ロマンティックな夜景も見られる!一度は訪れたい札幌の絶景スポットを紹介

北海道の最大都市・札幌といえば「さっぽろ雪まつり」で有名ですが、2015年に「日本新三大夜景」に認定された夜景の美しい都市でもあります。市内には冬季オリンピックの会場となったスキー場やジャンプ台、恋人たちの聖地としても有名な絶景スポットなど、ぜひ訪れてみたい絶景スポットが目白押しです。

今回は、そんな札幌の美しい夜景や豊かな北海道の自然を満喫できるスポットを厳選して紹介します。札幌に訪れる際はぜひチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

恋人たちの聖地「藻岩山展望台」でロマンティックな夜を

藻岩山展望台

札幌市のほぼ中央に位置し、札幌の街並みを一望できる藻岩山展望台。標高約531メートルの山頂からは、雄大な北海道の景色を360度パノラマで望める絶景スポットです。カップルのデートスポットとしても有名で、山頂展望台の「しあわせの鐘」では男性が長い方、女性が短い方を持って鳴らすと恋が成就するそう。ハート型の南京錠「愛の鍵」に二人の名前を書いて、しあわせの鐘の周囲の手すりに取り付けられるようになっています。ロマンチックな札幌の夜景を眺めながらプロポーズするスポットとしても人気です。


【藻岩山展望台】

住所:北海道札幌市南区藻岩山
アクセス:ロイトン札幌から、藻岩山展望台までお車で約30分
電話番号:011-561-8177(札幌もいわ山ロープウェイ山麓事務所)
営業時間:
《夏期(4月〜11月)》
ロープウェイ10時30分〜22時 ※上り最終21時30分
ミニケーブルカー10時30分〜21時50分 ※上り最終21時40分
《冬期(12月〜3月)》
ロープウェイ11時〜22時 ※上り最終21時30分
ミニケーブルカー11時10分〜21時50分 ※上り最終21時40分
《大晦日・元日》
ロープウェイ11時〜17時 ※上り最終16時30分
ミニケーブルカー11時10分〜16時50分 ※上り最終16時40分
定休日:なし(悪天候時はロープウェイ・ミニケーブルカー運休)
公式サイト:札幌もいわ山ロープウェイ


美しい花景色に魅了される「国営滝野すずらん丘陵公園」

国営滝野すずらん丘陵公園

家族連れに人気の「国営滝野すずらん丘陵公園」は、四季折々の草花が咲く広大な花畑や渓流、スキーや釣り、キャンプ、子どもに人気のアスレチックなどアクティブに過ごしたい人にぴったりのスポットです。園内は「渓流ゾーン」「中心ゾーン」「滝野の森西エリアゾーン」「滝野の森東エリアゾーン」の4つのゾーンの分かれており、春はチューリップやすずらん、夏はあじさいやひまわり、秋にはコスモスなど年間を通じて美しい花景色を楽しめます。


【国営滝野すずらん丘陵公園】

住所:北海道札幌市南区滝野247
アクセス:ロイトン札幌から、国営滝野すずらん丘陵公園までお車で約40分
電話番号:011-592-3333
営業時間:春(4/20~5/31)、秋(9/1~11/10)9時~17時、夏(6/1~8/31)9時~18時、冬(12/23~3/31)9時~16時
定休日:4/1~4/19、11/11~12/22(4月19日と12月22日が日曜の場合は開園)
料金:大人(15歳以上)450円 小人(15歳以下)無料 65歳以上210円
公式サイト:滝野公園公式ウェブサイト


クラーク博士像の立つ名所「さっぽろ羊ケ丘展望台」

さっぽろ羊ケ丘展望台

北海道開拓の父、クラーク博士像の立つ札幌を代表する人気の観光スポット。羊が飼育される広々とした牧場やラベンダー畑など北海道らしい雄大な風景が広がります。遠くには札幌の市街地を見渡すこともでき、クラーク博士像と同じポーズで写真撮影を楽しむ人で賑わいます。広々とした敷地内には「さっぽろ雪まつり資料館」やチャペル、レストハウスなどゆっくり過ごすことができます。北海道のソウルフード、ジンギスカンや北海道スイーツを味わって、北海道の味覚を堪能してみては。


【さっぽろ羊ケ丘展望台】

住所:北海道札幌市豊平区羊ケ丘1
アクセス:ロイトン札幌から、さっぽろ羊ケ丘展望台までお車で約20分
電話番号:011-851-3080(さっぽろ羊ヶ丘展望台管理事務所)
営業時間:9:00〜17:00(時季によって変更あり)
定休日:年中無休
料金:大人 530円 小・中学生 300円
公式サイト:さっぽろ羊ヶ丘展望台公式WEBサイト


2人乗りリフトからの眺望も抜群!「大倉山ジャンプ競技場」

大倉山ジャンプ競技場

「大倉山ジャンプ競技場」は1972年の冬季オリンピック札幌大会でジャンプ競技が行われた会場で、現在でも国際的な競技大会などで使用されています。頂上には展望ラウンジがあり、ジャンプ台越しに札幌ドームや大通公園など札幌市内の様子を一望することができます。展望ラウンジまでは、2人乗りリフトで約5分間の空中散歩を楽しめます。実際に競技で使用されたジャンプ台を間近に眺められるリフトからの景観は、まさに醍醐味と言えるでしょう。


【大倉山ジャンプ競技場】

住所:北海道札幌市中央区宮の森1274
アクセス:ロイトン札幌から、大倉山ジャンプ競技場までお車で約15分
電話番号:011-641-8585(大倉山総合案内所)
営業時間:
《大倉山展望台 リフト》
夏期(2021/4/29~10/31)8時30分~21時
冬期(2021/4/1~28、2021/11/1~2022/3/31)9時~17時
《展望ラウンジカフェ・セレステ》
夏期(2021/4/28~2021/10/31)9時30分~14時30分
冬期(2021/11/1~2022/3/31) 11時~17時
定休日:荒天時、ジャンプ大会及び公式練習日はリフト使用不可
料金:リフト往復 大人(中学生以上)1,000円 小人500円 ※札幌市民割引あり
公式サイト:大倉山ジャンプ競技場


札幌の夜景を360度パノラマで満喫できる「JRタワー展望室 T38」

JRタワー展望室 T38

JR札幌駅直結の「JRタワー展望室T38」は、地上38階、約160mの高さから札幌の街並みを360度パノラマで眺められる絶景ビュースポットです。北海道一の高さを誇る建造物で、札幌の街並みをゆったりと寛ぎながら楽しめるラグジュアリーな空間です。南回廊にある「T'CAFE」では、昼は香り高いコーヒーやソフトドリンク、夜はワインや約30種類ものカクテルを提供しており、ほろ酔い気分で夜景を楽しみたい人にもぴったりです。こちらに訪れた際は、開放感抜群の「眺望トイレ」のご利用も忘れないようにしましょう。


【JRタワー展望室 T38】

住所:北海道札幌市中央区北5条西2丁目5番地 (入場受付:JRタワーイースト6F)
アクセス:ロイトン札幌から、JRタワー展望室 T38までお車で約10分
電話番号:011-209-5500
営業時間:10時~22時(最終入場21時30分)
定休日:なし
料金:大人740円 中高生520円 小学生・幼児320円(3歳以下無料)
公式サイト:JRタワー展望室 タワー・スリーエイト公式サイト


札幌で美しい夜景をはじめとした、北海道ならではの絶景を楽しめるスポットを紹介しました。ロマンチックに夜景を楽しみたいカップルや、アクティブに過ごしたいファミリーにもぴったりの絶景スポットはまだまだたくさんあります。市内中心部に位置する当ホテルでも、お部屋などから札幌の美しい街並みをゆったりと楽しんで頂くことができます。札幌観光を満喫したあとは、ぜひ当ホテルへもお立ち寄りください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New