2016年1月 5日 (火)

まぐトルくん

明けましておめでとうございますsun 料飲部のちゅうちゃんですhappy01

皆さま今年もどうぞ宜しくお願い申し上げますshine

1月3日にホテルで串本町成人式が行われました。

その時にかわいいゲストがお祝いにかけつけてくれましたので、

ご紹介いたします。この方です!

1451867031980_2 

見てのとおりですが(?)まぐろのまぐトルくんです!

まぐトルくんは串本町の新しいゆるキャラです。

なぜまぐろ??と思われた方にご説明いたしますと、

クロマグロは2002年、ここ串本町で世界で初めて完全養殖に成功しまた。

これを発端として串本町では町を挙げて育成マグロに力を入れていき、

広く知られるようになってきております。Photo_4

串本沖合の海で大切に育てられたこちらのクロマグロは約40kg!

串本沖で育てているクロマグロ(育成マグロ)には5つの特徴がありますscissors

①一年を通して安定供給ができる。

②一年を通して品質が安定している。

③鮮度が高い。

④トロの部分が多い。

⑤ヤケていない。Cimg4697

この串本沖で育てたクロマグロの赤身・中トロ・大トロを味わえる

新・ご当地グルメの「串本マグロしゃぶしゃぶ御膳」2,800円(サービス料・消費税込み)

は1日限定20食となっておりますので、事前のご予約をおすすめしております。

※お出ししてますクロマグロ(育成マグロ)は近畿大学水産研究所様のマグロではございません。Photo_5 

いつもちゅうちゃんのブログを読んで頂いてる方はご存知かと思いますが

ちゅうちゃんはまぐろが大好きlovely まぐトルくんに会えて大興奮ですhappy02

なぜまぐろなのかはご理解いただけたかと思いますが、

なぜまぐトルなのか?トルって何?と思った方にご説明しますと、

まぐトルくんの服をご覧ください。

1451867054921_2

トルコの民族衣装を着ています。そして真ん中の青い目玉はトルコのお守りの

ナザール・ボンジュックです。

そうです!トルとはトルコのことで串本町はトルコと友好の町なのです

なぜ串本町は9000キロも離れた遠い異国のトルコと友好の町になったのでしょうか?

それは125年前にさかのぼります。こちらのエルトゥールル号はトルコの軍艦で、1890年オスマントルコ帝国の使節団が来日し、明治天皇に拝謁した後帰国の途に就きましたが、大嵐にあい、和歌山県串本町沖で同号は座礁します。Cimg6783_2

オスマン・パシャ特派大使海軍少将以下650余名が、大海原に投げ出され、地元住民の献身的な救助活動で救助されたのは、わずか69名でした。

このエルトゥールル号の銅像はホテルの中庭にあります。昨年の日本・トルコ友好125周年の式典の際に、トルコ政府より串本町へ寄贈していただきました。Cimg7789

こちらはホテルからお車で約25分の大島樫野埼にあるトルコ軍艦遭難慰霊碑です。

今も5年ごとに式典が行われています。

エルトゥールル号の遭難の悲劇を機に、犠牲者の慰霊を通じて、串本町とトルコ国との

交流が始まり、友情と友好関係が現在まで続くことになります。Img_3845_

こちらを題材にした海難1890は昨年12月5日より公開しています。

あまり知られていない日本とトルコの友好の秘話をぜひ映画館でご覧ください。

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/606081/33701753

まぐトルくんを参照しているブログ: