全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

ビールにジンギスカン!サッポロビール園の美味しいグルメを楽しもう♪

2021-11-19

北海道・札幌市の中心に佇む都市型ホテル「ロイトン札幌」は、観光やビジネス、地元でゆっくり過ごしたい時にもおすすめの心安らぐ洗練されたホテルです。このアクセスの良いホテルを拠点に、北海道の魅力をたくさん感じたいという方も多いのでは。

そこで今回は、ロイトン札幌からほど近い「サッポロビール園」について紹介していきます。他では味わえない、北海道ならではのグルメ・歴史・景観を心ゆくまで楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

サッポロビール園について

サッポロビール園

1966年に誕生したサッポロビール園は、王道のビアホールや北海道ならではの料理を楽しめるレストランなどが入った「開拓使館」を中心とした複合施設です。

明治時代に建設された赤レンガ造りの建物や、大正元年に造られたビールを仕込む時に使用する大きな釜・ケッセルが置かれたクラシカルな内装など、見応えのあるタイムスリップしたようなスポットがたくさんあります。令和元年には来園者数が3,500万人を超えるなど、地元のみならず全国から観光で訪れる方が後を絶ちません。

味わえる料理や雰囲気が全て異なる5つのホールレストランでは、自慢のジンギスカンと新鮮なビールが一緒に楽しめます。訪れるシーンに合わせて利用してみてくださいね。

世界でここだけのサッポロビールを味わおう!

ビール

サッポロビール園では、1967年に発売されたプレミアムビール「サッポロファイブスター」の復刻版をこの場所限定でいただくことができます。サッポロビール園内の全ホールで用意されているので、スッキリとした甘味・味を引き締めてくれるホップの苦味・豊かに香る芳醇な味わいを、お好みの料理と合わせて堪能してみてください。

その道のプロが注いでくれる、口当たりが滑らかな黄金比のビールと相性の良いおすすめ料理は、何といっても地元の北海道食材を使用したジンギスカンです。雰囲気の異なる多種多様なレストランで、世界中探してもここでしか味わうことができない贅沢なひと時を過ごせます。

マイカーやレンタカーで訪れる場合は、運転手の方がアルコールを飲めなくなってしまいます。そんなときは、タクシーやJR札幌駅から出ているバスを利用しましょう。安心してみんなでビールを楽しめるのでおすすめです。

ジンギスカンは必食!色々な味が楽しめるレストランも

ジンギスカン

美味しいビールはもちろん、中央が盛り上がった山型の鉄鍋でラム・マトンを焼き上げる北海道の郷土料理「ジンギスカン」を楽しめるのが、サッポロビール園の魅力です。園内では、臭みやクセが少ないとされる生後1年未満のラム肉のみを使用しています。ジンギスカンに馴染みがない方でも安心して頂けますよ。

ラム肉は牛・豚・鶏肉よりも低カロリーでビタミン類も豊富に含まれています。脂肪燃焼を促進すると言われているので、ダイエットをしている方や健康を意識している方にも大人気です。

上質なお肉を鉄鍋の溝から余分な脂を落としながらヘルシーに焼き上げて、果物の風味を生かしたサッポロビール園特製のタレで美味しくいただいてくださいね。

園内の「ケッセルホール」と「ポプラ館」では、ジンギスカンを食べ放題で楽しめます。「トロンメルホール」では、ジンギスカンに加えて寿司やカニなども食べ放題!「ガーデングリル」では、穀物を食べさせて育てた更にクセの少ないジューシーなラム肉をどうぞ。「ライラック」では、醤油・ハーブ・ニンニク塩などをもみ込んだ様々な味わいのジンギスカンを楽しめるので、お好みに合わせて食べ比べてみるのもおすすめです。

博物館や撮影スポット、ガーデンショップも

サッポロビール園

見所はレストランだけでなく、日本中でここにしかないビールの博物館「サッポロビール博物館」や、オリジナルグッズが多数用意された「サッポロビール園ガーデンショップ」もあります。

北海道遺産に指定されたサッポロビール博物館は、予約不要で自由に見学することができます。もし、より詳しく見たい場合は、事前予約をして有料のプレミアムツアーに参加しましょう。有料ツアーでは、ビールの試飲もできるのでオススメです。

北海道開拓の歴史を実際に目で見て、当時の雰囲気を感じることができる撮影スポットも多くあります。たくさんある撮影スポットの中でも、赤レンガが特徴的な開拓使館の大きな煙突は特に人気のスポットです。他にも「麦とホップを製すればビールという酒になる」と、大きな字で書かれた大樽、サッポロビール園ならではの巨大なビールの仕込み釜なども。訪れた記念に、たくさん思い出の写真を撮ってくださいね。

帰る前には、ぜひガーデンショップへ。北海道銘菓やビール園限定のグッズ、お家で本格的なジンギスカンが楽しめるセットなどが売られています。お家で、思い出話に花を咲かせながらお土産を楽しむのもよいのではないでしょうか。サッポロビール園をめいっぱい楽しみ尽くしましょう。


【サッポロビール園】

住所:北海道札幌市東区北7条東9丁目2-10
アクセス:ロイトン札幌から、サッポロビール園までお車で約15分
電話番号:0120-150-550(サッポロビール園総合予約センター)
営業時間:11時30分~21時(L.O.20時40分)
定休日:12月31日
公式サイト:サッポロビール園|ビールのふるさと・ビアカントリー


 

ロイトン札幌

ビールだけじゃない「サッポロビール園」の魅力をたくさん紹介してきました。お酒が飲めない方やお子様でも楽しめるスポットが満載なので、家族旅行やお友達同士の観光、大人のデートなど、色々なシーンにおすすめです。四季折々の自然も美しく、訪れる度に違った表情のビール園を楽むことができるのも魅力の1つです。サッポロビール園でとことん遊んだあとは、ホテルに帰ってゆっくり疲れを癒してくださいね。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
PAGE TOP