全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

「樹氷」や「氷瀑」!美しい氷のアートが見られる裏磐梯の冬の名所をご紹介

2021-10-26

四季を通して自然の魅力あふれる福島県ですが、雪国としても有名です。特に裏磐梯は、冬ならではの雪と氷の天然アートが人気で、毎年多くの人がその景色をもとめて訪れる冬の楽しみが多い観光エリアです。

滝が凍った「氷瀑」、樹木に雪や氷がついて形づくられる「樹氷」、湖水が岸辺の樹木に氷着した「しぶき氷」と、今回は、美しく幻想的な自然の造形美が存在するスポットをご紹介します。今年の冬は、裏磐梯の冬にしか見られない冬景色の旅に出かけるのはいかかでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

裏磐梯を白く彩る氷のアート

裏磐梯を白く彩る氷のアート
写真提供:裏磐梯観光協会

福島県の裏磐梯は、磐梯山の火山活動から起こる水蒸気爆発によって豊かな自然が生み出されました。

冬は雪に覆われ、鮮やかなグリーンが美しい春夏とは全く違う景色を見せてくれます。 磐梯山の木々、多くの滝と川、その水が流れ込んでできた湖が、雪に覆われたり凍ったりすることで生み出される氷瀑や樹氷の氷のアートは、澄み切った冬の空気のなかで映え、とても神秘的です。

例えば、凍った滝である氷瀑の名所は日本各地にありますが、この裏磐梯には、「イエローフォール」「ブルーフォール」と呼ばれる氷に色がついた珍しい氷瀑などがあり、是非見ておきたい雪と氷の景色がたくさんあるのです。

磐梯山の幻の滝「イエローフォール」

イエローホール
写真提供:裏磐梯観光協会

裏磐梯の真冬の季節にしか見ることができないイエローフォールは、その名の通り、滝の水が黄色く色づいて凍っている、「幻の氷瀑」 とも呼ばれる珍しい氷瀑です。

滝の壁から少しずつ染み出ている磐梯山の硫黄分や鉄分を含んだ水が、凍ると黄色い氷となります。それがくり返し氷結することで、高さ約10m、幅約8mほどの黄色い氷になるのです。

このイエローフォールへは、裏磐梯スキー場をリフトで登り、さらにスノーシューでトレッキングコースを約40分ほど歩いてたどり着きます。

※イエローフォールを見に行くためには、個人での冬のトレッキングは危険ですので、スノーシューレンタル付きのガイドツアーを利用しましょう。


【イエローホール】

住所:福島県耶麻郡猪苗代町後磐梯山
アクセス:Active Resorts 裏磐梯から、イエローホールまでお車で約15分
電話番号:0241-32-2349(裏磐梯観光協会)
公式サイト:イエローフォール – 裏磐梯観光協会


青く幻想的な「ブルーフォール」

ブルーフォール
写真提供:裏磐梯観光協会

ブルーフォールは、小野川湖の上流にある「小野川不動滝」で見られる冬の景色です。

この滝は水量の多い滝で、滝全体の水は凍りませんが、周辺にできる氷が、青く見えることからこの名前がついています。

周囲の氷がブルーに見える理由は、滝の水しぶきが外側から少しずつ凍り、それらは不純物を含まない氷となることで、その氷の形状と性質から、太陽光の青い光を反射するようになるからです。

流れる滝の水とその周囲の氷、「動」と「静」のコントラストが幻想的な魅力を醸し出してくれます。

※ブルーフォールを見に行くためには、個人での冬のトレッキングは危険ですので、スノーシューレンタル付きのガイドツアーを利用しましょう。


【ブルーフォール(小野川不動滝)】

住所:福島県耶麻郡北塩原村檜原荒砂沢山
アクセス:Active Resorts 裏磐梯から、ブルーフォール(小野川不動滝)までお車で約10分
電話番号:0241-32-2349(裏磐梯観光協会)
公式サイト:小野川不動滝 – 裏磐梯観光協会


天神浜の氷の芸術「しぶき氷」

しぶき氷

しぶき氷とは、猪苗代湖の天神浜湖岸で観ることができる氷の景色です。全国的にも人気で、観光客はもちろん自然写真のカメラマンなどもこのしぶき氷をみるために毎年多くの人が集まる、冬の名所になっています。

猪苗代湖は冬でも凍らない不凍湖ですが、その湖岸は真冬には氷点下10℃ほどまでに気温が下がります。強く冷たい冬の風に煽られた波しぶきが、周りの岩や樹木に幾重にも重なりながら凍り、全体を覆うように氷のコーティングが完成するのです。

しぶき氷は、つらら状やたまご状など様々な形が生まれ、まさに自然がつくる氷の芸術といえるでしょう。


【猪苗代湖 天神浜】

住所:福島県耶麻郡猪苗代町中小松西浜1615
アクセス:Active Resorts 裏磐梯から、猪苗代湖 天神浜までお車で約35分
電話番号:0242-62-2048(猪苗代観光協会)
公式サイト:しぶき氷(天神浜) | 猪苗代観光協会【公式ホームページ】


白く美しい氷の花「樹氷」

樹氷

樹氷は0℃以下になった濃霧などが風に吹きつけられて樹木に付着して凍ったものが積み重なり、氷の結晶となった状態です。

樹氷や雪によって全体が真っ白に覆われた木は、その姿から「アイスモンスター」や「雪の坊」などとも呼ばれます。裏磐梯では、西吾妻山にあるスキー場「グランデコスノーリゾート」で、このアイスモンスターたちに出会えます。

この辺りの木は背が低く密集して生えているので、ゴンドラで山を登っていく途中に、小さめのアイスモンスターの大群を見ることができます。樹氷を間近でみるためには、ゴンドラを下りた後、雪の道を進んでいかなければなりません。そのためスノーシューなど雪用の装備が必要になりますが、グランデコスノーリゾートではこれらの装備をレンタルもできるので安心です。


【グランデコスノーリゾート】

住所:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
アクセス:Active Resorts 裏磐梯から、グランデコスノーリゾートまでお車で約10分
電話番号:0241-32-2530
定休日:なし(ゴンドラリフト点検期間はあり)
料金:ゴンドラリフト(往復)2,000円
公式サイト:グランデコスノーリゾート


Active Resorts裏磐梯 お風呂

雪や氷が作る自然のアートが楽しめる裏磐梯の冬。全国でも珍しい、ここでしか見られない幻想的なシーンを体験したあとは、Active Resorts 裏磐梯で、あたたかな時間をお過ごしください。磐梯山を眺めながらゆったり過ごせる広めの客室、磐梯山の恵みをうけた「五色温泉」の露天風呂や大浴場、会津の味を堪能できる郷土料理、そして心を込めたサービスで、皆様をお迎えいたします。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
PAGE TOP