全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

富山湾が育む美味!今が旬の紅ズワイガニをお取り寄せで堪能しよう♪

2021-12-08

海鮮の宝庫として知られる富山。駅弁で人気の「ます寿司」をはじめ、ブリやホタルイカ、白エビなどが有名です。そんな富山で、ここ数年「紅ズワイガニ」の注目が高まっているのをご存じでしょうか? 近年、県全体でPRに力を入れており、新たな富山グルメとして定着しつつあります。

今回はそんな紅ズワイガニの魅力をご紹介するので、美味しいもの好きな方は必見ですよ!後半には、お取り寄せできるダイワロイヤルホテルの公式通販サイト「りぞけっと」についてもまとめているので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

富山湾は美味しいものの宝庫

富山湾

まずは、海鮮の宝庫と呼ばれる富山の海について見ていきましょう。

富山湾の代表的な海鮮といえば、ブリ・ホタルイカ・白エビが有名です。ほかにも甘エビやスルメイカ、イワガキなどに加え、最近ではコラーゲン豊富なゲンゲも人気が高まっており、ありとあらゆる魚介類が生息しています。魚だけでもおよそ500種が生息しているといわれ、まさに海鮮の宝庫です。

富山湾イラスト
画像提供:IMC Planning inc.

富山湾は、淡水と海水が混ざり合う「沿岸表層水」・暖水性の「対馬暖流水」・冷水性の「日本海固有水」と、性質の異なる海水が3層になってできています。それぞれの層で生息する生き物が違ってくるため、その分魚介類の種類も多様になるのです。加えて、陸からは立山連峰の栄養豊富な河川水が流れてくるため良質なプランクトンが育ち、それらを餌とする小魚や小魚を捕食する中・大型魚も十分に育つことで、結果的に良質な海の幸の宝庫となります。

富山湾イラスト
画像提供:IMC Planning inc.

また、大きく広がる能登半島が天然の生簀の役割を果たすので、すぐ近くの漁港まで短時間で届けられるのも大きな特徴です。水揚げされたばかりの魚たちは、新鮮で傷みも少ないうちに市場やお店に運ばれます。

富山湾の海鮮が美味しい理由は、このような2つの自然的要因によって成り立っているのです。

「富山湾の朝陽」といわれる紅ズワイガニとは

紅ズワイガニ
写真提供:(公社)とやま観光推進機構

富山県がここ数年、力を入れてPRしているのが「紅ズワイガニ」です。水深800m以下の深海に生息するカニで、見た目はズワイガニに似ていますが、足と甲羅がはっきりとした赤色であることから見分けられます。ズワイガニに比べると殻が柔らかく、身も水分が多めなので、これまではズワイガニの代替品として扱われてきましたが、近年その美味しさが再評価されることに。「厚くて身離れのよい身と、濃厚なカニ味噌」が高く評価され、人気上昇中です。

今では、甲羅の大きさや重さが一定の規格をクリアしたものに「高志(こし)の紅ガニ」のタグをつけてブランド化。春のホタルイカ・夏の白エビ・冬のブリに次ぎ、富山県の秋を代表する海産物に育てるため、積極的にPRされています。

なお、「富山湾の朝陽」というキャッチフレーズには、鮮やかな赤色を富山湾に昇る朝陽に見立て、「価値も知名度もどんどん上昇してほしい」という願いが込められているのだそう。

紅ズワイガニの昼セリ

湾内の漁港で行われる昼セリでは、その日水揚げされたばかりの紅ズワイガニがずらりと並びます。上から眺めるとまるで赤い絨毯のように見えるほど、色鮮やかなカニがたくさん並ぶ様子は圧巻です。たくさんのカニが次々と競り落とされていくのを眺めるのもまた一興。昼セリは見学もできるので、富山旅行の際はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。


【富山新湊漁港】

住所: 富山県射水市海王町1
アクセス:Royal Hotel 富山砺波から、富山新湊漁港までお車で約40分
電話番号:0766-84-1233(新湊きっときと市場)
営業時間:通常12時30分~
定休日:日曜日、水曜日、年末年始、休場日
(他祝祭日も休みの場合がありますのでお電話でご確認ください)
料金:(9月~5月のみ)1人100円
公式サイト:新湊きっときと市場
その他:要事前予約。無料駐車場あり


紅ズワイガニの旬と美味しさ

紅ズワイガニ

紅ズワイガニ漁の解禁日は、毎年9/1。秋冬に旬を迎える紅ズワイガニは11~12月頃になると漁獲量が最も盛んになり、翌年の5月末まで漁が続けられます。紅ズワイガニは比較的鮮度が落ちるスピードが速いため、「いかに新鮮なまま水揚げするか」が大事なポイント。紅ズワイガニ漁に用いられる「かごなわ」漁業は、魚津市の漁業者が編み出した漁法で、現在では日本各地で行われているほど広く普及しています。

紅ズワイガニ

このかごなわ漁業によって水揚げされた紅ズワイガニは、それまでの漁法と比べて傷みも格段に少なく鮮度抜群!身が厚くて甘みが強く、新鮮なものはズワイガニよりも甘くておいしいとまで評されることも。さらには濃厚なカニ味噌が後を引く美味しさで、一度食べたらクセになってしまいます。また、味のよさに反して価格は比較的リーズナブルなところも嬉しいポイントです。

市場などにあるお店では、漁が解禁されると獲れたての紅ズワイガニを使った料理を頂けます。産地だからこそできる刺身でも楽しめるので、一度は訪れてみたいものですね。

紅ズワイガニの美味しい食べ方

紅ズワイガニ

それでは、ここからは紅ズワイガニの美味しい食べ方をご紹介します。

茹でガニ

カニ本来の味わいを楽しむなら、まずは茹でガニを頂きましょう。カニの食べ方としては一番オーソドックスな食べ方です。プリプリと大きな身で食べごたえがあり、身の甘みと濃厚なカニ味噌がたまりません。そのまま食べるだけでなく、酢飯と合わせて海鮮丼にしたり、チャーハンやカニクリームコロッケなどの料理に活用したりと、色々とアレンジ可能です。

焼きガニ

茹でガニとはまた違った食感を楽しむなら、焼きガニがオススメ。旨味がギュッと凝縮し、食感もホクホクしたものに変わります。殻の焼ける香ばしい香りが、美味しさを引き立てるポイント。自宅で焼くときはコンロや網のほか、ホットプレートでも調理可能です。殻が熱くなるので、素手で触る時は火傷に注意してくださいね。

カニ鍋

寒い冬の日に体がほっこり温まるカニ鍋も定番の食べ方です。カニの旨味がスープに溶け込むので、お出汁はシンプルに昆布でとったものにするとよいでしょう。茹ですぎると身が硬くなってしまうので、軽くしゃぶしゃぶにするように食べるのがオススメです。〆はぜひ雑炊にして、最後までカニの旨味を堪能しましょう。

甲羅グラタン

カニの甲羅に茹でた身・カニ味噌・ホワイトソースを混ぜ入れ、チーズをのせて焼いた甲羅グラタン。濃厚なカニ味噌とホワイトソースの相性が抜群で、こっくりとした奥深いコクを味わえます。見た目にも豪華なので、パーティーなどで食卓を華やかにしたいときにもぴったりです。

ホテルのレストランで食べられるほか、「りぞけっと」では紅ズワイガニのお取り寄せも

紅ズワイガニ

今が旬の紅ズワイガニ。漁港や市内のお店はもちろん、Royal Hotel 富山砺波のレストランでも旬の紅ズワイガニをたっぷり堪能できるので、富山を訪れる際はぜひご賞味ください。

また、ダイワロイヤルホテルの公式通販サイト「りぞけっと」では、オンラインでの購入も可能です。遠方でなかなか訪れるのが難しいという方は、ぜひお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

商品は2種類あり、Aセット(面有)・Bセット(面無)、どちらも3杯分です。既にボイル済みのものが届くので、解凍してすぐにそのまま食べられます。下処理の手間がかからないので、焼いたりグラタンなどにアレンジしたりするのも簡単です。

今まさに旬を迎える富山の絶品グルメを、ぜひご自宅でも堪能してみてくださいね。


お取り寄せはこちらをチェック!

 

今回は、新しく富山グルメを代表する「紅ズワイガニ」をご紹介しました。甘みたっぷりの身と濃厚なカニ味噌は、茹で・焼き・鍋・グラタンなど、どんな食べ方でも美味しく頂けます。Royal Hotel 富山砺波では、新鮮な紅ズワイガニを使った料理をご提供しているので、富山にお越しの際はぜひご利用ください。なお、当ホテルの通販サイト「りぞけっと」からはお取り寄せもできるので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

今が旬の紅ズワイガニ。年末年始のごちそうにいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP