2020年12月の4件の記事

2020年12月31日 (木)

皆様こんにちは、WEB担当ふゆネピです(/・ω・)/

本日はTHE KASHIHARAのイベントをご紹介sign03

2021年1月1日(金)15時より

『奈良みやげ物産展』を開催致しますshine

ショッピングプラザ店長オススメの奈良みやげを集めさせていただきましたhappy02

定番のお土産物はもちろん、『蘇やねん』『奈良鹿ないカレーギフトセット』『柿もなか』等

奈良にしかないユニークな品々もご用意しておりますheart01

また、奈良県の地酒を集めた『奈良の地酒販売会』も行います。

お好みの品を探してみてはいかがでしょうかwink

P1016699

『奈良みやげ物産展』は1月1日(金)~3日(日)15時~20時の3日間開催sign03

ご興味の方はぜひお越しくださいませconfident

shineお問い合わせはコチラshine

telephone0744-28-6636(受付時間 9:00~18:00)

shineホテル公式オンラインショップ【りぞけっと】shine

オススメの奈良みやげをご紹介しております!

ぜひご参照くださいまで

flairりぞけっとはコチラ

皆様のお越しをお待ちしておりますsmile

※写真は昨年のイメージです。

※20歳未満の方、お車等を運転される方への酒類のご提供は出来ません。


ご予約はこちら

2020年12月25日 (金)

今日はクリスマス、皆さま如何お過ごしでしょうか。

今年も残すところあと僅かとなりました。

ロビーのクリスマスツリーも今日まで、これから一気にお正月の装いとなります。

Img_20201222_130134

去年の暖冬とはうって変わり、全国的に寒い冬となっていますが、

ここ奈良も時折、小雪がちらつく寒さです。

Img_20201217_134232

世界遺産ともなっている『春日大社』の壱の鳥居

12月17日、奈良に本格的な冬の訪れを告げる、『おん祭り』お渡り式が行われました。

平安時代、1136年に時の関白藤原忠通によって始められ、

現在まで一度も途切れる事なく『おん祭り』

コロナ禍の今年は、大幅な規模の縮小となり、平安から江戸までの時代装束を身につけた時代行列も、

今年は関係者のみで執り行われました。

今回は、師走の奈良の伝統行事とその風景をお届け致します。

Dsc07567

Dsc07521

Dsc07484

地元では『おん祭り』で親しまれ、『おん祭りには雪が降る』と言い伝えられていますが、

今年は、言い伝えどおり、それまでの暖かさから一転、寒波がやってきました。

正式には『春日若宮おん祭り』

15日の大宿所祭、16日の宵宮祭を経て、今回写真でご紹介する、

17日のお渡り式では、お旅所で古式に則り神楽や舞楽、細男、田楽、猿楽など

古典芸能の奉納が行われました。

Dsc07496

Dsc07501

春日大社を含む奈良公園一帯は、言ってみれば鹿さんのお家。

いつものように、どんぐりを食べに行った小鹿が、驚いてお旅所から飛び出しきてきました。

そのあと、外で心配して待っていた母鹿が、寄り添う姿が印象的でした。

Dsc07445

Dsc07456

奈良興福寺の南円堂

そのすぐ脇にある金柑の木、”金冠”とも書き、縁起がいい食材のひとつ

おせち料理やお正月飾りには欠かせませんね。

奈良の寺々でもお正月の準備が進みます。

1月に見頃を迎えるスイセンの花が、ちらほら咲きはじめた奈良です。

Dsc02608

Dsc02977


ご予約はこちら

2020年12月11日 (金)

皆様こんにちは。

ここ数日は、風もなく穏やかな晴天が続いています。

シリーズでお届けしている、奈良のすぐお隣、京都府の南山城。

その穏やかな天気のおかげか、遅めに見頃をむかえる南山城の紅葉の見頃はまだ続いています。

今シーズン最後となります紅葉の風景の最終回は、

以前に当公式ブログでもご紹介した、

笠置寺をはじめ聖武天皇の足跡を巡る

ツアーの行程にも含まれる『恭仁京(くにきょう)跡』と、

恭仁京跡からすぐ近くの、国宝の五重塔が美しい、

『海住山寺(かいじゅうせんじ)』の紅葉の風景をお届けします。

1

2

Img_20201206_133708_2

聖武天皇が平城京から、木津川のほとりの恭仁京に都を遷し、

更に数年で、今の滋賀県信楽の紫香楽宮に都が遷るまでの間、

我が国の都となったこの地。

いまは、大極殿やその後に置かれた山城国分寺跡の礎石が、

わずかにいにしえの面影を今に伝えます。

大仏や都の造営をはじめ多くの人と、物資の輸送を担った木津川、

今でも変わらず日本の原風景を静かに流れていきます。

Img_20201206_151319

気付けば、もう師走。

街もクリスマスや、冬のイルミネーションの明かりが灯るようになりました。

世間では紅葉情報も見納めになってしまいましたが、

まだ見頃のお寺がまだ残っています。

今週末までは、まだ楽しめそうです。

今年、行きたいけど行けなかった…という方。

まだ大丈夫です。

Img_20201206_144642

7

海住山寺は、京都府木津川市加茂町にある真言宗智山派の仏教寺院。

ご本尊は十一面観音菩薩。

恭仁京跡を見下ろす三上山中腹に位置し、本堂、五重塔などの伽藍を有するお寺です。

2枚目の写真は、恭仁京跡から海住山寺へ登る参道から見た景色。

ちょうど中央の林の辺りが大極殿のあったところ。

かつて聖武天皇が新しい都の姿を思い描いた

いにしえの都の景色です。

5

6

8

9

1月23日に京都駅を出発する、新潮講座共同企画ツアー

【歴史作家・関 裕二先生と行く】天武天皇と聖武天皇~夢を追った男たち~万葉の世界を巡ぐる旅

既にほぼ満席で残り僅かです。

お早めのお申し込みをお待ちしております。


ご予約はこちら

2020年12月 2日 (水)

皆様こんにちは!

先日に引き続き、橿原市×日本旅行ツアーのご紹介ですhappy01

___11241

___11242

絶景プロデューサー「詩歩」さんと一緒に、

フォトジェニックなスポットを求めて奈良県橿原・飛鳥地区を始め県内を巡ります!

カメラをお持ちでなくても、スマホやタブレットをお持ちであればOKcamera

どなたでもお楽しみいただける内容になっておりますshine

下記日程お申し込み受付中sign01

・12月18日(金)2泊3日

・1月22日(金)2泊3日

興味がわかれた方、ぜひお申込みしてはいかがでしょうかhappy01

※満席になり次第、受付終了となります。

shineご予約・お問い合わせはコチラshine

株式会社日本旅行 奈良支店

telephone0742-26-7225(代表)

mailkofuntour_nara@nta.co.jp

【受付時間[平日]10:00~18:00(土日祝休)】

※13:00~14:00は昼休み休業とさせていただいております。

flairツアーの詳細はコチラ!

皆様のお越しを心よりお待ちしておりますhappy01

ご予約はこちら