全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

「アンパンマン」の世界に浸れる!やなせたかし記念館を家族で楽しもう♪

2022-01-25

(c)やなせたかし
(c)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
写真提供:(公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団

高知県香美市にある自然豊かな香北町は、「アンパンマン」の作者・やなせたかしの故郷。この町には子供から大人まで楽しめるミュージアム、「やなせたかし記念館」があります。「やなせたかし記念館」は、アンパンマンに関する作品を紹介する「アンパンマンミュージアム」、やなせ先生のライフワークであった「詩とメルヘン」の原画などを展示する「詩とメルヘン絵本館」、そのほか野外の展示や公園など一帯のエリアが丸ごとやなせ先生ワールドになっています。

「アンパンマンミュージアム」は、アンパンマンの絵本原画や、やなせ先生がこのミュージアムのために描きおろしたタブロー画を展示。また、アンパンマンの住む世界を立体的に表現した「アンパンマンワールド」や、過去のアニメを上映する「アンパンマンシアター」など、小さいお子様が楽しめるスポットもいっぱい!ぜひ家族で訪れてみませんか。

アンパンマンの作者・やなせたかしについて

やなせたかし

アンパンマンの生みの親として知られるやなせ先生。漫画家のほか、絵本作家、詩人、舞台の美術監督、作詞家と多彩な顔を持っています。実は、誰もが知っている「手のひらを太陽に」の作詞者でもあります。

アンパンマンを最初に生み出したのは50代のころ。当初は大人向けのメルヘンとして発表されましたが、1973年に月刊絵本「キンダーおはなしえほん」にて、今のアンパンマンの原型である「あんぱんまん」が掲載されました。1988年にはテレビアニメ「それいけ!アンパンマン」の放送が開始。「それいけ!アンパンマン」は今日にいたるまで30年以上多くの人に愛され、登場キャラクター数の多さでギネス世界記録認定も受けています。

アンパンマンミュージアムで楽しもう!

アンパンマンミュージアム内装
(c)やなせたかし
(c)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
写真提供:(公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団

やなせたかし記念館のメインとなるのがアンパンマンミュージアムです。サイコロ型の外観が目印で、地下1階から地上4階までアンパンマンをテーマとした多彩な展示が広がります。館内に順路はなく、好きなところから自由に回ってOKです。

1階のエントランスは3階まで吹き抜けの大空間になっていて、いたるところにアンパンマンや仲間たちが隠れています。「それいけ!アンパンマン」の過去のアニメ作品を上映するアンパンマンシアターは、館内を回って歩き疲れたら立ち寄ってみましょう。

やなせたかしギャラリー

4階のやなせたかしギャラリーでは、貴重な絵本原画やミュージアムのために描き下ろされた作品が鑑賞できます。

アンパンマンワールド
(c)やなせたかし
(c)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
写真提供:(公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団

小さなお子様には地下1階のアンパンマンワールドがおすすめ。アンパンマンたちが住む街をミニチュアで再現したジオラマが設置され、アニメの世界に入り込んだような気分になれますよ。

詩とメルヘン絵本館でやなせたかしワールドを堪能!

詩とメルヘン絵本館

詩とメルヘン絵本館は、アンパンマンミュージアムの近くにあるもう一つの美術館です。やなせ先生が編集長を務めた月刊誌「詩とメルヘン」の表紙イラストやカットを一堂に展示し、アンパンマン以外のやなせたかしワールドが堪能できます。

詩とメルヘン絵本館では年に2〜3回の企画展を開催し、「詩とメルヘン」ゆかりの作家や国内外の絵本作家等の原画が展示されます。

その他にもみどころがいっぱい!

たたかうアンパンマン像
(c)やなせたかし
(c)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
写真提供:(公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団

2つの施設の他にも見どころがいっぱいあります。アンパンマンミュージアムのすぐ横には全長約7mの「ジャイアントだだんだん像」、向かいの広場には全長約3mの「たたかうアンパンマン像」があり、絶好の撮影スポットになっています。

詩とメルヘン絵本館と隣接した収蔵庫の壁面には、表側に「アンパンマン」が、裏側に「ばいきんまん」がモザイクタイルで描かれています。こちらも人気撮影スポットなので、ぜひ訪れてみてくださいね。

やなせたかし記念公園
(c)やなせたかし
(c)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
写真提供:(公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団

アンパンマンミュージアムから歩いて3分のところにある「やなせたかし記念公園」には、やなせ先生自身がモチーフの”やなせうさぎ”を中心に、アンパンマンの仲間たちの像が集結。高知特産の柚子の木に囲まれた休憩スポットになっています。


【香美市立やなせたかし記念館】

住所:高知県香美市香北町美良布1224-2
アクセス:Royal Hotel 土佐から、香美市立やなせたかし記念館までお車で約40分
電話番号:0887-59-2300
営業時間:通常期間 9時30分~17時(最終入館 16時30分) 7月20日~8月31日 9時~17時00分(最終入館 16時30分)
定休日:火曜日(火曜日が祝日の場合は、その翌日)
※3月25日〜4月6日、4月29日〜5月5日、7月20日〜8月31日、12月24日〜1月7日は無休。
料金:《共通券》一般 800円、中高生 500円、小人(3歳以上小学生) 300円、3歳未満 無料
《詩とメルヘン絵本館 単独券》一般 450円、中高生 200円、小人(3歳以上小学生) 100円、3歳未満 無料
公式サイト:香美市立やなせたかし記念館


高知県香美市にある「やなせたかし記念館」の見どころを紹介しました。大人から子供まで一緒に楽しめる可愛くてユニークなミュージアムです。きっと素敵な思い出を作れるでしょう。

Royal Hotel 土佐からのアクセスもいいので、アンパンマンワールドを堪能した後は当ホテルでゆっくりおくつろぎください。家族でゆっくりとくつろげる和洋室タイプのファミリールームも用意しているので、小さなお子様連れの宿泊も安心です。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP