2018年4月27日 (金)

おはようございます、フロントhanaoですnote

昨日に引き続き海洋公園でございますshine

展望台に上がりますと…

Dsc_17688

Dsc_177510この景色ですshineshineshine

日本のエーゲ海と呼ばれているのですが、この青と白のコントラストが本当にエーゲ海のようですね~

(知らんけどcatface

Dsc_17679お天気が良ければ四国・淡路島が見渡せます。

Dsc_1769_2↑遠く空を飛んでいるのがウミネコですchick

毎年3月から7月頃ウミネコの大群が飛んでいるようで、この日もたくさん見られましたeye

そしてヤギさん!!

Dsc_179412

Dsc_179513かわいいですねheart01ずっと草をモシャモシャ食べていましたcatface

Dsc_179614キレイな海をあとにして向かうはスヌーピー島〝正式名称 十九島(つるしま)〟へ。

Dsc_180015_2海洋公園から10分程走った所から見えるのですが、スヌーピーが寝そべっているように見える島です。

なんとも素敵な町でした♪

雄大な自然を体感できる由良町へ是非~up

白崎海洋公園までは当ホテルからお車で約2時間。

ご予約はこちら

2018年4月26日 (木)

おはようございます、フロントhanaoですnote

以前予約担当のおかぴ~もブログアップしておりましたが、ワタクシもずっと行きたかった

和歌山県日高郡由良町にございます〝白崎海洋公園〟に行って参りました!!

まずは腹ごしらえ(またcatface

海洋公園の中にあるレストラン、〝漁農レストランゆらら〟へ。

今月OPENしたそうな。

Dsc_17601地元の食材を使ったバイキングなのですが、釜揚げしらすはプレミア和歌山に認定された「魚政商店」さんのしらすを使われているそうですrestaurant

Dsc_17584天ぷら山盛りheart01

おいしゅうございました♪

そして店内がまたかわいく、廃校になった学校のものをリメイクされたそうです。しかもスタッフの方のDIYwrench

Dsc_17592懐かしい~!!

Dsc_1756

Dsc_17573

こちらのテーブルはなんと、跳び箱です!!

発想がすごいですねshine

腹ごしらえのあとは日本の渚百選に選ばれている海岸へ~

Dsc_17555

Dsc_17656公園全体が石灰岩で囲まれており、オートキャンプ場もあります。

Dsc_17667展望台に行くまでの景色もまた素晴らしい!!

Dsc_178211岩穴からの風景。

ここでいったんコマーシャル。続く…

Wakayamakushimoto_yoko_neh_180124

2018年4月25日 (水)
2018年4月24日 (火)

みなさまsign01こんにちは、予約課おかぴーですhappy01

実はわたくし、先日連休をいただきまして、家のお手伝いをしてきましたsign03

わたしの父は漁師をしており、この4月の上旬から中旬はひじき刈りをします。

小さいころはお小遣い稼ぎに手伝っておりましたが、就職してからは今年が初sign01

数年ぶりなので体力不足に不安をいだいておりましたcoldsweats01

そしてこちらがわたしの今回の相棒sign03

Photo_12

ででんsign03相棒の鎌ちゃんですheart04

軍手も鎌で手を切ったり、岩で傷つかないために必須の道具ですshine

他の漁もそうですが、ひじきも誰でも刈れるわけではなく、

漁協組合に加入している、正組合員と准組合員、正組合員と同世帯の者だけが刈れるのですsign03

おかぴー、恥ずかしながら実家暮らしでございますconfident

そんなことはさておき、いざ、しゅっぱーーーーつshipdash

Photo_16

2_4

初日は天気も良く、風も心地良い絶好のひじ刈り日和でしたlovely

口開け初日は開始時間が決まっており、組合員の号令で一斉に刈り始めます。

Jpg

こちらはおか家の大黒柱、おかぴー父でございます。

この写真ではまだ潮が満ちておりますが、これの潮が全部ひいていき

底が見えるくらいになります。

↑※実は初日刈るのに必死で、作業している写真をとりわすれたため

2日目の磯での写真です

おかぴーも家計がかかっておりますので、必死に刈りましたsign03

結果sign03

Photo_18

写真に入りきらないくらい刈りましたcatface

この黒い袋で約15キロ~20キロほどあります。海水を含んでいるのでかなり重たいですwobbly

またこれらを船に乗せて運ぶのが大変なんですsign03

皆で協力しながら一つひとつ運んでやっと地元へ帰還shine

しかし、まだ家には帰れません、天気がいいうちに乾かすのですsun

Photo_20

何度も干して、パリパリに乾くまで干すこの単純作業がしんどいですcrying

さあsign03苦労して干したひじきはああああsign02

1_2パリッパリです、この乾ききったひじき、めちゃめちゃ攻撃力あるんですpunch

素手で持つと針並みに刺さります。泣きそうなくらい痛いです。

ちなみにこの写真に写っているのはおかぴー母なのですが、母の手はめちゃめちゃ硬いです。

最終、ゴミを取ってわたしたちの仕事は終了です。

私たちの手を離れた後は綺麗に洗浄、異物除去をし皆様の知るひじきがあるのです。

もしかしたら、おかぴーが刈ったひじきが皆様のもとに届いているかもsmile

Wakayamakushimoto_yoko_neh_180124

2018年4月23日 (月)

皆様こんにちは、

ブライダル担当の柏木ですshine

本日は当ホテル1Fレストラン diamondソレイユdiamond にて開催されました

肉 Lunch Buffet  にお邪魔してきました!

開催日の21日・22日はたくさんのご予約を頂きまして、皆様ありがとうございましたheart01

Img_1830

Img_1829

大好評を頂いたため、一部のお客様にはご予約して頂けなかったりと

ご迷惑をお掛け致しまして誠に申し訳ございませんでした。

これからも様々な企画を予定しておりますので、またの機会にぜひご来館下さいませshine

さて、今回の肉ブッフェは、当ホテル20周年を記念し 感謝を込めて

20種類の肉料理をご用意致しました

一部ではございますが、お写真でご堪能下さいませconfidentrestaurant

当ホテル 洋食料理長 が心を込めて調理します…diamond

Img_1785_2

Img_1790_3

Img_1788_2

まだまだ  、  … 

 

Img_3494

Img_3497

Img_3510

Img_3495

Img_3520

Img_3499

Img_1803_4

Img_1815

Img_1794_2

Img_1818_3

いかがでしょうsign02

美味しそうすぎて

撮影しているのがつらかったです…weeprestaurant

一部ですがお楽しみいただけましたでしょうかconfidentheart02

今回に限らず、20周年を記念したランチ和食会席・洋食コース宴会

様々なプランをご用意しておりますconfident

今回ご参加頂けなかった方も、もちろんご参加頂いた方も

ぜひまた当ホテル Hotel & Resorts WAKAYAMA-KUSHIMOTO へお越しくださいませshine

スタッフ一同、心よりお待ちしておりますconfidentdiamond

Img_1825

2_3

Photo_10

2018年4月20日 (金)

みなさん、こんにちは。

和食担当の宇野です。

今回紹介しますのは、春の献立から、カサゴ唐揚げ野菜餡かけと海老のフレークあげです。

Dsc_0371

カサゴの唐揚げには竹の子、木耳、せり、わらびなどを入れた餡をかけ、さくら麩を飾ってます。

Dsc_0373

海老のフレーク揚げは紅葉おろしを天盛りして出汁をかけた揚げ出しにしています。

機会があれば、ぜひお越し頂き、お試し下さいませ。

*料理内容等は都合により変わる場合がございます。

*器、演出等はイメージです。

Wakayamakushimoto_yoko_neh_180124

2018年4月19日 (木)

皆さんこんにち ワ ❢ 愉快な釣り仲間の船長です。

私の最近の釣果は、丸坊主ばかりでなかなかブログにUPできません。(ガーーン)

