全国24ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

航空自衛隊浜松広報館エアーパークとは?航空ショーや飛行体験が魅力

2022-12-28

ブルーインパルスや航空自衛隊員のフライトスーツなど、普段間近で見られないショーや展示物を感じられる、「航空自衛隊浜松広報館エアーパーク」。

本記事では、老若男女問わず幅広い世代が楽しめる、航空自衛隊浜松広報館エアーパークの魅力や見どころを紹介します。浜松市内での観光を検討している方は、こちらを参考にしてみてください。

画像提供:航空自衛隊浜名湖エアーパーク

無料で1日パイロット体験!航空自衛隊浜松広報官エアーパーク

「航空自衛隊浜松広報官エアーパーク」とは、航空自衛隊浜松基地内にある、航空自衛隊のパイロット体験や、航空機・戦闘機などの展示が充実した施設です。

大人から子どもまで、無料で入館と体験が可能なので、予算を抑えつつ浜松市内を観光したい方におすすめします。

以下より、航空自衛隊浜松広報官エアーパークの魅力や見どころを詳しく解説します。

迫力満点の航空機見学

Image02

画像提供:航空自衛隊浜名湖エアーパーク

最初の見どころとして、航空機を間近で観覧できる点が挙げられるでしょう。施設内の1〜3階には、航空自衛隊が保有する、さまざまな展示物が並べられています。

1階には、航空自衛隊の部隊構成や主要な装備、大まかな任務内容がわかる展示物があります。2階で観覧できるのは、航空自衛隊が保有する装備品やミサイルの模型、服装、航空機の模型です。

そして3階には、政府専用機で使用された実物の内装や、ブルーインパルスの簡易シミュレーターが置かれています。航空自衛隊について学ぶ機会は滅多にないため、新たな知識を得ることができます。

政府専用機の最後尾にある記者会見席も展示されており、映画のワンシーンに出てきそうな雰囲気がたまりません。

また、少数精鋭のパイロットしか操縦できないブルーインパルスを、シミュレーションで体験できる点はうれしいですね。

ブルーインパルスのファンはもちろんのこと、詳しく知らない方でも気分が上がるでしょう。

ドーム型シアターで高度2万フィートの景色を堪能

Image03_2

画像提供:航空自衛隊浜名湖エアーパーク

ドーム型の全天周シアターでは、航空自衛隊のパイロットが実際に体感している、高度2万フィートの世界を堪能できます。上映内容は以下の5項目です。

  • 強い翼
  • 創造への挑戦
  • アグレッサー
  • 最後の砦
  • “運ぶ”という使命

例えば、「強い翼」では戦闘機部隊がどのような訓練を行っており、どのような気持ちで空を飛んでいるのかを見られ、「創造への挑戦」ではブルーインパルスの飛行シーンが再現されます。

1階受付で配布されている入場券を受け取れば、入場可能です。事前および当日の予約などは、設けていないため注意しましょう。

1回につき定員は60名なので、公式サイトに記載されている上映時間を確認した上で、早めに入場券を受け取るとよいです。

飛行場を間近で!? ブルーインパルスコーナー

Image04_2

画像提供:航空自衛隊浜名湖エアーパーク

航空機の模型だけではなく、実際に使用されている航空機も、間近で感じられます。展示格納庫の前には、タクシーウェイ(誘導路)が広がっているため、実際に走り飛ぶイメージが浮かんできますよ。

操縦士になった気分でリアルな飛行体験

Image05_2

画像提供:航空自衛隊浜名湖エアーパーク

ブルーインパルスのシミュレーション以外に、F−1戦闘機のシミュレーターコーナーもあります。

操縦機の動きに適応して座席が動くため、空の上ではどのように戦闘機が傾いていくのかを、本格的に体験できる点が魅力です。

事前予約は設けておらず、先着順に受付を行っています。戦闘機のリアルな乗り心地を体感してみたい方は、シミュレーションで味わってみましょう。

※搭乗条件として、小学1~3年生の子どもは、モーションを使用しないコースであれば、保護者の同意のもと体験可能です。

疲れたら絶景スポットでひと休み

施設内にはカフェもあるので、疲れたら絶景スポットでのひと休みがおすすめです。航空機の離着陸を観覧しながら、カレーやケーキなどを食べられます。

さらに、晴れた日には、航空機と富士山のコラボを満喫できますよ。

航空機の撮影スポットも!

Image06_2

画像提供:航空自衛隊浜名湖エアーパーク

屋外にキッズスペースが設置されており、絶好の撮影スポットでもあります。まわりが浜松基地外柵なので、目の前で航空機が通過していく様子を撮影できる穴場です。

また、遊具が充実しているため、子どもと一緒に気分転換したり、子どもが遊んでいる間に航空機の写真を撮ったりできますね。

ファミリーのおすすめ!エアーパークの魅力

航空自衛隊浜松広報官エアーパークは、航空機や戦闘機が好きな方だけではなく、家族で行く観光スポットとしてもおすすめです。その理由を以下より解説します。

航空機好きの子どもは大満足間違いなし

実際に航空機に乗ったり、フライトスーツを着たりできるため、パイロット気分を味わえます。

フライトスーツは、ヘルメットと専用の靴もレンタル可能なので、本格的なパイロット姿での記念撮影は、素敵な思い出になるでしょう。

さらに、子どもが空の仕事を学ぶよい機会にもなります。将来、「航空機のパイロットを目指したい」「航空自衛隊員になりたい」など、夢を見つけられる可能性もあるかもしれません。

雨の日でも安心

ほとんどが屋内に展示されており、雨の日でも1日中楽しめます。

浜松市内の屋外の観光スポットへ行く予定を雨でキャンセルする場合は、航空自衛隊浜松広報官エアーパークに訪れても十分楽しめます。

子どもだけでなく大人も感動の施設

ブルーインパルスは子どもだけではなく、大人にも人気があるため、シミュレーション体験により、テンションも上がることでしょう。

航空自衛隊の歴史や任務内容はもちろんのこと、VRの最新技術によるさまざまな体験が用意されているため、新しい知識と経験を重ねていけます。

よって、誰もが充実した1日を過ごせるスポットです。

周辺の観光スポット

航空自衛隊浜松広報官エアーパークの周辺には、他にも以下の観光スポットが挙げられます。

  • 浜松こども館
  • はままつ フルーツパーク 時之栖(ときのすみか)
  • 浜松市動物園

「浜松こども館」は「大地、水辺、空、街、家」をテーマとした室内アスレチックがある、遊びと学びのスポットです。

「はままつ フルーツパーク 時之栖(ときのすみか)」では、フルーツ狩りをはじめとした、さまざまなアクティビティを楽しめます。

「浜松市動物園」には、日本では珍しい希少な黄金色のサル「ゴールデンライオンタマリン」を観覧できますよ。

航空自衛隊浜松広報館エアーパークの施設情報

住所:静岡県浜松市西区西山町無番地 航空自衛隊浜松基地
アクセス:THE HAMANAKOからお車で約30分
電話番号:053-472-1121
営業時間:9:00〜16:00
定休日:毎週月曜日
毎月最終火曜日
毎年3月第2週の火曜日〜木曜日
年末年始(12/28~1/4)
臨時休館あり
料金:無料
※カフェでの注文は有料です
公式サイト:航空自衛隊浜松広報館 エアーパーク

まとめ

航空自衛隊浜松広報官エアーパークは、航空機・戦闘機をテーマにした施設です。

航空自衛隊のパイロット目線による、上空2万フィートの空の映像を観覧したり、フライトスーツを着たりするなど、さまざまな体験が充実しています。

老若男女問わず、夢中になる展示物が多数あるので、浜松市内での観光に訪れる際は寄ってみてください。

また、浜名湖周辺で観光を行う際にはTHE HAMANAKOへの利用がおすすめです。浜名湖畔に位置し景観を楽しめます。

露天風呂と大浴場で満喫できる自家源泉やフレンチ、日本料理などのグルメが堪能できます。浜名湖周辺で宿をお探しの方はぜひご検討ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP