全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

観光の開運スポット!開運・商売繫盛の神がいる宮地嶽神社に行ってみよう!

2022-05-17

宮地嶽神社は福岡市と北九州市のちょうど中間に位置する福津市にある神社で、全国にある宮地嶽神社の総本社でもあります。商売繁昌・交通安全・家内安全の神様が祀られているこちらの神社は、年間約220万人もの参拝客が訪れる、福岡きっての人気の観光の開運スポット。今回の記事では、宮地嶽神社の見どころやここにしかない魅力について詳しくご紹介したいと思います。福岡観光を予定している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

宮地嶽神社はどんなところ?

宮地嶽神社
写真提供:福岡県観光連盟

宮地嶽神社の創建は約1700年前と古く、古事記や日本書記にもその歴史が記載されているほどです。第14代仲哀天皇の后である神功皇后が、韓国への船出の際に宮地嶽の山頂から開運を祈ったとするのが由来で、神功皇后の功績を称えて祀ったのが始まりとされています。

主祭神は「息長足比売命(おきながたらしひめのみこと=神功皇后)」と「勝村大神(かつむらのおおかみ)」、「勝頼大神(かつよりのおおかみ)」で、この三柱にお願いをすれば何事にも打ち勝つことができるとされ、開運神社として信仰を集めています。3人の主祭神は商売繁昌・交通安全・家内安全の神様としても崇められていて、全国各地から多くの参拝者が訪れる人気ぶりです。

境内にある「三つの日本一」は絶対に見逃せない!

大注連縄

宮地嶽神社を訪れたら外せないのが、大迫力の「三つの日本一」!まず見ておきたいのは日本一のスケールで知られる大注連縄です。

宮地嶽神社 大注連縄
写真提供:福岡県観光連盟

直径約2.6メートル、長さ約11メートル、そして重さ何と約3トンにもなるこの注連縄は、のべ約1500人もの人々により毎年掛け替えられています。

宮地嶽神社 大太鼓
写真提供:福岡県観光連盟

次に見ていただきたいのが直径約2.2メートルの日本一と言われている大太鼓。胴である漆を幾重にも塗ったヒノキの原木になめした太鼓用の和牛の皮が張ってあり、例年1月1日午前零時に打ち鳴らされます。

宮地嶽神社 大鈴
写真提供:福岡県観光連盟

三つ目の日本一は、信仰深い方から奉納された重さが約450kgもある銅製の大鈴です。もともと昭和35年ごろまで大注連縄と一緒に拝殿に飾られていましたが、かなり重量があったため鈴堂を建設して移されました。

どれも信仰の篤い人々の想いが形になった見応えのあるものばかりで、思わず見とれてしまうことまちがいなしです。

すべてお参りすれば願いが叶う!?奥の宮八社めぐり

宮地嶽神社
写真提供:宮地嶽神社

宮地嶽神社には神功皇后・勝村大神・勝頼大神を配祀する本殿のほかに「奥之宮八社」と呼ばれる社が祀られて、一社一社を参拝することで大願が叶うとされているパワースポットでもあります。

一番社/七福神社

「恵比寿・大黒天・布袋・福禄寿・毘沙門天・弁財天・寿老人」の七福神を祀っています。

二番社/稲荷神社

食物とお米の豊作を守る神様が祀られており、御利益を求めて農家・飲食店・調理師などから崇敬されています。

三番社/不動神社

200年ほど前に発掘された日本一の大きさを誇る古墳の中にお不動様を祀っている珍しいもの。見つかった馬具や刀装具20点が国宝にも指定されています。

四番社/万地蔵尊

お地蔵さんの呼び名で親しまれている地蔵尊は子どもの守り神です。可愛らしいフォルムとやさしい笑顔にほっこりと癒されますよ。

五番社/淡島神社

女性の病気にご利益があると信じられており、恋が叶うという信仰の「濡髪大明神」の二柱です。女性の心身内外を守ってくれるということで、若い女性から人気があります。

六番社/三宝荒神

竃と火除けの神さまが祀られており、台所や食べ物・調理の神さまとして信仰されています。

七番社/水神社

龍神を祀っている水神社を参拝すると無病息災・延命長寿・豊漁・豊作が得られると信じられています。

八番社/薬師神社

神社には珍しい「薬師如来」が祀られています。さまざまな病気や怪我から救う神様がいることから、お札や和漢薬草などを求める参拝客も訪れます。

全てをまわっても30分ほどなので、気軽に「奥之宮八社めぐり」ができるのもうれしいポイント。ぜひ奥之宮八社めぐりの冊子に各社の印を集めて、旅の思い出にしてくださいね。

一年を通して楽しめる四季折々の花たち

奥之宮 稲荷神社

宮地嶽神社には四季を通して人々を楽しませてくれる美しい花々が境内にあり、福岡有数の桜の名所としても人気です。寒緋桜・吉野桜・八重桜・山桜など、約2,000本もの様々な桜が植栽されていて、長い期間お花見を楽しむことができます。

桜の後は艶やかで存在感のある牡丹が見頃になります。こちらでは原種の栽培にも力を入れていて、約50種類・400株ほどの牡丹が咲き誇る様子を楽しめますよ。

初夏の頃には、風に揺れる可憐な藤の花を眺めながら、季節の移り変わりを感じてください。梅雨時になると、やさしい雨音としっとり濡れた紫陽花に気持ちが安らぎます。秋には鳥居周辺から奥之宮八社を過ぎた自然遊歩道まで紅葉が広がり、爽やかな秋風の中紅葉狩りをしながらお散歩ができます。

宮地嶽自然歩道で散策を楽しもう!

宮地岳・在自山

宮地嶽神社の奥之宮・不動神社の先にある「宮地嶽自然歩道」は、福岡県森林浴百選にも選ばれている遊歩道で、宮地岳・在自山の山頂まで登ることができます。

絶景が楽しめる人気のトレッキングコースは、宮地岳山頂~在自山山頂に移動して紅白の鳥居越しに福津の街並みと玄界灘を堪能するコースです。お天気に恵まれた日には、沖ノ島や壱岐・対馬まで見えるようです!

在自山の頂上の先には、「大物主(おおものぬし)」と「応神天皇」、「仁徳天皇」、「神功(じんぐう)皇后」を主祭神とする室町時代建立の歴史ある金比羅神社があり、こちらも時間のある方はぜひ訪れてみてください。途中に険しい山道や急な坂もあるので、トレッキングをする際には登山用の靴などを持参することをおすすめします。


【宮地嶽神社】

住所:福岡県福津市宮司元町7-1
アクセス:Royal Hotel 宗像から、宮地嶽神社までお車で約20分
電話番号:0940-52-0016
公式サイト:宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)公式ホームページ


 

自然豊かな福津市の宮地岳にある「宮地嶽神社」の魅力や巡り方についてご紹介しました。毎年2月と10月頃には、夕日の光と神社からまっすぐ伸びる参道が重なる神秘的な「光の道」も見られるので、旅行の時期が重なる方は要チェックですよ。

「宮地嶽神社」で神様からパワーを分けていただいた後は、Royal Hotel 宗像でリラックスした時間をお過ごしください。ホテルの近くには、宗像の穏やかな自然が感じられるさつき松原や海水浴場もあり、癒しのお散歩タイムも楽しめます。

スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP