2022年3月の1件の記事

2022年3月19日 (土)

 皆さんこんにちわ。料飲部の田中ですwine 

 前回梅酒について書き込みをしましたが、今回は実際どんな料理と合わせたらおいしくいただくことができるかを考えたく思います。画像の中には私のインスタ映えしない料理も出てきますがご了承お願いします。

レストラン熊野灘では、普通の梅酒のほかにこんな梅酒を提供しています。

Img_5001

 和歌山県海南市の酒蔵の中野BC様の赤い梅酒です。こちらは赤しそのエキスを混ぜているので本格梅酒ではありませんがそのためか、

 色合いは少し紫がかった鮮やかで済んだ赤色で、香りは青梅の香りの中にスミレなどの紫色の花や赤しそを使っているだけに赤しそを思わせるハーブっぽい香りの中に野菜のような香りも感じられます。豊潤さというよりさわやかさを感じます。

 味わいは穏やかな中にもさわやかさがあり比較的甘み優しくさわやかな酸味がありさらにシソの葉を思わせる苦みがアクセントになっています。青梅やシソの葉や新鮮な野菜のような味わいが感じられる梅酒です。

 この梅酒は予約限定の日本酒のペアリングセットではスターターで小さいワイングラスに氷を一個入れて提供しています。この梅酒は甘みが控えめなのでスターター向きですね。

 この梅酒だったらやっぱり野菜を使った先付などと合わせたいですね。例えば紅白なますやワカサギの南蛮漬け等々会席の先付や食前酒でそれこそ小さいグラスにいれてくいっと飲む、といった楽しみ方がいいと思います。洋食だったらマリネした野菜を添えたサーモンマリネやベタですがバーニャカウダや梅ドレッシングを添えた野菜サラダもいいと思います。

 梅酒のペアリングの中で一番ネックになるのがその甘さ。カンパリやクレーム・ド・カシスのようなリキュールなので糖分を多く含むのでこの甘さを料理とどう調和させていくかがミソですね。

 お造りと合わせるなら甘味の少ないさらっとしたタイプのものをロックにするか標準タイプのものなら水割りにして甘みを抑えたほうがネタのうまみが引き立つと思います。醤油はたっぷりつけずに少しつけることをお勧めします。

 あとは薄造りだったら梅と昆布の味のついた煎り酒や弊社のホテルショップで販売しているこんなポン酢もいいと思います。

Img_4785_2

 煮物だったらこれはたまたまセミナーで出ていたレシピで作った大根とイカの煮物です。イカは甘さがあるので梅酒の甘さとも同調して少し濃いめの味付けでも会うと思います。ここではしょうがを加えて味わいにアクセントを加えています。ここではしょうがと一緒に煮ましたが針しょうがを天に添えてもいいと思います。ここではロックかお湯割りもいいと思います。

Img_4770

 パスタだったらトマトソースパスタがいいかなsign01 梅とトマトは全然異なるものですが酸味や甘味など共通するものを感じたので作ってみました。

 今回はペペロンチーノベースにフレッシュトマトを入れて火を入れたシンプルなアラビアータスタイルですが、唐辛子は使わないほうがよかったと思いました。

 トマトソースにするかフレッシュトマトを使うかは合わせる梅酒に合わせてアレンジするといいと思います。

Img_4799

Img_4783

  デザートとしてはあんぽ柿とクリームチーズを合わせたものなんかもいいですよ。飲み方は断然ロックかお湯割りですね。あんぽ柿でなくても干し柿でもいいと思います。

Img_4797

Img_4798

 弊社のホテルショップではこんなお菓子も売られておりこれも合うとおもいます。

Img_4782

 ペアリングのことを話すと止まらなくなり長くなってしまいました。

 今回例に出したものはあくまで私の直感で考えたものなので、これは違うだろうやこんなペアリングもあるよと言った意見もあると思うのでいろいろと考えながら飲んで食べてみるとまた違った楽しみ方があると思います。

 そこからも和歌山の梅酒の魅力を感じてほしいと思っています。

※20歳未満の方、お車等を運転される方への酒類のご提供は出来ません。

※写真はイメージです。

 

ご予約はこちら