2017年6月の24件の記事

2017年6月30日 (金)
2017年6月28日 (水)

こんにちわhappy01

長く続いた空梅雨から一転、本格的な梅雨が始まりましたねsnail

洗濯物t-shirtは乾きにくい季節ですが・・・

この時期限定、しっとりと雨の中rainお散歩しながらお花見はいかがでしょうか?

「雨が似合う花」として有名な紫陽花と菖蒲、今日は「二見しょうぶロマンの森」をご紹介させて頂きますhappy01shine

残念ながら(?)今回は晴れていたので「しっとり感」のムードが無いのですが・・・晴れてもオススメの場所ですヨcoldsweats01

Img_0430

広い敷地内の整備された歩道をお散歩しながら、色とりどりの菖蒲の花が楽しめますnote

Img_0418

品種も色々楽しめますよwinkheart04

『伊勢系』もあるんですね~eyeshine

Img_0425

「二見しょうぶロマンの森」は、ホテルから車で約45分。

夫婦岩や二見シーパラダイスがある二見地区にあります。

パールロードから行ったら、鳥羽展望台で紫陽花も綺麗に咲いてましたhappy01(こちらも今回は残念ながら「しっとりムード」は味わえなかったのですが・・・sweat02

Img_0410

電車でお越しの方はJR松下駅から徒歩7分、もしくは鳥羽駅からCANバスでも便利ですshine

民話の駅「蘇民」さんにありますので、是非お散歩がてら行ってみてくださいねnote

【民話の駅「蘇民」】

住所:三重県伊勢市二見町松下1335

電話:0596-44-1000

営業時間:9:00AM~6:00PM(11月~3月は5:00PMまで)

ご予約はこちら

2017年6月26日 (月)

皆様こんにちわ、料飲部のやまもーです。ここ最近天候があまりよくなくどんよりした空が続いています。先日運動がてら伊勢神宮まで参拝に行ってきました。特に目的もなく「そうだ京都に行こう」的なノリで行ってきました。そうすると偶然、外宮(げくう)にて神馬に出会える事ができましたup

A654d1a9f3394137a02d9c340f095f4d

白い毛並みが美しく優雅な姿ではありませんかsign02

この馬は「神馬」と呼ばれており、伊勢神宮に皇室から贈られた馬で、この日出逢った神馬の名前は「笑智号」でした。※神馬は外宮、内宮にそれぞれ2頭います。

伊勢神宮の神馬たちは、毎月・1日、11日、21日、には伊勢神宮にお参りにくるのですが御厩(みうまや)で休んでいる神馬を見学できる時間は午後1時~午後3時の時間帯なら会えることができます。が内宮の神馬は不定期だそうですsweat02ちなみにこの日私も内宮に行きましたが神馬には会えませんでしたdown

内宮の神馬たちに出会えることができれば、幸運が訪れるとも言われるぐらいなのでなかなか難しいかもしれませんね。

次、内宮の神馬に会えたら又、ブログにて報告させて頂きます(笑)

2017年6月25日 (日)

うに子です。

先日のお休みを利用して、パールロードの途中にある

『みのなる森 とこよの郷』

に行ってきましたhappy01

当ホテルから、車で約10分。

Img_1264

園内では、予約をするとブルーベリーの摘み取り体験ができます。

またカフェも併設されていて、ブルーベリースムージーやフラッペなどをいただけますdelicious

Img_1273

冷たくておいしいheart01

思った以上にブルーベリーが甘くて幸せな気分になれましたlovely

Img_1268かわいい池もありましたhappy01

眺めも良いのでドライブがてらお出かけになってはいかがでしょうか?

『みのなる森 とこよの郷』

営業時間 10:00~16:00

定休日  火曜日・水曜日

営業期間は6月11日~8月末頃までです。

うに子でした。

2017年6月24日 (土)

梅雨時期になり、ホテルに色々な花が咲いてきましたtulip

1498267469024

梅雨時期に咲く アジサイの花が綺麗に咲いていますよhappy01

今年は雨が少ないので、花が少しかわいそうですtulip

1498267417053

ディゴの花が咲いています、赤い濃い色が印象に残りますtulip

これからホテルの敷地内に色々な花が咲いてきますup

是非、お越しの際は、ホテルの周りを歩いたら、綺麗な花に出会えるかもtulip

eyeglassのしげやんでしたhappy01

ご予約はこちら

2017年6月23日 (金)

こんにちわhappy01購買のマリンですnote

6/24国指定の重要無形民俗文化財「磯部の御神田(おみた)」が開催されます。

踊込み唄に「昔真名鶴磯部の千田に稲穂落としたそのまつり」とあるように

磯部の鶴の穂落としの故事によるものです。

遥かその昔より行われているものですが、現在の姿になったのは

平安時代の末頃から鎌倉時代のはじめ頃といわれています。

S2

S2_2

S2_3

開催日 平成29年6月24日(土)午前11時20分から竹取神事

開催場所 伊雑宮周辺

住所 磯部町上之郷374

2017年6月22日 (木)
2017年6月21日 (水)

皆さまこんにちわhappy01

段々と暑くなってきましたねsun

そんな時に食べたくなるのが、かき氷ですsign03

Dsc_0049

かき氷は専門店があるほど、色々な種類がありますshine

皆さまも一度、かき氷めぐりに行かれてはいかがでしょうかsign02

それでは経理総務のやまもんでしたhappy01

ご予約はこちら

2017年6月20日 (火)

皆さまこんにちは。フロント担当二児のパパです。この2、3日かなり暑かったです。sun

梅雨入りしたものの雨が降らないですねー。happy01 水曜日には、降りそうですが.....。sprinkle

Img_20170619_193739jpg

さて、毎年6月24日に地元志摩市磯部町上之郷(かみのごう)の伊雑宮(伊勢神宮内宮の別宮)の御料田で御田植祭が執り行われます。(千葉の香取神社、大阪の住吉大社と日本三大御田植祭の1つに数えられています。) 今年は土曜日です。

地元 磯部町にとって、年に一度の大事なお祭りですが、国の重要無形民俗文化財にも指定されております。 お祭りの内容をご紹介いたします。

勇壮な男達が、大きな団扇のついた忌竹(いみだけ)を奪い合う竹取神事、古式ゆかしい装束に身を包んだ太鼓打ちや簓摺(ささらすり)らによる田楽が響き渡る中、白い着物に赤いたすきがけをした早乙女たちによって、厳かに行われる御田植神事、その後、一の鳥居に向けて行われる踊り込みと、祭りはいくつもの情景をみせてくれます。

この神事が現在の形になったのは平安時代末期か鎌倉時代初めと伝えられており、太古より脈々と受け継がれてきた伝統と歴史の積み重ねに生まれた、荘厳な時代絵巻が繰り広げられます。(写真は、神事が執り行われる前の御料田を写したものです。)

Pic0000e0jpg

ホテルから伊雑宮までお車で約10分少々の距離ですが、祭り当日は駐車場が少なく、見物客でかなり賑わいます。近鉄上之郷駅(特急は止まりません)から徒歩約3分ですので、近鉄志摩磯部駅から、普通電車trainで行かれるのをおすすめいたします。伊雑宮にも是非参拝されてみてはいかがでしょうか。

それから、伊雑宮への参道には、お祭りらしく幾つもの出店の屋台があり、美味しい食べ物等が販売されていますので、お子様には特におすすめです。私は、鶏の唐揚げとハニーカステラが好きですね。happy01

看板のスケジュールは、以前のものです。(あくまでも参考としてくださいね。)

ご予約はこちら

2017年6月19日 (月)

みなさんこんにちわhappy01購買のマリンですhappy01

もう6月に入り梅雨入りしましたが、晴れの日が続いていますね。

志摩市の波切の大慈寺さんは「あじさい」が有名なんですhappy02

S2_2「大慈寺」というお寺は九鬼水軍波切丸の大将川面右近とその臣下の強者が

ひっそり眠るお寺だそうです。

6月には境内に1500株のあじさいが咲き乱れることから「志摩のあじさい寺」

と呼ばれていますhappy02

S2_4

場所は大王町波切409

「大慈寺」