2020年5月の3件の記事

2020年5月17日 (日)

これまでの過去のアーカイブから『青い花』をひとつの花束にして、

皆様にエールを送りたいと思います。

3

奈良県明日香村 飛鳥寺

矢車草(ヤグルマソウ)

6

奈良市 国営平城宮跡歴史公園

パンジー

7

奈良市 国営平城宮跡歴史公園

勿忘草(ワスレナグサ)

Recv

奈良市 元興寺

ダッチアイリス

B1

奈良県桜井市 長谷寺

紫陽花(アジサイ)

8

奈良県吉野町 吉野山

シャガ(コチョウカ)

Bl6_2

奈良県広陵町 県営馬見丘陵公園

ルピナス

Blbb

奈良県広陵町 県営馬見丘陵公園

ネモフィラ

Bl9

奈良市 仁徳天皇皇后磐之媛命 平城坂上稜

アヤメ


ご予約はこちら

2020年5月11日 (月)

皆様こんにちは。

ゴールデンウイークが終わっても、まだまだ府県をまたぐ移動の自粛やの要請や、

大小の規模を問わず店舗によっては、営業休止が続いている奈良県内です。

そして当ホテルも5月14日まで全館休業をさせていただいております。

当初はゴールデンウイークには新型コロナウィルスも収まっているだろう・・との予測もあり

当ホテルに泊まって奈良旅を楽しみにしていた方もいらっしゃった事と思います。

現実には旅行はおろか外出する事もままならない感じではありますが・・

そこで今回は、家にいながら少しでも奈良旅の気分を味わっていただこうと思い、ステイホームなので

過去の写真ではありますが、ちょうど今の時期にぴったりの、とっておき絶景写真で、

5月の奈良を写真で旅していただければと思います。

T1

T2

海のない奈良県

大きな水辺に行くとなぜか気持ちが高揚します。

ここは奈良市の平城宮跡の北側の水上池。

平城宮跡の周囲は大小様々な池や、堀に水をめぐらせた古墳が点在し、

毎年この時期は、つつじが美しく赤やピンクの花を咲かせています。

風のない天気のいい早朝、水面に空が映し出され

つつじの鮮やかな赤が色を添えます。

5月10日は『母の日』

本当はカーネーションと言いたいところですが・・

今回はカーネーションと同じ、赤やピンクの花でそろえてみました。

Ty

T52

T6

平城宮跡公園内の大極殿、朱雀門、朱色が印象的な建物ですが、

冬の椿と春のつつじの季節は、さらに華(花)の赤が朱色の建物を引き立て、

満開のつつじの花咲く海に、赤い遣唐使船が浮かびます・・

T7

T8

平城宮跡を横切る近鉄奈良線を、新型特急の『火の鳥』が通過します。

画像は3月上旬の試験走行中の様子

『火の鳥』は主に大阪と名古屋を結ぶ路線で走っているようです。

当ホテルへは火の鳥も停車する大和八木駅から乗り換えてすぐですよ。

新型コロナウィルスが終息したら、

こんなかっこいい特急列車で旅行に行きたいですね。

Vv

いかがでしたでしょうか?

なかなか外にも出られず、ちょっとストレスを感じることが多くなる昨今

いつもの年とは違う『母の日』になってしまいましたが、

毎日がんばっているお母さんが、

ほんの少しでも、旅気分が味わえたと思っていただけたら幸いです。

T3


ご予約はこちら

2020年5月 3日 (日)

皆様こんにちは・・いかがお過ごしでしょうか。

奈良の大仏で有名な東大寺は、普段は世界中から多くの拝観者が訪れるお寺で、

修学旅行で行かれた方も多いのではないでしょうか。

その東大寺さんも、4月24日から5月31日の間は大仏殿内の拝観が中止され、

中門からの拝観となりました。

そのような中、4月1日から毎日12時に新型コロナウィルス感染症の早期終息と罹患者の早期回復、

亡くなられた方への供養の祈りが捧げられています。

今回は東大寺さんの新型コロナウィルス終息と国家安寧の祈りをお伝えします。

A

普段は閉まっている中門が、大仏殿内への拝観中止の期間は8時30分から16時まで開放されています。

また、特別な日にしか開く事のない大仏殿の『観相窓』が開けられ、遠くからではありますが、

大仏様のお顔を拝することができます。

B_2

3

1_3

12時、静寂につつまれた中、大仏殿本殿から読経の声が聞こえてくると、

それに合わせて地元の方が手を合わせ祈りを捧げます。

Dsc04829

5

観相窓は大仏様が外の世界を見るための窓

大仏様のお顔は写真では分りづらいので、以前ではありますが、

夜間に観相窓が開けられた折りの写真をご覧いただきたいと思います。

奈良の大仏は、奈良時代に聖武天皇が仏教の力で、動物も植物も共に栄えるようにと願い、

国民に呼びかけて造営されました。

当時の背景には、相次ぐ飢饉や戦乱そして、天然痘ウィルスによる感染症により、

奈良の都でも平民や貴族、身分に関係なく多くの命が失われた・・そのような時代でした。

7

東大寺さんの北西の入り口にあたる『転害門』(てがいもん)

転害門の名前については諸説あるようですが、いち日も早くコロナウィルス感染症の害が転じ、

世界が平穏に戻りますよう、ここ奈良から祈りを込めてお届けさせていただきます。

6

C

8


ご予約はこちら