ということで、今回も町内の観光スポット⁉を紹介したいと思います。

当ホテル向側の紀伊大島の山、標高116.9mの金山です。Photo_3こちらは金山登山口入口です。

Photo_4ちゃんと駐車場もあります。

登山道入り口から展望台まで、通常歩行で10分から15分ほどです。

運動不足の方は、少し息が上がるかもしれません。

実際のところ、私は息が上がりました。運動不足を痛感しました。)

Photo_5

最初の階段を上ったところです。コンクリートの階段が続きます。

Photo_6

コンクリートの階段が終わると擬木の階段が続きます。

Photo_7

Photo_8

自然石の階段は歩幅に合わず歩きにくいかもしれません。

Photo_9

登山道の途中岩肌の上を通行することになります。

足元注意❢ですネ

Photo_10

登山道の途中岩肌を上ると凸凹岩の下り坂が続きます。

ゆっくり歩いてくださいネ

足元を気にしながら進むと、両サイドの木々の中から鳥のサエズリが聞こえます。

この日は、鶯の「ホー ホケキョ」と何度も聞こえました。

その他にも聞こえましたが、鶯の鳴き声がとても印象に残りました。

Photo_11

木枝のトンネルを進んでいく途中に、視界が開けるところがあります。そこから見渡すと

このような景観が見れます。

Photo_12

右に目を向けると当ホテルが現れました。

しばしの休憩を終え、再び歩を進めると二股に分かれた道が現れ、左をのぞき込むと

第一展望台が現れました。

Photo_13

前方左が第一展望台で、直進すると第二展望台へと向います。

Photo_14

第一展望台の風景です。木製のテーブルと椅子があります。

Photo_15

第一展望台の奥からの景観です。

木のトンネルが途切れたところからの景観と殆んど変わりませんが、

見える範囲が広がりました。写真撮り終え、第二展望台へと向かいます。

Photo_16

第一展望台から数分で第二展望台へつきました。

第一展望台より広く、景色の見える範囲も広がりました。

Photo_17

展望台右側からの景観です。

名勝【橋杭岩】の裏側がバッチリ見えます。

国道42号線からはなかなか見ることが出来ない景観です。

Photo_18

第二展望台から登山道を奥へ進む途中、岩がせり出した空間が現れたので、

勇気を出して覗いてみることにしました。

Photo_19

第二展望台からの景観とほぼ同じですが、見える角度が微妙に違ってました。

(写真左側には、当ホテルの建物が・・・)

第二展望台と裏橋杭岩をあとにして、第三展望台へやってきました。

Photo_20

ここは、展望台というより休憩所のような感じです。

周囲が木々に囲まれ鳥の声が聞こえるので、ゆっくりと休憩するところかもしれません。

帰路も同じ道をエッチラ、オッチラ歩を進めてゆっくり戻りました。

帰りは行きよりも楽に歩くことができたように思います。

往復30分程と、ゆっくり休憩をして景観を楽しんでも1時間程度の行程でした。

これからの時期、南紀串本においでになられたら、一度チャレンジしてみてはいかがで

しょうか。金山登山口駐車場まで当ホテルから、お車で約15分から20分ほどです。

串本ロイヤルホテルは、今月4月1日より Hotel & Resorts WAKAYAMA KUSHIMOTO(ホテル&リゾーツ 和歌山 串本)に名称を変更いたしました。

スタッフ一同新たな気持ちで皆様のお越しをお待ちしております。

これからは、行楽にとてもあった気候となりますのでぜひお越しいただき、

南紀串本を満喫して見てください。

次回は、大物を釣り上げてブログにUPしたい愉快な釣り仲間の船長でした。

Wakayamakushimoto_yoko_neh_180124_2

2018年4月18日 (水)

こんにちわhappy01ショップのSですsun

今年も文旦、セミノールの美味しい季節がやってきました。

Dsc_0137

文旦 

樹上で完熟させ、味わいが良くなった時に収穫し、ジューシーな味わいです。

セミノール

樹上でぎりぎりまで置く事ことで皮がむきやすい状態に育て、果汁たっぷりで濃厚な味わいです。

ランチの帰りに是非、お立ち寄りください。

ショッピングプラザ

営業時間 7:00~21:00

Wakayamakushimoto_yoko_neh_180124

2018年4月17日 (火)

おはようございますsun

ブライダル担当の松田ですpigfastfoodshine

~宣伝~

半期に一度の、ブライダルフェア開催決定ですsign01

5月27日(日)11:00~受付開始

詳しくは、ブライダルホームページをご覧くださいsign03

豪華!婚礼料理無料試食はまだご予約承れますflair

お電話お待ちしておりますheart01

話は変わり、

ブライダルも春らしい素敵なコーディネートshine

Img_8473

この優しい色合いが、花嫁をグッと引き立てますhappy02heart01

Img_8479

ゲストテーブルも素敵にコーディネート致しますsign01

何でもお任せくださーいwinknote

Wakayamakushimoto_yoko_neh_180124_2

2018年4月16日 (月)

 皆さんこんにちわ。料飲部のグルマンサト子ですwine。ここ串本に来て早半年が過ぎました。仕事もこちらの生活もようやく慣れてきたところですが、初めての地に来て一番の楽しみは地元のおいしいお店の開拓ですrestaurant。という事で今回はどうしても行ってみたかったお店に行ってみました。

Img_3818

 そのお店の名前は「山伏そば 拝庵」さんです。その名の通り本物の山伏の方がやっているんですよ。

 場所は熊野本宮大社から車で10分ほどの伏拝王子の近くです。

Img_3822

 周りはこんなロケーションです。本当に民家もまばらで、車で行く道ば細いし坂が多いしどこ走ってるのかわからないし、行くまでが大変でした。

Img_3821

 そしてようやく着いて、門の前ではかわいい看板娘(息子かも知れませんが)dogがお出迎えです。

 案内されたテーブルの上にはメニューと一緒にこのようなものが。

Img_3810

 やっぱり普通のお店とは違う魅力を感じます。

 サト子がオーダーしたものは、天婦羅盛り合わせと山伏そばです。

 先に突き出しが出てきました。

Img_3809

 左のものが山菜のお浸しに実山椒をのせたもので、右のものはそばを揚げたものです。これを味わうだけでもボルテージが上がってきます。

Img_3814

 このほうじ茶🍵な、な、な、なーんと自家製なのです。この周辺地域は急斜面を利用して茶の栽培をしているんです。このほうじ茶香りもよくて優しい味わいで本当においしいんです。事実お茶のお替りばかりするお客様の多いのだとか。

 そうこうしているうちに天婦羅盛り合わせが出てきました。

Img_3813

 桜エビと筍の掻き揚げはありましたが、基本は山菜の天婦羅です。塩味がついているのでそのまま何もつけずにいただきました。旬の素材を楽しむにはもってこいの食べ方です。ワインだったら白の辛口のリースリングと合わせたいところですが、車で来たのでそうはイカの天婦羅ですね。

 そしてメインの山伏そばです。

Img_3816

 付け合わせが塩と辛み大根、味噌がありますが食べ方に関してもきちんと書いてくれています。

Img_3817

 そばをそのままや塩のみで食べるのも不思議ですがそば本来の味を楽しむことが出来ます。そばはそば独特の土っぽさが少なくてお店の名前の割に洗練された感じがしました。

 そしてそばつゆに味噌を入れるというのも初めてのことですが、この味噌を入れることで辛めのつゆに甘みとコクが加わることによって新たな味わいが楽しめて最後まで楽しむことが出来ました。

 あまりにもおいしかったのでそばをもう一枚お代わりをしようと思いましたが、おいしいものはほどほどに楽しむのが一番ですよね。

 

Img_3825

 行きしなは気づかなかったのですが、帰りに見ると小さいなりに茶畑がありました。

 こういう秘境蕎麦屋さんが和歌山県にもあることが一番のお驚きです。

 あとこちらのお店ですが、基本営業は土、日、祝日で平日の月曜日から木曜日は完全予約制ですので、平日行く場合は4.5人で行く方がお店にとってもいいと思いますのでそれをお勧めします。

 マグロをはじめシーフードや熊野牛だけではない和歌山の食を見つけてみてはいかがでしょうか。

Wakayamakushimoto_yoko_neh_180124_3