2019年6月 2日 (日)

新緑が眩しい大台ケ原です

今回は、日本100名山のひとつにも数えられる奈良県を代表する山、大台ケ原をご紹介しますsign01

大台ケ原は奈良県と三重県にまたがる紀伊山地に位置し、国内でも最も雨の多い地域なのですが、

訪れた日は何と雲一つない青空で、最高の登山日和でしたsun

Oodai_1

Oodai_2

大台ケ原は、登山初心者の方でも登山道や木道が整備されていて安心して登れる山だと思います。

山頂付近は立ち枯れた木々が、一種の造形物のような風景が広がっているのが特徴で、この日は眼下に

三重県側の熊野灘がを見ることができました。空気が澄んで条件が整えば遠く富士山も見ることができるとか。

Umi

これから夏山シーズンを迎えますが、5月下旬は木々の新緑が眩しく、シャクナゲの花がとても美しく咲いていました。

Oodai_youmyaku

Oodai3_shakunage

Happa

新緑の季節は、葉の葉脈さえも見えて、とにかく美しいですよ。

大台ケ原の見どころとして忘れてはいけないのが、『大蛇嵓』(だいじゃぐら)

絶景スポットではありますが、鎖で囲われた岩場で、とにかく最初は誰でも尻込みしたくなる....

そんな場所です。

Daijyaguraz

Oodai_daijyagura

Photo_2

晴れわたる空。澄んだ空気。どこまでも連なる山々。

誰もがまた来たいと思える風景ですよ!

当ホテルから大台ケ原へは車で約2時間。

シーズン中は電車とバスを乗り継いで行くこともできます。

ただ、夏山は天候の急変もよくある事。また山頂付近は強い風が吹き抜けます。

十分な準備と余裕のあるスケジュールで登山を楽しんで下さいね。

ご予約はこちら

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/606081/34180482

新緑が眩しい大台ケ原ですを参照しているブログ: