2020年1月18日 (土)

家内安全・無病息災祈る≪面様年頭≫奇面訪れ(#^.^#)厄はらう

ただ今、当ホテルでは館内設備点検および改修工事に伴い≪休館≫させていただいております。

1月23日(木曜日)14:00から営業を再開させていただきますので、ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

Photo_9©輪島市(面様年頭――――――

さて‥‥先日1月14日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された厄除け神事「面様年頭(めんさまねんとう)」が、輪島市の輪島崎町と河井町で行われました。

奇面を着けた児童や大人が家々を回り、住民が家内安全・無病息災を祈りました。

輪島崎町では鳳至小学校の児童が≪輪島崎神社≫で「串柿(くしがき)」「女郎(じょろう)」と呼ばれる面を着け、お祓いを受けた後、町内約150軒を巡り―――14日は町内を山側から回る「おいで面様」が、20日は海側から回る「おかえり面様」が行われます。

Photo_10

Photo_11

©輪島市(面様年頭――――――


面様は無言のまま各家の玄関先へ向かい、榊の枝で戸をたたいて厄払いし、他の児童が「面様年頭」と叫んで来訪を告げます―――座敷へ上がると、神棚を背に座り、家の主人から新年のあいさつと初穂を受けました。

Photo_12

Photo_13

©輪島市(面様年頭――――――


河井町では、≪重蔵(じゅうぞう)神社≫で「串柿」「上臈(じょうろう)」と呼ばれる面を着けた大人4人がお祓いを受けた後、それぞれ介添人と住宅街を回り―――「面様年頭です」と声をかけて各家に入り、神棚の前で祝詞を奏上しました。


面様年頭は室町時代から伝わるとされ、2018年にユネスコの無形文化遺産に「能登のアマメハギ」の一つとして登録されました。

_©輪島市(重蔵神社_なでうさぎ


輪島前神社――――――

<住所> 石川県輪島市輪島崎町1-64


重蔵神社――――――

<住所> 石川県輪島市河井町68
<公式HP> https://juzo.or.jp/

ご予約はこちら

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/606081/34200464

家内安全・無病息災祈る≪面様年頭≫奇面訪れ(#^.^#)厄はらうを参照しているブログ: