2019年10月13日 (日)

冬の使者ハクチョウが飛来(#^.^#)邑知潟で羽休め

ホテルから車で約25分、羽咋市の邑知(おうち)潟に10月6日、今シーズン初めてコハクチョウ3羽が飛来したそうです。

邑知潟はかつてトキの生息地でもあり、越冬地として多くの冬鳥が羽を休めます。

初飛来は例年並み、とのこと。3月中下旬まで、コハクチョウやオオハクチョウのほか、カモやサギもウォッチングできますよ。

Img_2986

Img_2994

Img_3006邑知潟、2017年12月24日10時30分ごろ撮影

おすすめは午前中のなるべく早い時間帯、周辺の田畑などの餌場に飛び立つ姿がグループで見ることができます。日中は潟にほとんどいませんのでご注意を。

ホテル近くの田園地帯にも「食事」にお越しになっていますので、観察するときには近づきすぎないように。首を伸ばすと“警戒ポーズ”だそうです。

Img_5460邑知潟.2019年2月19日14時30分ごろ撮影

Img_5453羽咋市千路町.2019年2月19日14時30分ごろ撮影

Img_3480志賀町福野.2018年10月28日15時30分ごろ撮影

ご予約はこちら

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/606081/34192930

冬の使者ハクチョウが飛来(#^.^#)邑知潟で羽休めを参照しているブログ: