全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

秋を彩る日本の紅葉!この秋絶対に行きたい唐津周辺の紅葉スポットをご紹介

2022-09-22

秋を彩る紅葉は日本の四季を代表する風物詩。自然に囲まれた絶景スポットが多い佐賀県の唐津周辺には、有名な紅葉スポットがたくさん存在します。日本の滝100選にも選ばれた景勝地や9日間しか一般公開されない国の名勝など、どこも一度は必ず行ってみたい場所ばかりです。

今回は、そんな唐津周辺で美しい紅葉が見られるおすすめの紅葉スポットをご紹介します。今年の秋は紅葉の時期に合わせて佐賀に足を運んでみませんか?

9日間だけ一般公開する国の名勝『九年庵』

九年庵

佐賀県神埼市にある『九年庵(くねんあん)』は、紅葉が見頃を迎える11月中旬の9日間だけ一般公開される期間限定の紅葉スポット。毎年開園中は多くの人で混み合いますが、佐賀の紅葉を巡るなら一度は必ず訪れてほしい場所です。

九年庵は、もとは明治の実業家・伊丹弥太郎の別邸として造られた数寄屋造りの邸宅と庭園で、平成7年には国の名勝に指定されています。当時の九州で「茶室や築庭において並ぶものなし」といわれた久留米の作庭家・誓行寺の阿(ほとり)和尚によって造られた庭園は細部に至るまで名人のこだわりが込められており、自然の美しさを見事に表現。 近代和風の邸宅とも美しく調和がとれています。 なお、九年庵という名称は、庭園が明治33年から9年の歳月をかけて造られたことに由来しているのだそう。

九年庵

面積およそ6,800㎡の庭園にはツツジやモミジなどが植栽され、紅葉の季節になると園内の木々が赤や黄色に色付きます。

地面には約40種類もの苔が生息しているため、まるで緑の絨毯のような光景が広がり、赤・黄・緑と鮮やかなコントラストをなす庭園風景が楽しめますよ。 また、はるか筑紫野の広がりと有明海も眺望でき、情緒溢れる景観美を堪能できるでしょう。


【九年庵】

住所:佐賀県神埼市神埼町的1696
アクセス:Hotel & Resorts SAGA-KARATSUから、九年庵までお車で約1時間
電話番号:0952-37-9882(神埼市観光協会)/0952-37-0107(神埼市役所)
公式サイト:神埼市観光協会


幻想的な紅葉の景色『環境芸術の森』

環境芸術の森

佐賀を代表する紅葉スポットとして最も有名なのが、佐賀県唐津市にある『環境芸術の森』でしょう。ここは標高887m、作礼山の中腹に位置し、環境芸術家・鶴田正明氏によって30年近い年月をかけて造られた紅葉の森です。“紅葉は地球を救う”というスローガンのもと、約10haの敷地内には10,000本ものモミジやカエデが植えられています。

辺り一面が赤く色付き、敷地内の池が鏡のように紅葉を写し出す光景や、紅葉の絨毯が続いて見渡す限り赤の世界が広がる「自然のトンネル」など、絵画のような美しい景色があちこちに存在します。

なかでも100年前の旧家の廃材で建てられた「風遊山荘」から見る景色は、ここを訪れるなら是非ともチェックしてほしいところ。 漆のテーブルに紅葉が写り込み、幻想的な景色が見られるとSNSでも話題になった見どころポイントです。

紅葉を眺めながら休憩もできるので、そよ風や川のせせらぎを感じながらしばし自然に浸ってみてはいかがでしょうか。


【環境芸術の森】

住所:佐賀県唐津市厳木町平之667
アクセス:Hotel & Resorts SAGA-KARATSUから、環境芸術の森までお車で約40分
電話番号:0955-63-2433
開園時間:9時~16時
定休日:11月中は無休、その他不定休
料金:大人・高校生…700円/小・中学生…300円/幼児…無料
公式サイト:【公式】環境芸術の森


日本の滝100選に認定されている『見帰りの滝』と『観音の滝』

見帰りの滝
写真提供:佐賀県観光連盟

『見帰りの滝』と『観音の滝』では、壮大な滝と紅葉の競演を楽しめます。どちらも「日本の滝100選」に選ばれており、数ある紅葉スポットのなかでも特に自然の力強さを感じられるのが魅力です。

『見帰りの滝』は唐津市相知(おうち)町の伊岐佐川ダムの下流にあり、その落差は約100mと九州最大級の落差を誇ります。途中で男滝・女滝の2つに分かれ、物凄い水しぶきをあげながらダイナミックに落ちていく様は迫力満点!

滝一帯は「見帰りの滝公園」として整備されているので、橋の上からは滝の全景を、展望台からは滝の正面を、滝壺の橋からは滝を間近に…というように、様々な角度から滝を見ることができます。見帰りの滝といえば6月の「アジサイ祭り」が有名ですが、紅葉の時期に訪れるのもおすすめですよ。

観音の滝
写真提供:佐賀県観光連盟

滝川の中流部・唐津市七山にある『観音の滝』は、高さ45m、幅10mと激しく流れ落ちる水流の様子から「男滝」と呼ばれるほど豪快な滝です。

豊臣秀吉の側室・広沢局(ひろさわのつぼね)がこの滝で目を洗ったところ眼病が治ったとの言い伝えが残されています。 ここは8つの滝と淵が清流で結ばれてできており、木がくれの淵・静寂の淵・清めの淵・奥梅豆羅の淵・狭霧の滝・白絹の滝など数々の絶景スポットに恵まれています。

遊歩道が整備されているので、散策しやすいのも嬉しいですね。約2kmの渓谷はヤマメ等の回遊の場になっており、辺りにはカワセミやセキレイといった野鳥の姿も見られるほどの自然の宝庫です。


【見帰りの滝】

住所:佐賀県唐津市相知町伊岐佐
アクセス:Hotel & Resorts SAGA-KARATSUから、見帰りの滝までお車で約25分
電話番号:0955-51-8312(唐津観光協会相知観光案内所)
公式サイト:佐賀県観光連盟
その他:無料駐車場あり(50台)


【観音の滝】

住所:佐賀県唐津市七山滝川
アクセス:Hotel & Resorts SAGA-KARATSUから、観音の滝までお車で約25分
電話番号:0955-53-7175(唐津市七山市民センター 産業・教育課)
公式サイト:佐賀県観光連盟
その他:無料駐車場あり(100台)


窯元巡りをしながら紅葉を楽しむ『大川内山』

大川内山
写真提供:佐賀県観光連盟

佐賀といえば有田焼が有名ですが、有田と共に伊万里市の『大川内山』も磁器の生産地として知られています。ここはかつて江戸時代に鍋島藩の徹底した管理のもと、「色鍋島」や「鍋島染付」などを生み出した藩窯(はんよう)があった山で、山水画のような奇岩に囲まれた景色から「秘窯の里」と呼ばれています。

今も30軒ほどの窯元が軒を連ね、レンガ造りの煙突や磁器製のオブジェがあちこちにあり、趣たっぷりの街並みを歩いて窯元巡りができる人気の観光スポットです。 「鍋島藩窯公園」には実際に鍋島藩が使用していた歴史的文化財の古窯跡や当時の登り窯を再現したものがあり、伊万里の歴史を間近に感じながら紅葉を楽しむことができます。

また、関所を通ってすぐのところにある「めおとしの塔」周辺も美しい紅葉を見られるのでおすすめです。ここは伊万里焼の14個の風鈴が澄んだ音で出迎えてくれて、「日本の音風景100選」にも選ばれているんですよ。川のせせらぎや風鈴の音を聞きながら見る紅葉の景色はまた格別です。


【大川内山】

住所:佐賀県伊万里市大川内町大川内山
アクセス:Hotel & Resorts SAGA-KARATSUから、大川内山までお車で約45分
電話番号:0955-23-3479(伊万里市観光)
公式サイト:伊万里鍋島焼協同組合
その他:無料駐車場あり。営業時間等は店舗により異なる。


神秘的な紅葉の渓谷美『竜門峡』

竜門峡
写真提供:佐賀県観光連盟

『竜門峡』は佐賀県有田町の黒髪山(くろかみやま)県立自然公園にあり、洞窟と奇岩に囲まれた地形にうっそうと茂る原生林の神秘的な渓谷美で知られています。

また、渓谷を流れる水は「名水百選」「水源の森百選」に選ばれたこともあり、この名水で仕込まれる酒はまろやかな味わいの美酒になるといわれているほど。ここは桜や紅葉の名所としても人気のスポットで、四季折々の景色で訪れる人々を楽しませてくれます。

辺り一面が赤や黄色に染まる景色はもちろん、散った紅葉が水に浮かぶ様子も美しくて見ものですよ。サラサラと流れる清流の音を聞きながら自然の中を散策すれば、気分もすっきりとリフレッシュするでしょう。 竜門峡の周辺は渓谷に沿って遊歩道も整備されているので、紅葉巡りとトレッキングを同時に楽しみたい方にもおすすめです。


【竜門峡】

住所:佐賀県西松浦郡有田町広瀬山
アクセス:Hotel & Resorts SAGA-KARATSUから、竜門峡までお車で約55分
電話番号:0955-46-2500(有田町役場商工観光課)
公式サイト:佐賀県観光連盟
その他:無料駐車場あり(100台)


今回は、唐津周辺で美しい紅葉が見られるおすすめのスポットをご紹介しました。今年の紅葉巡りはどこに行こうか迷っている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。

いずれのスポットもHotel & Resorts SAGA-KARATSUからお車で1時間圏内とアクセスしやすく、気軽にドライブで楽しむことができます。また、当ホテルは大浴場を完備しており、唐津の自然や文化を感じられるリゾートホテルですので、旅の疲れを癒しながら心ゆくまで唐津の魅力に触れることができますよ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP