全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

おうちで外食気分を楽しもう!旨味たっぷりの岩手の銘柄豚「佐助豚」をお取り寄せ♪

2021-11-12

「TOKYO X」や「かごしま黒豚」など、多くの銘柄豚が日本の各地で飼育されています。岩手には10種以上の銘柄豚が存在しますが、その中でも脂がジューシーで美味しいことで名高いのが「佐助豚」です。

佐助豚が生産されるのは、岩手県の北部にある「久慈ファーム」です。食肉加工場も併設する久慈ファームでは、飼育から加工、販売までを一貫して行い、いのちの恵みを無駄なく活かします。いのちをいただくことに感謝が深まる、佐助豚の魅力をお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

佐助豚とは

佐助豚
写真提供:久慈ファーム

岩手の銘柄豚のひとつ「折爪三元豚 佐助」の通称は「佐助豚」。レストランなどから銘柄指定で取引されるほど人気の品種で、岩手県の北部、折爪岳(おりつめだけ)の麓にある「久慈ファーム」で生産されています。いのちの恵みを無駄にしないため、精肉としてはもちろん、馴染みのない部位は食べやすい加工品にするなど、SDGsにつながる取り組みもみられます。

佐助豚
写真提供:久慈ファーム

佐助豚の魅力は何といっても脂の美味しさです。それもそのはず、佐助豚は脂身にこだわって作られた品種です。脂の融点は、一般的な豚肉より2~3度低い約35.7度。脂が固まりにくいため、冷めてしまったお肉でも美味しくいただけます。口の中であっという間にとろける脂の魅力に加えて、旨味たっぷりの赤身や豚肉特有の臭みを感じない柔らかな肉質の佐助豚には、岩手をはじめ関東エリアのレストランなどで出会えます。

佐助豚が生産される環境へのこだわり

佐助豚が生産される環境
写真提供:久慈ファーム

久慈ファームでは、四季の恵みや生産者さんの愛情に包まれながら佐助豚のいのちが育まれます。例えば-15度~-20度になる折爪岳の冬の寒さは、菌をリセットするのに良い環境です。佐助豚を潤すのは、地下約150mからくみ上げられる伏流水です。温度や湿度が24時間管理された清潔な豚舎で佐助豚はのびのびと育ちます。

佐助豚/一貫生産
写真提供:久慈ファーム

そして、トウモロコシをベースにしたエサに200~300万年前の植物性炭化物を配合することで、とろける脂と臭みのない肉質の佐助豚が生まれます。しかし、美味しさのポイントでもある融点の低い脂と柔らかい肉質は、加工が難しいという側面も持っています。久慈ファームでは、加工業者を通さずに薄切りなどの難易度の高い工程などから、加工、販売までを一貫して行うようになりました。ひとつのいのちとして大切に扱われる佐助豚は、細やかな工程を経て、最適な状態で届けられるのです。

佐助豚の美味しい食べ方

佐助豚/生姜焼き
写真提供:久慈ファーム

どのように調理しても美味しいと言われる佐助豚を、ぜひ味わってください。ノンフローズンの精肉が手に入れば、肩ロースはステーキ、ローススライスなら生姜焼きや肉巻きなどでいただくのがオススメです。また、ロースとバラなど部位ごとの味わいを、しゃぶしゃぶで堪能するのも良いでしょう。ひき肉でハンバーグを作れば、臭みがなくジューシーな肉汁を楽しめます。

脂身の美味しさを生かせるのは、焼豚です。ひと手間はかかりますが、美味しい脂と柔らかい肉質をしっかりと味わえます。また、保存性を高めながら佐助豚を美味しくいただけるのは、コンフィです。オイルでじっくりとお肉を煮込むコンフィは、調理の過程をのんびりと楽しみたい方にピッタリです。どんな風に調理しようかと考える時間も楽しいですね♪

りぞけっとで佐助豚をお取り寄せ

佐助豚のシャルキュトリーセット

ダイワロイヤルホテルのネット通販サイト「りぞけっと」には、精肉や加工済みの佐助豚がたくさん揃います。今回は、ホームパーティなどにオススメしたい、湯煎や自然解凍などの簡単なプロセスでいただける加工品をピックアップして紹介します。気軽に外食気分が味わえる嬉しいラインナップを、ぜひチェックしてください。

佐助豚 パーティセット

佐助豚 パーティセット

ワイン好きが集まるホームパーティなどにピッタリの、その名も「パーティセット」です。「佐助ベーコンのキッシュ、スネ骨付きのコンフィ、レバーペースト、サラミスライス」は、やや大人向けのセレクトです。

佐助豚 パーティセット/りぞけっと

佐助豚のシャルキュトリーセット

佐助豚のシャルキュトリーセット

佐助豚の加工品が揃った「佐助豚のシャルキュトリーセット」。いのちの恵みを無駄なく活かすためにつくられたセットでは、「パテ・ド・カンパーニュ、パテ・オン・クルット、フロマージュ・ド・テッド、スネ骨付きのコンフィ、レバーペースト、リエット」がいただけます。6種類もあるので、お気に入りのシャルキュトリーが見つかるのではないでしょうか。

佐助豚のシャルキュトリーセット/りぞけっと

佐助豚ピッツァ3点セット

佐助豚ピッツァ3点セット

岩手産のトマトやマッシュルームなどの食材と佐助豚のコラボレーションを楽しめる「佐助豚ピッツァ3点セット」です。「サルシッチャとレモンのピッツァ、ナポリサラミとドライトマトのピッツァ、モルタデッラハムとジェノベーゼのピッツァ」と、大人も子どもも楽しめる組み合わせ。解凍後に180度のオーブンで約7~8分焼いたら出来上がりです。

佐助豚ピッツァ3点セット/りぞけっと

岩手の銘柄豚「佐助豚」を紹介しました。折爪岳の大自然の中、久慈ファームの皆さんの愛情に包まれて、佐助豚はすくすくと育ちます。大切に育てられたいのちは、丁寧にいただきたいものです。りぞけっとでは佐助豚の精肉や加工品などがお取り寄せできます。ワインと一緒にパーティセットを楽しんだり、シャルキュトリーを食べ比べしたりと、佐助豚を美味しく味わってください。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
PAGE TOP