全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

天空のリフトに乗って♪ 恋人たちの聖地 「大山桝水高原」を満喫しよう!

2021-10-21

「大山桝水(だいせんますみず)高原」は中国地方の最高峰として知られる大山の西側に位置し、雄大な大山と日本海を一望できるネイチャースポットです。冬場はスキー場として利用されていますが、「恋人の聖地」でもあるこの高原には、季節を問わず毎年多くの観光客が訪れます。

今回はそんな大山桝水高原の魅力とともに、これから秋冬にかけての見どころやグルメ情報などをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

大山桝水高原について

大山桝水高原

「大山桝水高原」といえば、スキー場としても有名な鳥取県のネイチャースポット。「伯耆(ほうき)富士」とも呼ばれる大山は標高約1,709mを誇る険しい山ですが、高原が広がる西側はなだらかな斜面の裾野になっており、雄大な山の景色と日本海を見渡せる絶景が広がります。冬にウィンタースポーツを楽しむのはもちろん、春~秋にかけては大自然のなかで四季折々の景色を眺めたり、定期的に開催される季節のイベントに参加したりと、オールシーズン楽しむことができます。

また、プロポーズにふさわしいロマンティックスポットとして「恋人の聖地」に選ばれたことも忘れてはいけません。展望台にある恋人の聖地モニュメントには『ハート型南京錠の愛鍵を購入して2人でロックすると永遠の愛が約束される』という伝説があり、たくさんの南京錠が掛けられています。恋みくじなども引けるので、カップルはもちろん、友達同士で気になる恋の運試しをしてみてはいかがでしょうか。

大山桝水高原といえば天空リフト

天空リフト

大山桝水高原最大の魅力が、こちらの「天空リフト」です。春~秋にかけて空中散歩を楽しむ観光リフトとして運行しており、片道8分程かけて標高約900mの山頂にある展望台を目指します。

天空リフトからの絶景

天空リフトに乗ると、眼下にはまさに絶景が広がります。春は若葉が芽吹く淡いグリーン、夏は青い空とエメラルドグリーンのコントラスト、秋は紅葉と金色のススキの絨毯と、季節によって全く印象が異なる景色を眺められるのも天空リフトの醍醐味です。リフトが進むにつれ、つぎつぎに広がっていく大パノラマの美しさに、思わず息を飲んでしまいます。

展望台からの眺望

到着地点の展望台からは市街地や日本海、弓ヶ浜半島、島根半島のパノラマを一望でき、天候の条件が整えば、遥か遠くに隠岐島まで見渡せることも。また、最終の乗車では夕焼けが見られるので、昼間とはまた違う表情で訪れる人々を魅了します。天気の良い日はテラス席に座り、絶景を眺めながらのんびり過ごすのもオススメです。

カップルシート

恋人の聖地らしく、天空リフトのなかにはハートが描かれたカップルシートも。カップルで訪れるなら、お望みのシートが来るのを待ってみても良いですね。ケーブルの柱には相手への質問が書いてある紙が貼られているので、付き合いたてのカップルも会話に困らなくて済みそうです。

なお、天空リフトはペットも同乗可能なので、愛犬連れのドライブ旅行にもオススメです。


【大山桝水高原】

住所:鳥取県西伯郡伯耆町大内桝水高原1069-50
アクセス:Royal Hotel 大山から、大山桝水高原までお車で約15分
電話番号:0859-52-2228
営業時間:9時~17時 ※サマーナイタータイム(夏季の土日祝日)は19時30分まで延長 ※冬季休業
定休日:無休(悪天候の場合、運休あり)
料金:大人 1,000円、小人(4歳~中学生) 700円、0~3歳 無料、ペット(1匹につき) 300円※おやつ付き
公式サイト:天空のリゾート!大山桝水高原(ますみずこうげん)
その他:ひざ掛け・傘の貸し出しあり


大山桝水高原でハイキングを楽しもう!

大山桝水高原の紅葉

展望台で景色を満喫した後は、ただリフトで降りるだけではもったいない!せっかくなら大山寺方面へと続く横手道で、自然と歴史を感じられるハイキングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

大山寺への参道にある「石の大鳥居」までなら片道約30分程で到着し、高低差が少ないので、初心者でも無理なく歩けるハイキングコースです。西日本最大級のブナ林で知られる大山は辺り一面ブナの木が自生しており、横手道もたくさんのブナやミズナラの林に囲まれた一本道になっています。

この道にはかつて「一町地蔵」と呼ばれるお地蔵様が1町(100m)ごとにずらりと並んでいましたが、現在残っているのは10体程。それぞれ表情や材質が異なるので、ぜひ見比べてみてください。

また、先を進むとカッコウやホトトギス、ウグイスなどが多く見つかる「小鳥の路」が見えてきます。あちこちから鳥のさえずりが聞こえ、様々な草花や生き物を見ることができ、自然の美しさを間近で感じられるでしょう。

グルメやイベント!まだまだある大山桝水高原のお楽しみ!

ソフトクリーム

四季折々の景色やウィンタースポーツを楽しめる大山桝水高原ですが、お楽しみはそれだけではありません。ここでしか味わえないグルメや季節のイベントなどの魅力も盛りだくさんなので、ぜひチェックしてみましょう。

【グルメ】

食彩工房 雅家

高原内のレストハウス2階にあるカフェ・レストラン。地元産の「大山鶏」をふんだんに使ったご当地メニューのなかでも、オリジナルのルーとじっくり煮込んだカレーは一番の人気メニューです。また、鳥取県産和牛を使った「大山バーガー」は日曜日限定20食という幻のご当地バーガーなので、気になる方はお早めに。


【食彩工房 雅家】

住所:鳥取県西伯郡伯耆町大内桝水高原1069-50
アクセス:Royal Hotel 大山から、食彩工房 雅家までお車で約15分
電話番号:0859-52-2420(桝水フィールドステーション)
営業時間:平日(月~木)9時~17時/金・土・祝前日9時~22時/日・祝日8時30分~17時
営業日:毎週土曜・日曜・月曜・祝日(スキーシーズンは無休)
公式サイト:天空のリゾート!大山桝水高原(ますみずこうげん)エリアガイド


まつおか食堂

大山の名物料理「大山おこわ」の名店として知られている食堂です。大山おこわはもともと氏神様の例祭や祭事で食べられていた郷土食で、このお店で使用する山菜は店主自ら山に採りに行っているのだそう。100%そば粉を使った手打ち「大山そば」も人気で、オススメは2つをいっぺんに味わえるセットです。


【まつおか食堂】

住所:鳥取県西伯郡伯耆町岩立9-5
アクセス:Royal Hotel 大山から、まつおか食堂までお車で約10分
電話番号:0859-52-2526
営業時間:平日11時~15時/土日祝10時~16時
定休日:不定休
公式サイト:まつおか食堂 | 鳥取県伯耆町観光サイト


大山まきばみるくの里

大山桝水高原に程近い「大山牧場」内の施設で、放牧されている牛との触れ合いや、アイスやバター作りなどの体験もできます。レストランでは自家製の乳製品を使ったパスタやオムライスなどのほか、名物の特製ソフトクリームも販売しており、観光客に人気のスポットです。


【大山まきばみるくの里】

住所:鳥取県西伯郡伯耆町小林2-11
アクセス:Royal Hotel 大山から、大山まきばみるくの里までお車で約10分
電話番号:0859-52-3698
営業時間:10時~17時
定休日:火曜日
公式サイト:大山まきばみるくの里


【季節のイベント】

6月頃「地BeerFest大山」

大山のきれいな水を使って作られる「大山Gビール」をはじめ、全国の地ビールもあわせて約100種ものクラフトビールが楽しめます。開放的な景色を眺めながら外で飲むビールは格別!枝豆や唐揚げなどのおつまみも充実しており、ついついビールが進んでしまいます。

7月下旬「フェスティバル・ディア・マスミズ」

大山桝水高原で毎年開かれる夏祭り。地元に伝わる盆踊りや、約2,000発の打ち上げ花火が見どころです。天空リフトの頂上に設置された特別観覧席から眺める花火は感動ものの美しさですよ。

・12月下旬「大山桝水高原スキー場開き祭」

毎年スキー場を開く前の12月下旬頃に行われ、無事にゲレンデを楽しめるように安全祈願をするお祭りです。安全祈願祭の後には暖かい汁もののサービスやデモンストレーション滑走、また、豪華景品が当たる宝探しなどのイベントも行われます。

大山

今回は大山の雄大な自然を満喫できるスポットとして大山桝水高原をご紹介しましたが、実は大山の山麗に位置するRoyal Hotel 大山からも絶景を楽しめます。館内からは大山側・日本海側の景色がそれぞれ一望でき、ホテル周辺を散歩したり、外の空気を感じながら露天風呂に浸かったりと、宿泊中も心ゆくまで大山の自然を満喫できるでしょう。景色だけではなく、地元の食材を使った料理でお腹と心も満たされること間違いなしです。鳥取県を訪れる際は、ぜひRoyal Hotel 大山をご利用ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
PAGE TOP