全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

おうち時間でアート体験♪自宅で陶芸に挑戦!「信楽焼き手びねりセット」をご紹介

2022-02-15

すっかりおうち時間に慣れてしまったけれど、「料理や配信動画以外にも、なにかできることはないかしら?」という方も多いのではないでしょうか。せっかく自由になる時間があるのだから、クリエイティブなことにチャレンジしてみてはいかがでしょう?

必要な製作キットが一式揃った「信楽焼き手びねりセット」なら、手軽に陶芸を始めることができます。ご自宅で自分だけの作品を作ることができるなんて、ちょっとワクワクしませんか?

ここでは信楽焼の魅力をお伝えします。

琵琶湖の恵みから生まれた六古窯のひとつ信楽焼

タヌキの信楽焼

信楽焼というと何をイメージしますか?あのたぬきの焼物を連想する人が多いのではないでしょうか。ところが信楽焼はそんなユーモラスな印象とはうってかわって、千年にもおよぶ歴史ある窯元、六古窯(ろっこよう)のひとつなのです。

六古窯とは古くから伝わる技術を継承し、現在まで生産が続いている陶磁器の産地のこと。滋賀県南部に位置する信楽は瀬戸、越前、常滑、丹波、備前と並んで六古窯のひとつに数えられています。

信楽焼は琵琶湖の賜物。土砂や動植物の残骸などが堆積した湖底に花崗岩や流紋岩の風化物が流れ込んでできあがった粘土質の土壌こそが信楽焼の礎です。

さらにそのロケーションも信楽焼が現在まで発展が続いた大きなポイント。周囲を山に囲まれた信楽ですが、それを越えれば大阪や京都といった一大商圏へ商品を運ぶことができ、焼物の里として繁栄を築いていきました。

岡本太郎も愛した信楽焼のその肌合いと色が織りなす味わい深い風景

信楽焼ツボ
画像:Wikimedia Commons_信楽焼き壺 (C)Katumi kubota(2018)/Adapted/Licensed under CC BY-SA 4.0

戦国時代には茶の湯の道具としても徴用された信楽焼ですが、近代に入ると「形になるものは何でも作る」というたくましさで、植木鉢や火鉢、タイルなど多彩な製品が作られました。

耐久性にも優れ、生活に根ざした製品にぴったりな焼物ですが、芸術家・岡本太郎は『太陽の塔』を制作する際に『黒い太陽』のレリーフを信楽で制作しました。20世紀後半からは現代美術としてアート作品を制作する作家も活躍しています。

そんな信楽焼の大きな特徴は、手触りと色にあると言えます。

信楽焼は釉薬を使わずに焼くため、長石や石英といった砂粒が混ざったざっくりとした肌合いの仕上がりになります。つるりとした焼物とは異なる趣を感じさせる風合いで、いろいろなお料理に合わせやすく、なかでも和菓子との相性は抜群です。

みなさん、2019年の朝ドラ『スカーレット』は覚えていますか?陶芸に人生をかけた女性がヒロインで、その舞台が信楽でした。タイトルのスカーレットは、信楽焼の色の特徴であるスカーレット=緋色(火色)からきています。釉薬を使わない信楽焼は原料の土の色がそのまま現れます。土の含まれる鉄分が酸化することによってスカーレット・カラーが生まれるのです。

窯の中で煽られた炎で灰被り現象が起こったことによってできあがるビードロも味わい深い仕上がりです。

ネットショッピング「りぞけっと」でさっそくお取り寄せしてみましょう

陶芸体験

ご自宅で陶芸を楽しむには「信楽焼き手びねりセット」がおすすめです。キットには作り方の説明書が同封されていますし、動画でも見ることができますので、初めての方でも簡単に自分だけのオリジナル信楽焼を作ることができます。

粘土で形を作ったものは窯元まで返送して、仕上げてもらいます。配送中に取れたり変形したりすることがありますので、取っ手や飾りのついたものは避けましょう。お皿やお椀、鉢物などがおすすめです。

色は緋色(スカーレット)、黄瀬色、ビードロ、透明の4色から選べます。

「信楽焼き手びねりセット」のセット内容は、陶芸用粘土、手回しろくろ、竹べら、竹串、作り方説明書、返送用送り状が入っています。

商品到着後3日以内に作るのがおすすめです。作品は商品到着後1ヶ月以内に返送します。土の状態によっては作品が完成しませんので、必ず期限内に送りましょう。

1〜2ヶ月後、素焼き、施釉、本焼き、仕上げをした後、完成した作品がご自宅へ送られてきます。

信楽焼き手びねりセット/りぞけっと

「陶芸なんてむずかしそう」とお考えの方、試しにりぞけっとの動画をご覧ください。きっと「これなら私にもできそう」と思うこと間違いなし!です。

形も色も自分次第。確かに100%思い描いた通りに作るのは難しいかもしれませんが、それさえもオリジナリティに繋がります。世界でたった一つの自分だけの器。焼き上がった作品がお手元に届いたときの喜びは想像以上に違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP