全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

数々の賞を受賞!「小松酒造」と「鳴滝酒造」の銘酒を味わおう♪

2021-11-26

佐賀県唐津市には、豊かな唐津の自然の恩恵を受けた美味しいお酒を造る酒蔵があるのをご存知でしょうか。今回は、その「小松酒造」と「鳴滝酒造」についてご紹介します。ぜひ一度、美味しい唐津の銘酒を味わってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

休止から復活を遂げた「小松酒造」

小松酒造
写真提供:小松酒造

小松酒造は、江戸時代の末期に創業した酒蔵です。蔵の壁の一面には、大正から昭和にかけての新酒鑑評会の賞状が並び、その高い評価のほどがわかります。戦時中には、前線基地で海軍に愛飲された清酒「宣揚」を造っていたものの、平成2年に、やむを得ずお酒造りを休止することになりました。その後、平成7年に現在の社長の小松大祐氏が酒蔵を再興させた酒蔵です。

小松酒造
写真提供:小松酒造

小松酒造のお酒は、可能な限り旧来の器具を活用し、全ての工程を手作業で行っています。また、日本酒造りに使うお米にもこだわっており、酒造りに使うお米の90%が日本酒造りを目的として作られた「酒造好適米」です。さらにその「酒造好適米」の50%が、地元相知町で契約栽培している「山田錦」を使用しています。この酒蔵のお酒は、少量生産かつ限定流通なので、なかなか飲む機会のない貴重なお酒でもあります。

こだわりの水が銘酒を生みだす「鳴滝酒造」

鳴滝酒造
写真提供:鳴滝酒造

鳴滝酒造は、宝永2年(1705年)より酒造りを行っていたと言われる「太閤酒造」を母体とする酒蔵です。鳴滝酒造が新しく蔵を建てた際に、最もこだわったのが「水」です。それは、茶の湯を愛した太閤秀吉が美味しいお茶を求めて、千利休に茶を点てるために渡した湧き水の話がルーツとなっています。実際、鳴滝酒造の酒蔵は、唐津の歴代藩主がお茶会のお茶に用いた湧き水が出る場所に建てられています。

鳴滝酒造
写真提供:鳴滝酒造

この美味しい水によって、鳴滝酒造のお酒の品質が保たれており、この酒蔵の代表的なお酒である「聚楽太閤」は、唐津の銘酒として九州の北部エリアで多くの支持を得ています。鳴滝酒造は、「一に米、二に水、そして技」の理念のもと、高品質なお米と滑らかな仕込み水の特性を活かし、口当たりが柔らかく、のど越しもなめらかな日本酒を生み出しています。そんな優しさの感じられるお酒を口にすると、鳴滝酒造のお酒にファンが多いのも頷けます。

復活の美酒「万齢」

万齢
写真提供:小松酒造

小松酒造が、休止から再開した際に造られた「万齢」は、『復活の美酒』として名が知られています。中でも「大吟醸 万齢」は、平成10年度福岡国税局酒類鑑評会で優等賞を受賞した銘酒です。このお酒は、地元相知産「山田錦」を精米割合38%まで磨き、低温でじっくりと発酵させて醸造されています。やや辛口のさっぱりとした口当たりの中に、ふんわりとした旨味が感じられるのが印象的なお酒です。この他にも、日本酒特有の華やかな香りと柔らかい口当たりの「純米吟醸 万齢」、かぐわしい香りと旨みとともに、喉ごしの良さが特徴的な「特別純米 万齢」など、飲み比べを楽しめるラインナップとなっています。

鳴滝酒造の代表酒「聚楽太閤」

聚楽太閤
写真提供:鳴滝酒造

鳴滝酒造を代表する日本酒である「聚楽太閤」は、全国新酒鑑評会で6年連続を含む12回の「金賞」を受賞した銘酒です。福岡国税局主催酒類鑑評会の吟醸酒の部においては、最も優れた一品のみに与えられる「大賞」の受賞を5回も果たしているほど。近年では、海外の鑑評会でも高い評価を得ています。「聚楽太閤・大吟醸」は、上品な吟醸香ときめ細やかな味わいが感じられるお酒で、「聚楽太閤・純米吟醸」は、酒米の全てに特別契約栽培の「山田錦」を使用した贅沢なお酒です。ほのかに香る吟醸香と、口にする度に味わえる深みに、思わず杯が進んでしまうお酒です。

ホテルのレストランで味わえるほか、ショッピングプラザでの取り扱いも

Hotel & Resorts SAGA-KARATSU/レストラン

ホテルのレストランでは「万齢」の『特別純米 万齢(グラス810円/ボトル6,500円)』と『純米吟醸 万齢(グラス880円/ボトル6,800円)』を用意しています。「聚楽太閤」は『本醸造生酒(300ml 1,397円)』をいただけます。それぞれに味わいは異なるものの、唐津の酒蔵が生み出したお酒だけに、豊かな玄界灘の魚介類との相性は抜群。ホテル自慢の新鮮な海鮮料理などと一緒に味わってくださいね。

また、ホテル内のショッピングプラザで小松酒造の「万齢」と、鳴滝酒造の「聚楽太閤」を買うことができます。ショッピングプラザで取り扱っているのは、「万齢」では、『万齢 特別純米 超辛口(1,870円)』、『純米吟醸 万齢(2,090円)』、『万齢 灯(2,628円)』です。「聚楽太閤」は、『純米吟醸(2,200円)』、『大吟醸・古からつ(4,400円)』、『吟醸酒(2,200円)』があります。購入して自宅で味わうのも良いですし、お土産や贈り物としてプレゼントするのもオススメです。

※価格は全て税込みとなります。

 

聚楽太閤
写真提供:鳴滝酒造

ここまで、佐賀唐津にある酒蔵「小松酒造」と「鳴滝酒造」、そしてその酒蔵が生み出す美味しいお酒についてご紹介してきました。ホテルでは、名物の烏賊の活き造りや佐賀牛をはじめとする、佐賀の美味しい食材をふんだんに使った料理をご用意しています。ぜひ、ホテルのレストランで佐賀唐津の銘酒と一緒にご賞味ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
PAGE TOP