全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

鶏肉に魚介に漬物まで!素朴で美味しい宗像の郷土料理を紹介!

2022-02-22

地場の食材はどれも美味しいですよね。だからこそ旅行する時はその土地のグルメも楽しみの一つになると思います。

宗像市はそんな郷土料理を楽しみたい方にうってつけの場所です。なぜなら好漁場である玄界灘の海の幸と山々の豊かな自然に囲まれた宗像市ならではの郷土料理がいくつも存在するからです。

ここでは、宗像市の歴史も併せて隠れご当地グルメやおすすめの郷土料理を紹介していきます。

古くから伝わる宗像市の郷土料理、鶏すき

鶏すき

宗像市は漁業だけでなく農業も昔から盛んな土地でした。ほとんどの家庭が鶏を飼っており、来客の際はそれを振る舞うのが最高のおもてなしだったそうです。その習慣からか、宗像市ではすき焼きのお肉は牛肉ではなく鶏肉を入れた物が親しまれてきました。お味はあっさりとした鶏のお出汁とすき焼きの甘さがマッチしておりご飯が進みます。観光の際にはいつもと違う一風変わったすき焼きをご家族や仲間達と囲んでみてはいかがでしょうか。

冬といえば、のうさば!

のうさば

宗像でお正月に欠かせない料理といえば「のうさば」。聞き慣れないこちらの料理はなんとサメが材料に使われています。のうさばは、乾燥させたホシザメというサメを調味料液につけたシンプルなお料理です。

硬めの食感がおつまみにちょうど良く、お酒のお供にもぴったりです。のうさばは、お正月シーズンでなくても冬の時期でしたら道の駅などで購入することができます。ご旅行の際は、のうさばを食べながらホテルで晩酌するのもいいですね。宗像を訪れた際は冬の風物詩である、のうさばをぜひ味わってみてください。

丼としてもお茶漬けとしても美味しい!鯛茶漬け

鯛茶漬け

鯛茶漬けは、玄界灘の荒波で育まれた鯛をふんだんに盛り付けてある鯛のお茶漬けです。ぷりぷりとした食感の鯛を甘めの味付けで頂きます。

温かいご飯と一緒に半分まで丼として食べ、もう半分にはお出汁をかけて頂くというのが人気の食べ方です。違った味わい方ができるのが嬉しいですね。玄界灘の新鮮な 鯛だからこそあっさりとしたお出汁との相性が楽しめます。〆の一杯としても爽やかな朝ごはんとしても最適な鯛茶漬け。ぜひ一度は味わってみてください。

04体に優しい人気ソウルフード、おきゅうと

おきゅうと

朝ご飯の定番である福岡のソウルフード、おきゅうと。おきゅうとは、海藻であるエゴノリを干し、煮溶かして小判型に固めた食べ物です。この不思議な名前の由来は諸説あり、飢饉の際に人びとを飢えから救ったので「御救人」と呼ばれるようになったなどといわれています。

食感は、ところてんと似ているとよくいわれますが、ところてんよりはもっちりとしているのが特徴です。食物繊維が豊富で低カロリーなためダイエットフードとして、またお酒のつまみとしても人気のお料理です。居酒屋などで時期に関係なく食べることができます。

ご飯のお供にぴったり!きょんちゃん漬け

きょんちゃん漬け

きょんちゃん漬けは、お醤油やざらめの甘さが美味しい即席漬けです。その昔、きょんちゃん漬けを作っていた「的場清乃さん」という方が「清乃ちゃん」→「きょんちゃん」といわれていたことから、きょんちゃん漬けと親しみを込めて呼ばれるようになりました。

冬はダイコン、夏はきゅうりを漬けるのが名前の由来でもある清乃さんのオススメです。ご飯のお供はもちろん、お酒もよく進む味わいとなっております。

まだまだある!宗像のご当地グルメ

がめ煮

紹介したもの以外にも、宗像にはたくさんのご当地グルメがあります。地島特産の椿油を使った椿油ごはんや、野菜クズを利用して作るだぶ、筑前煮として広く知られているがめ煮など。骨なしの鶏肉を使う筑前煮に対し骨付きの鶏肉を使用するがめ煮は宗像市ならではの料理です。

どのグルメも宗像でしか味わえないものばかりです。お店によって味や特徴も変わってくるので、ぜひ宗像市を訪れた際に、郷土料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

小夜島

世界遺産も保有している歴史深い宗像市には、神社や仏閣、山や海の大自然、そしてグルメといった魅力がたくさんあります。宗像市の郷土料理は、玄界灘の海の幸だけでなくお肉やお野菜などさまざまな食材を使ったものがありましたね。どの料理も宗像市の暮らしの歴史を感じることができるものばかりだったと思います。

ご旅行の際は大自然の中で宗像市の郷土料理を味わってみてください。そして、美味しいものを堪能した後は、玄界灘を望めるロイヤルホテル宗像でゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP