全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

札幌はラベンダー発祥の地!ホテルから行けるラベンダー畑をご紹介

2022-05-23

北海道を代表する花「ラベンダー」は、ハーブの女王と呼ばれるほど豊かな香りと、つぼみから色付く紫色の美しい見た目が、多くの人々を魅了してやみません。北海道では、富良野の花畑が有名ですが、日本で初めて栽培した発祥地は札幌の南沢なんです!

今回は、「ロイトン札幌」からも訪れやすい札幌市内のスポットに限定して、ラベンダー畑をいくつか紹介していきます。ラベンダーはもちろん、植物や自然が好きな方も楽しめるスポットばかりなので、目的が異なる北海道旅行の方も是非参考にしてみてください。

幌見峠ラベンダー園

幌見峠ラベンダー園

1987年に植えた約120株のラベンダーから始まり、現在では約8,000株のラベンダーが咲き誇る「幌見峠ラベンダー園」。初夏の開花時期には、見ごたえある鮮やかなラベンダーが土地一帯に広がり、美しい紫色の絨毯がどこまでも続いていくような絶景を望めます。

ラベンダーと共に札幌市内を一望できることもあり、夜はムード抜群の夜景スポットとしても大人気です。ラベンダーの刈り取り体験や、ラベンダー園のラベンダーを使用した豊富なグッズも購入できるので、思い出の香りを持ち帰ってお家でも楽しめますよ。


【幌見峠ラベンダー園(夢工房さとう)】

住所:札幌市中央区盤渓471番地110(幌見峠頂上)
アクセス:ロイトン札幌から、幌見峠ラベンダー園(夢工房さとう)までお車で約20分
電話番号:011-622-5167
営業時間:9時~17時
開催期間:7月上旬~7月末
入園料金:車 500円(駐車料金込)、人 無料
ラベンダー刈り取り料金: 500円から(株の大きさにより異なります)
公式サイト:幌見峠のラベンダー園


札幌南沢神社

札幌南沢神社

札幌市南区内に佇む「札幌南沢神社」は、大巳貴神・小彦命神・藤原三吉神・天満宮(菅原道真公)を祀る由緒正しい神社です。商売繁盛や縁結び、必勝祈願の他、学業成就などの御利益があるとされています。

そしてラベンダーが植えられた境内には、“ラベンダー発祥の地”と刻まれた紀念碑があることでも有名です。南沢におけるラベンダーの歴史年表や、由来などが書かれているので、神社に訪れる際は忘れずにチェックしてみてください。神聖な場所ならではの凛とした空気や、パワーを感じてリフレッシュできます。


【札幌南沢神社】

住所:北海道札幌市南区南沢3条4丁目7-5
アクセス:ロイトン札幌から、札幌南沢神社までお車で約30分
電話番号:011-572-5589
公式サイト:札幌南沢神社/札幌市南区


サッポロさとらんど

サッポロさとらんど

気軽に農業体験ができる施設「サッポロさとらんど」は、都市と農業の共存・人と農業・自然とのふれあいをテーマにした田園テーマパークです。動物たちとのふれあい体験や、野菜の収穫・栽培体験、バーベキューコーナーなど多彩なゾーンが完備されており、大人から子供まで幅広い年代の方々が北海道ならではの魅力を満喫できます。

ラベンダーを楽しみたい方は、施設内の第5駐車場近くにある“ラベンダーの丘”に、訪れてみてください。自転車のレンタルも可能なので、爽やかな風と共にラベンダーの甘い香りを感じてみては?


【サッポロさとらんど】

住所:札幌市東区丘珠町584-2
アクセス:ロイトン札幌から、サッポロさとらんどまでお車で約25分
電話番号:011-787-0223
開園時間:4月29日~9月30日 9時~18時
10月1日~4月28日 9時~17時
定休日:夏期 4月29日~11月3日 無休
冬期 11月4日~4月28日 月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、
年末年始(12月29日~1月3日) ※冬期間は、さとらんどセンター以外の建物は閉鎖しています。
公式サイト:サッポロさとらんど


百合が原公園

百合が原公園のラベンダー

約100種類も植栽されているユリがシンボルの「百合が原公園」は、およそ6400種類にもおよぶ花や植物を育てているフラワーパークです。四季折々の花々が咲き誇る花壇の他、公園の中心にある広大な芝生広場、大人もゆったり座れる列車で園内をのんびり巡るリリートレイン、パークゴルフ場とゲートボール場を完備した人気のスポーツ施設なども完備しています。

ラベンダーは、札幌の気候に合う宿根草をメインに植栽された“かおりの庭”の外周にあり、ラベンダー以外の香しい植物も一度に楽しめるのが魅力です。


【百合が原公園】

住所:北海道札幌市北区百合が原公園210番地
アクセス:ロイトン札幌から、百合が原公園までお車で約25分
電話番号:011-772-4722(百合が原公園管理事務所)
公式サイト:百合が原公園


さっぽろ羊ヶ丘展望台

さっぽろ羊ヶ丘展望台

ボーイズ・ビー・アンビシャスと記されたクラーク博士像があることでも有名な「さっぽろ羊ヶ丘展望台」にも、オーストリア館の裏庭に約1,200平方メートルものラベンダー畑が広がっています。オーストリア館に、お土産を購入できる売店や、軽食を味わえる飲食スペースなどがあり、季節限定で登場するラベンダーソフトもお見逃しなく。

過ごしやすく観光客が増える夏ごろには、満開のラベンダーを無料で刈り取れる体験が実施されているので、気になる方は事前にさっぽろ羊ヶ丘展望台のイベントをチェックしましょう!


【さっぽろ羊ヶ丘展望台】

住所:北海道札幌市豊平区羊ケ丘1番地
アクセス:ロイトン札幌から、さっぽろ羊ヶ丘展望台までお車で約30分
電話番号:011-851-3080
営業時間:4月~3月 9時〜17時
※時季により、営業時間を変更する場合があります。
定休日:年中無休
入場料:一般料金:大人 530円(税込)、小・中学生 300円(税込)
公式サイト:さっぽろ羊ヶ丘展望台公式WEBサイト


まだまだある!札幌市内のラベンダーの名所

幌見峠ラベンダー園

「ラベンダー通り」とも呼ばれる西区のシンボルロード・二十四軒手稲通にも約2万株のラベンダーが咲き誇り、ドライブに最適です。敷地の約6割が緑地帯になっている「真駒内滝野霊園」や、特徴の異なる4つのエリアからなる、北海道でここにしかない国営公園「滝野すずらん丘陵公園」など、大自然の中にある立地を活かして、見事なラベンダー畑を管理している場所もあります。

知る人ぞ知る穴場スポットを探している方には、札幌南沢神社近くの「東海大学札幌キャンパス」がおすすめです。敷地内で、約2,630株ものラベンダーが一般公開されています。

 

ラベンダー

札幌市内のラベンダーが見られるスポットを紹介しましたが、意外と多くの場所があり、驚かれた方もいるのではないでしょうか。

アクセスの良い札幌の市街地にありながら、上質なリラックス空間でゆったり過ごせるロイトン札幌を利用して、たくさんのラベンダー畑を巡る旅をしてみてもいいですね。品種によって異なる濃淡も、とてもいい味わいになるので、写真や刈り取り体験などを通して忘れられない思い出にしてみてください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP