2019年8月30日 (金)

深紅の大枠旗が乱舞する【お熊甲祭】は9月20日開催(#^.^#)

国の重要無形民俗文化財に指定されている久麻加夫都阿良加志比古(くまかぶとあらかしひこ)神社の秋季例祭【お熊甲祭】は毎年9月20日に行われます。

高さ20メートルもの深紅の『枠旗(わくばた)』と、天狗面の『猿田彦』が印象的なお祭りで、能登を代表する伝統的祭礼のひとつ。

Photo



能登演劇堂のある七尾市中島町(ホテルから車で約20分)で、今年は9月20日(金)に開催されます。

3

久麻加夫都阿良加志比古神社は22地区にある末社19社の総本社。これら19末社から猿田彦が先導し、枠旗と神輿の行列が本社に集まって行う「寄り合い祭り」で、20人の猿田彦が乱舞する姿、独特なリズムのカネや太鼓、枠旗を地面すれすれまで傾ける「島田くずし」など、勇壮な神事行事です。

2

(写真提供:石川県観光連盟)

ご予約はこちら

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/606081/34189206

深紅の大枠旗が乱舞する【お熊甲祭】は9月20日開催(#^.^#)を参照しているブログ: