手を合わせ、荒行を見守りました。

Img_9060

Img_9057



境内には約120基のボンボリが設置され、仁王門や五重塔、本堂などの周囲にはボンボリが彩りを添え、迎春ムードが漂っていました。

Img_9018

Img_9070



また、国重要文化財の「三光堂(さんこうどう)」では12月28日までに屋根の葺き替えが終わり、40年ぶりに新たな輝きを放っていました。

Img_9076

Img_2043

Img_2045



三光堂・本堂・祖師堂(そしどう)と―――伽藍が横一直線に並ぶ三堂並立(さんどうへいりつ)が特徴の境内で―――1623年に建立された三光堂には、日天(にってん)・月天(がってん)・明星天(みょうじょうてん)が安置されており、天下太平や加賀藩前田家の武運長久を願ったとされています。

Img_9023



なお、1月1日~3日は拝観無料で参拝できました。

Img_9066

ご予約はこちら