全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

海辺の絶景を楽しもう!日本のエーゲ海「白崎海岸」とその周辺のスポットをご紹介♪

2022-01-18

和歌山県沿岸部のほぼ中央に位置する白崎海岸。岬全体が白い石灰岩で覆われていて、白崎海洋公園の展望台から見る風景は、万葉集でも詠われたほど古くから人々を魅了してきました。

青々とした美しい海とキラキラ輝く太陽の光が織り成す絶景は、「日本のエーゲ海」と称されています。また、白崎海岸の東側には、緑豊かな山々が広がり大自然の見所がたくさんあります。ここでは、白崎海岸を訪れた際に、ぜひ立ち寄ってほしいスポットをご紹介していきます。

白い石灰岩に覆われた圧巻の「白崎海岸」

白崎海岸

白崎海岸は、岬全体が白い石灰岩で覆われています。おおよそ2億5000万年前にできたと言われており、白崎海岸の絶景は、万葉集でも詠われたほどの美しさです。海岸沿いには、「白崎万葉公園」があり、万葉の和歌と平成の和歌2つの歌碑が並んで建てられています。真青の清々しい海にキラキラと輝く太陽の光、圧巻の白い石灰岩を見ながら、歌碑に綴られた詠人の想いに触れて散策するのもよいでしょう。

「日本の渚百選」や「平成百景」に選ばれている白崎海岸の風景は、白崎海洋公園の展望台から一望できます。白崎海洋公園の南側から望む海岸の象徴とされる巨大な立巖岩(たてごいわ)は圧巻です。白崎海洋公園内の散策コースをゆっくり歩きながら、古くから大切に守られてきた美しい絶景を堪能したいですね。

24時間滞在できますので、車内で過ごして夕日や星空を心ゆくまで楽しむのもオススメです。


【白崎海洋公園】

住所:和歌山県日高郡由良町大字大引960-1
アクセス:Hotel & Resorts WAKAYAMA-MINABEから、白崎海洋公園までお車で約60分
電話番号:0738-65-0125
公式サイト:白崎海洋公園


地元漁師と一緒に「白崎クルーズ」を楽しもう!

白崎クルーズ
写真提供:由良町観光協会

白崎海岸の絶景を思う存分堪能するなら白崎クルーズがオススメです。白崎海岸を知り尽くした地元漁師が船頭を担当する漁船で遊覧できるクルーズ体験です。波に揺られ青い海と空、白い石灰岩を見ながら地元漁師の解説を聞けるのは贅沢な経験になりそうですね。

春から夏にかけては、ウミネコへの餌付け体験ができるのも魅力的。白崎海岸のシンボルになっている巨大な立巖岩(たてごいわ)もすぐ近くで見られるのでスケールの大きさを楽しめそう。

夕陽クルーズでは、海に沈む夕陽をゆったりと眺められますので、心洗われるよい時間になるでしょう。万葉集でも詠われた美しい白崎海岸を海から見られるのは、白崎クルーズでしか味わえない体験になりそうですね。


【白崎クルーズ】

住所:和歌山県日高郡由良町大引
アクセス:Hotel & Resorts WAKAYAMA-MINABEから、白崎クルーズまでお車で約60分
電話番号:0738-65-1123(由良観光開発)
定休日:水曜日、年末年始、お盆ほか漁協関係者の漁休日
所要時間:30分コース、60分コース
料金:《30分コース》小学生以下 900円、一般 1,500円《60分コース》小学生以下 1,100円、一般 1,800円
公式サイト:白崎クルーズ | 和歌山県公式観光サイト


古くから伝わる神秘の世界「戸津井鍾乳洞」

戸津井鍾乳洞

2億5000万年前にできたといわれている戸津井鍾乳洞。白崎海洋公園から衣奈方面に向かったところの高台にあり、神秘の世界を体験できます。一時は、危険があるため閉鎖されていましたが、地元住民の強い要望で再開発されて観光スポットになったそうです。全長約100mと短いですが、すぐ近くで鍾乳石を鑑賞できます。

鍾乳洞内の気温は1年を通して15度程度となっていますので、夏は避暑地として、冬は暖かく過ごせます。ここでは、なかなか体験できない地底散策を楽しめそうですよ。

白崎海洋公園からは車で約10分の距離なので、穴場スポットとして戸津井鍾乳洞に立ち寄ってみてはいかがでしょう。高台にある戸津井鍾乳洞からは、紀伊水道の美しい景色を見れられるのも魅力です。


【戸津井鍾乳洞】

住所:和歌山県日高郡由良町戸津井646
アクセス:Hotel & Resorts WAKAYAMA-MINABEから、戸津井鍾乳洞まで車で約60分
電話番号:0738-66-0406
営業時間:9時~17時
営業日:土・日曜、祝日/ただし、町内小中学校の春休み(3/25~4/7)夏休み(7/21~8/26)冬休み(12/25~28、1/3~1/6)期間中は、平日も開洞 ※年末年始は休園
料金:大人200円、小人100円
公式サイト:戸津井鍾乳洞 | 和歌山県公式観光サイト


歴史ある「興国寺」

興国寺

「興国寺」は、安貞元年(1227年) に鎌倉幕府三代目将軍であった源実朝の供養のために、家臣の「葛山五郎景倫(願性)」が「真言宗西方寺」として建立したのがはじまりです。その後、住職が「覚心(法燈国師)」に変わり、禅宗の興国寺となりました。天正13年(1585年)に、興国寺は、豊臣秀吉による紀州攻めで建物の大半を焼失してしまいましたが、関ヶ原の戦いの後に紀州を領した浅野幸長が興国寺を再建したといわれています。

興国寺には、焼失した興国寺の再建を目指していた僧侶が天狗と出会い、その天狗が一夜にして興国寺を再建したという「天狗伝説」も残っています。この伝説から、興国寺の天狗堂に巨大な天狗の面が祭られ、毎年成人の日には「天狗祭り」が行われています。また、宋で禅を学んだ覚心が金山寺味噌や醤油、尺八を日本にもたらしたという説もあります。


【興国寺】

住所:和歌山県日高郡由良町門前801
アクセス:Hotel & Resorts WAKAYAMA-MINABEから、興国寺までお車で約45分
電話番号:0738-65-0154
公式サイト:わかやま観光 興国寺 | 和歌山県公式観光サイト


 

白崎海岸夕日

ここまで、白崎海岸とその周辺スポットの魅力について、ご紹介してきました。白い石灰岩に覆われた白崎海洋公園で見る圧巻の風景や神秘の世界を体験できる戸津井鍾乳洞、由緒ある興国寺もオススメです。紹介したスポットは、それぞれ車で移動しやすい場所にあるので、大自然や歴史に触れながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

観光を心ゆくまで味わった後は、Hotel & Resorts WAKAYAMA-MINABEの露天温泉や美味しい食事をゆっくり楽しみながら、旅の思い出に浸ってください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP