2018年12月26日 (水)

鵜様の出身地【鵜浦町】へ(#^.^#)半島にある半島をグルリと一周します

【能登半島】にある【崎山半島】は七尾市の北東端に位置し、県道246号線は【能登半島】にある【崎山半島】をグルリと回ります。
北陸電力・七尾大田火力発電所を過ぎてすぐ、七尾南湾が広がる景色。

Img_4506



和倉温泉街から能登島大橋

Img_4513



タンカーも...

Img_4512



そしてコチラは【寺島】という名の離れ小島...だと思うのですが、違うかもしれません(^^;)

【寺島】には、先述した≪こみみかわら版≫によると、『昔、真言密教の端禅寺というお寺があった』そうです。

Img_4511



コチラはおそらく【コキシ島】でしょうか?

Img_4510



景色を楽しみながら進むと、【蓮照(れんしょう)寺】というお寺。

Img_4499



イチョウの巨木が目に留まり、またもや寄り道。

Img_4503



立派な鐘楼も。

Img_4505



この道を右へ進むと【鵜浦(うのうら)町】へ。

Img_4498


『能登観音崎灯台』や『観音島』がよく紹介されますが、今回向かう事になった“キッカケ”は『鵜祭り』の頃になったからです。

Img_4481



鵜(う)祭りは、羽咋市の気多大社で毎年12月中旬にある神事で、「気多の鵜祭の習俗」として国重要無形民俗文化財に指定されました。祭りのニュースを目にすると、年末が近づいたことを実感します。

Img_4490



神前に放った鵜の動きで、翌年の吉凶を占うの神事ですが、その鵜は七尾市鵜浦町の鹿渡島地区で捕獲されます...という事で、やってきたのでした。

ご予約はこちら

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/606081/34163545

鵜様の出身地【鵜浦町】へ(#^.^#)半島にある半島をグルリと一周しますを参照しているブログ: