全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

琉球ガラスに陶芸体験まで♪沖縄文化を体験しよう!

2022-09-16

かつて琉球王国として栄えた歴史を持つ沖縄県は、日本の他のエリアにはない独自の文化を発展させてきた県です。そんな沖縄には、歴史に触れながら、沖縄らしい体験ができるさまざまな施設があります。

この記事では、琉球ガラスや沖縄の陶芸に挑戦できるおすすめのクラフト教室をご紹介します。子どもから大人まで楽しみながら作る自分だけのオリジナル作品は、旅行の思い出として特別なものになるはず!これから沖縄旅行に出かける方は、ぜひ参考にしてくださいね。

沖縄の伝統工芸、紅型を体験しよう!「体験王国 むら咲むら」

体験王国むら咲むら

沖縄独自のカルチャー体験できるテーマパーク「体験王国 むら咲むら」は、読谷村にある人気の観光スポットです。NHK大河ドラマのオープンセットとして使用された園内は、赤い瓦屋根の建物や琉球石灰岩の石畳があり、沖縄らしさを存分に感じることができます。

約15,000坪の広大な敷地の中にある32の工房では、吹きガラス・焼物・花織り・シーサーづくりなど、思い出に残る品を手作りできます。なかでもオススメは、沖縄を代表する染物「紅型(びんがた)」。紅という名前がついていますが、赤、黄、青、緑、紫を基調とした南国らしい鮮やかな色彩が特徴です。

ワークショップは、気軽に挑戦できるコースターと小さなマットづくりの2種類が用意されています。自分だけの色の組み合わせで、オリジナルグッズを作ってくださいね。


【体験王国 むら咲むら】

住所:沖縄県読谷村高志保1020-1
アクセス:Royal Hotel 沖縄残波岬から、体験王国 むら咲むらまでお車で約5分
電話番号:098-958-1111
営業時間:9時〜18時(最終受付17時30分)
定休日:年中無休
料金:大人600円、中高生500円、小学生400円 ※幼児無料
公式サイト:体験王国 むら咲むら
その他:コースによっては要事前予約であったり人数制限があったりします。また、料金もそれぞれ異なるため、詳細は各コース紹介にてご確認ください。


「琉球村」で陶芸絵付けに挑戦!

琉球村

古き良き時代の沖縄にタイムスリップをしたかのような気分が味わえる、沖縄本島北部の施設「琉球村」では、昔ながらの工芸体験ができます。施設内には赤瓦の古民家と南国の植物があり、遠くから聞こえてくる三線の音色を聴きながらのんびりと散歩も楽しめますよ。

本格的な陶芸を学べる教室では、ろくろや手びねりで自分だけのオリジナル陶器を作ることもできますが、あらかじめ作られている素焼きの陶器に沖縄伝統の顔料「呉須絵の具」などで絵付けだけできる手軽な体験もとても人気です。

湯飲みやマグカップは日常使いができるので、お土産やプレゼントにも喜ばれるでしょう。可愛らしい一対のシーサーがちょこんと座ったプレートは、名前を書いて表札にすることも可能です。どれも所要時間60分ほどなので、ぜひ腕をふるってください。


【琉球村】

住所:沖縄県国頭郡恩納村山田1130
アクセス:Royal Hotel 沖縄残波岬から、琉球村までお車で約15分
電話番号:098-965-1234
開館時間:10時〜16時(最終受付15時)
定休日:平日臨時休業日あり(公式サイトをご確認ください)
料金:大人1,500円、高校生1,200円、小人600円、6歳未満無料(体験コースは別途料金がかかります)
公式サイト:沖縄観光テーマパーク! 【琉球村】オフィシャル


オリジナル琉球ガラスが作れる「てぃだ工房」

てぃだ工房

恩納村のビーチ沿いにある本格的なガラス工房「てぃだ工房」には、年齢を問わず楽しめる体験メニューがあります。経験豊かな職人さんが手取り足取りしっかりと教えてくれるので、ものづくりが初めてのも安心してください。

窯の中でアツアツに溶かしたガラスを吹いて形成する「吹きガラス体験」は、グラスや小鉢、一輪挿しなどお好みの種類が選べるのも魅力的。作品は冷却炉で冷まして翌日受け取りができますが、全国発送も行っているので便利ですね。

芯棒にガスバーナーでガラスを溶かしながら巻きつけていく「とんぼ玉体験」は、小学生中学年からでも参加できる初心者にもぴったりなコースです。 オリジナルの柄をつけたとんぼ玉は、ネックレスやヘアゴムにアレンジすることも可能なので、希望する方はスタッフに確認しましょう。こちらは所要時間20分ほど、受け取りは1時間後~なので、工房で販売されている美しいグラスや小鉢などを眺めながらお待ちくださいね。


【てぃだ工房】

住所:沖縄県恩納村字瀬良垣1780-3
アクセス:Royal Hotel 沖縄残波岬から、てぃだ工房までお車で約30分
電話番号:098-966-1040
営業時間:9時〜18時
定休日:不定休
料金:無料(体験コースは別途料金がかかります)
公式サイト:てぃだ工房公式サイト


亜熱帯の大自然を満喫!「ビオスの丘」

ビオスの丘

沖縄の自然や動物とふれあえる「ビオスの丘」は、豊かな心を育む亜熱帯の森でゆったりとしたウチナータイムを満喫できます。

遊覧船でのクルーズや水牛車に乗っての散策、カヌーやサップで水辺の生き物観察ができるほか、小さな子どもでも楽しめるアスレチックコースや巨大ブランコなどもあり、1日中遊びつくせるのが嬉しいところです。

そんな魅力いっぱいのビオスの丘ですが、なんと沖縄の文化を体験することも可能なんです。
琉球王朝時代の伝統衣装を着て写真を撮る「琉装体験」は、傘や扇、髪飾りまで揃って本格的にコスプレが楽しめます。子ども用の衣装も揃っているので、家族みんなで変身してみるのもいいですね。

そのほかには革細工のキーホルダー・フォトフレーム作りや、「ビオスの丘」でみることができる動植物の塗り絵もあるので、ぜひチェックしてください。


【ビオスの丘】

住所:沖縄県うるま市石川嘉手苅 961-30
アクセス:Royal Hotel 沖縄残波岬から、ビオスの丘までお車で約30分
電話番号:098-965-3400
営業時間:9時~18時(最終受付16時30分)
定休日:不定休
料金:(中学生以上)1,800円、小人(4歳~小学生)900円
公式サイト:沖縄の観光スポット|ビオスの丘


今回は沖縄独自の文化を実際に体験できる施設をピックアップしてご紹介しました。
楽しい旅の思い出づくりができる素敵なところばかりでしたね。

知的好奇心を満たしながら観光をたっぷりと楽しんだ後は、Royal Hotel 沖縄残波岬で引き続き非日常感を満喫してください。どこまでも広がる青い海と空に囲まれた自然豊かなロケーションは、沖縄での休暇をさらに特別なものにしてくれます。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP