2021年6月19日 (土)

緑豊かな石動山(#^.^#)古きに思いをはせながら散策を♪

新型コロナウイルス感染拡大防止、及びお客様、並びに従業員の健康と安全確保のため、当ホテルでは6月の下記期間で全館休館を予定しております。休館の期間中はご宿泊、ご婚礼、レストラン、日帰り入浴利用などご利用いただけなくなります。皆様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

なお、休館期間中もお電話やFAX、またインターネット上での「予約、変更、キャンセル、その他お問い合わせ」などは承ります。お電話での問い合わせは【ホテル代表:0767-32-3111】にて、受付時間【午前10時~午後5時】で承っております。

3202261



また、休館日は変更となる場合がございますので、詳しくは公式HP(https://www.daiwaresort.jp/noto/)内の【ホテル休館のお知らせ】をご確認くださいませ。

ホテルの公式WEBサイトはコチラ♪

ホテルより車で約40分、標高565メートルの【石動山(せきどうざん)】は人里離れた、新緑や紅葉がとても美しい山。


詳しくは、中能登町が作成したパンフレット(https://www.town.nakanoto.ishikawa.jp/material/files/group/1/sekidousan.pdf)をご覧ください♪

Img_4149(2018年11月20日撮影)


Img_8300(2019年11月15日撮影)

巨木に囲まれ、緑の中に佇む【伊須流岐比古(いするぎひこ)神社】の拝殿から本殿横を抜けていくと、少し薄暗い‥‥大師堂跡の墓群、そして急に森が開けます。

五重塔の跡地には礎石だけが残ります。周囲のスギの木々を突き抜けるほどの五重塔がそびえていたであろう‥‥と、見上げながら、当時の様子を思い描きます。

Img_3660

Img_3659

Dsc_1768

Dsc_1770



跡地から林道へ戻る途中には『動字石』なるものが鎮座しております。

この石は別名「天漢石」と呼ばれ、「天より星落ちて、石となり、天漢石と号す」とあるように、天から降ってきた星が石と化した、そして山全体が揺れ動いたことから「石動」という名が付いた、とのこと。ただし、これは隕石ではなく、安山岩であることも案内板には記されています。

Dsc_1759(2017年7月6日撮影)

Img_8337(2019年11月15日撮影)

Img_8339

Img_8340(2019年11月15日撮影)





さて、林道・駐車場から山頂へ向かうと、山頂『大御前』や『石動山城跡』などへ向かえますが、さすがに軽装備では心もとないです。

熊はいない(そうです)が、せめて長袖長ズボン&ウォーキングブーツは必要です。

Img_3673

Dsc_1792

Dsc_1796_2

Dsc_1801(2017年7月6日撮影)

Img_1941(2017年11月18日撮影)



半袖&短パンでしたら無理せずに、山頂と反対側の『僧坊跡地』をのんびり散策してみてはいかがでしょうか。ただし、古井戸だけはくれぐれもお気を付けください。

Img_3664

Img_3666

Img_3665

Img_3668

Img_3670




なお、復元された『大宮坊』は無料で見学できますが、休場日(毎週火曜日、祝日などで変更あり)がありますのでお気を付けください。

Img_8352(2019年11月15日撮影)

Img_1931(2017年11月8日撮影)

Dsc_1783

Dsc_1784

Dsc_1785

Dsc_1790(2017年7月6日撮影)

「おっ!」と思う商品が見つかるかも…?

#石動山 #伊須流岐比古神社

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/606081/34233251

緑豊かな石動山(#^.^#)古きに思いをはせながら散策を♪を参照しているブログ: