全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

日本で唯一の料理の神様が祀られる地!南房総の名物グルメを堪能しよう♪

2021-09-21

観光地として人気の千葉県南房総市。そんな南房総にある「高家神社(たかべじんじゃ)」をご存知でしょうか。日本で唯一の料理の神様が見守る「高家神社」は、食や料理の歴史が感じられる祭典が催されています。料理にまつわる神社があることもあり、南房総は美味しい郷土料理が盛り沢山。今回は、一度は訪れてみたい「高家神社」と共に、南房総の魅力的なグルメについてもご紹介します。千葉県に旅行に行く際は、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

料理の神様「高家神社(たかべじんじゃ)」が見守る地、南房総の食

高家神社/庖丁式

「高家神社」は、「磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)」という日本唯一の料理の神様を祀る神社です。料理だけではなく醤油業の祖神とも言われ、料理関係者や醤油業者が全国から参拝に訪れます。料理関係者のための神社と聞くと一見観光するには敷居が高く感じるかもしれませんが、ここでしか見られない独特な祭事があり見どころ満載です。平安時代から伝わる儀式である「庖丁式」では、食材に一切手を触れず包丁と箸のみで調理する様子が見られます。


【高家神社】

住所:千葉県南房総市千倉町南朝夷164
アクセス:Hotel & Resorts MINAMIBOSOから、高家神社までお車で約35分
電話番号:0470-44-5625(社務所)/0470-44-3967(高木宮司宅)
公式サイト:高家神社 =日本で唯一 料理の神さま=


南房総の郷土料理を味わおう

料理の歴史が詰まった高家神社がある南房総。料理の神様に見守られた土地だからこその伝統ある食文化が根付いています。また、東京湾の内房と、太平洋の外房に囲まれた南房総では、波の穏やかな環境と荒々しい環境のどちらの恵みも受けられるメリットも。豊富な海の幸を活かしたグルメが人気です。

郷土料理でぜひとも味わいたいのが「なめろう」

なめろう

南房総の郷土料理でぜひとも味わいたいのが「なめろう」です。前述したように2種類の海に囲まれた南房総では、育った環境によりアジの食感も様々。そんなアジやイワシなどの青魚を細かくたたきにし、味噌やショウガを混ぜて作るのがなめろうで、「あまりの美味しさに皿までなめてしまう」のでこの名前がついたという説があります。

お酒のつまみなどで全国的に食べられている料理ですが、もともとは漁の盛んな南房総で、船の上で食べたのが始まりとされています。

さんが焼き

また、そんななめろうを丸めて大葉に包み、こんがりと焼き上げた「さんが焼き」も南房総に伝わる家庭の味。なめろうを内陸でも食べられるようにと考案されたのが始まりで、「さんが」は千葉の方言で「山の家」を意味します。「山の家(山小屋)」で焼いたことが名前の由来になっているそうですよ。

鯨や伊勢海老、さざえまで!魅力たっぷり南房総の海の幸

鯨の刺し身

海の幸が豊富な南房総で特に魅力的なのが鯨料理です。2019年に31年ぶりに捕鯨が再開された日本ですが、全国で5カ所しか捕鯨基地がなく、そのひとつが南房総の和田漁港にあります。まだまだ貴重な鯨ですが、南房総の和田町付近では刺身やベーコンとして食べられるお店が多くあります。

浜焼き

その他にも千葉県は日本一の伊勢海老の漁獲量を誇っており、特に南房総では「房州海老」という名前のブランド伊勢海老が食べられます。

また海女漁も盛んで、さざえ・あわびなどの貝類の漁獲量も全国上位。南房総には新鮮な魚介類を浜焼きにして食べられるお店も多く、採れたてのプリプリの魚や貝を楽しめます。

海の幸以外もたくさん!南房総の美味いもん

勝浦タンタン麺

ここまで郷土料理や海の幸についてご紹介しましたが、まだまだ南房総には美味しいグルメが満載です。

南房総エリアのご当地グルメとして有名なのが、「勝浦タンタンメン」。醬油ベースのスープにラー油をたっぷり使っているのが特徴で、元々はこの土地の漁師や海女が冷えた身体を温めるために食べていたものが定着したようです。通常のゴマ系タンタンメンと違い、ラー油をベースとして炒めた玉ねぎやニンニクがアクセントになっています。

また、「竹岡ラーメン」も有名です。濃い醬油の真っ黒なスープに、厚切りのチャーシューと玉ねぎが山盛りになっているのが特徴です。どちらも特徴的なラーメンなので、旅行の思い出にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

びわ

農作物では、びわやイチジクが名産です。道の駅などで新鮮な実を購入することができるので、自宅で食べたりお土産として購入するのもオススメです。また、千葉県と言えば落花生が有名。そのまま食べるのはもちろん、味噌と和えた味噌ピーナッツがご当地グルメとして人気です。

南房総エリアは「マザー牧場」が知られるなど、酪農業も盛ん。牧場から直送される新鮮な牛乳やチーズなどの乳製品を、道の駅や直売所で購入することができます。名産品がたくさんあるので、どれを食べるか迷ってしまいますね。

高家神社/包丁式

今回は、南房総にある「高家神社」と名物グルメについてご紹介しました。日本で唯一の料理の神様が祀られているという高家神社は、料理にまつわる行事やお土産などがあり、独特な経験ができますよ。また、料理の神様が見守る土地ということもあり、南房総は伝統ある郷土料理から親しみやすいご当地グルメまで盛り沢山。

Hotel & Resorts MINAMIBOSOの中にある日本料理レストラン「大公房」や居酒屋「味のれん」でも、伊勢海老やなめろうなど、その味を存分に楽しむことができますので、ぜひ一度ご賞味ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
PAGE TOP