全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

大自然の造形美は映画の舞台にも!能登金剛遊覧船で能登の景勝地を楽しもう♪

2021-07-19

海岸に絶景が広がる能登半島は、NHKの朝の連続ドラマ「まれ」の舞台でしたので、見た方の中にはその景色や風景を覚えてる方も多いのではないでしょうか。そして、松本清張の名作を映画化した「ゼロの焦点」の舞台としても知られています。

その「ゼロの焦点」の舞台となった巌門(がんもん)があるのは、石川県の羽咋郡志賀町です。Royal Hotel 能登からのアクセスも良く、巌門がある能登金剛エリアは観光にオススメです。海上から巌門を体感できる「能登金剛遊覧船」の見どころを紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

「能登金剛遊覧船」とは

能登金剛遊覧船

石川県の景勝地、能登金剛にある「巌門」などのポイントを、遊覧船で約20分かけて海上から観光できるのが「能登金剛遊覧船」です。日本海の荒波が作り出した荒々しい貫通洞門は大迫力!遊覧船から海をのぞき込めば、透明度の高い日本海に驚かされます。複雑に入り組んだ海岸線や奇岩の数々は、一見の価値がありますよ。

能登金剛遊覧船乗り場

遊覧船の乗り場までは、岩でできた坂道や階段などを進みます。お足元にはくれぐれもお気を付けください。また、小型ボートなどは波の影響を受けやすいですが、能登金剛遊覧船は55人乗りのため、船の揺れが心配な方でも乗りやすいですよ♪潮風をうけて爽快な気分が味わえる、デッキがオススメです。ファミリーやカップルで、能登の海を楽しみましょう。

能登金剛遊覧船からの見どころをピックアップ!

能登金剛遊覧船乗り場

登金剛遊覧船の乗り場は「旅の駅 巌門下乗り場」と「能登金剛センター下乗り場」の2か所があり、どちらで乗船しても海上では同じポイントが見られます。見どころを5つ紹介します。

千畳敷岩

千畳敷岩

海底隆起によって何千万年も前にできた岩場が「千畳敷岩」です。畳が一千畳もあるように見えることから千畳敷岩と呼ばれています。ここに隣接するように遊覧船の乗り場が設置されており、潮だまりには小魚が泳ぐ姿などが見られることもありますよ。

巌門

巌門

一番の見どころは、松本清張の「ゼロの焦点」の舞台としても有名な「巌門」です。しだいに狭くなる貫通洞門は小舟であれば通り抜けることができますが、遊覧船では岩肌の模様がしっかりとわかる距離まで近づいて観光します。手を伸ばせば届きそうな岩との距離感に、ハラハラドキドキも楽しめます。

鷹の巣岩

鷹の巣岩

能登金剛エリアでは、巌門と並んでシンボル的存在なのが「鷹の巣岩」です。空に向かってそびえ立つ岩壁は約30mもあり、そのてっぺんを極めたものはいないそうです。かつては鷹がこの岩を棲み処としていたことから鷹の巣岩と呼ばれています。

旧福浦灯台

旧福浦灯台
画像:Wikimedia Commons_旧福浦灯台 (C)Shiro524(2006)/Adapted/Licensed under CC BY-SA 3.0

日本最古の木造灯台の「旧福浦灯台」は、ナチュラルな白が印象的です。1608年にこの地でかがり火をたいたことが灯台の始まりで、現在の灯台は1876年に建造されたものです。奇岩怪石を体感する流れから、ひょっこりと現れる灯台の姿に心が和みます。

碁盤島

碁盤島

島の地面に入ったヒビを碁盤の目に見立てて、源義経主従が碁を楽しんだという伝説が残るのが「碁盤島(ごばんじま)」です。上陸のできない島ですが、その頂きには、碁石のような石がたくさん転がっているそうですよ。

能登金剛遊覧船を満喫したら、次は地上から見てみよう!

能登金剛 巌門のしあわせのがんもん橋

約20分の能登金剛遊覧船を楽しんだ後は地上から巌門などを振り返ると、また別の顔がみえてきます。海上から見る巌門は、奥行きも幅もあるトンネルのような雰囲気ですが、地上から見ると小さな穴がぽっかりと開いているよう。また地上には松本清張直筆の文字が刻まれた歌碑があり、その想いに触れられます。遊歩道を散策しながら、遊覧船で訪れたポイントを探してみましょう。

少し足を延ばせば「吹き上げの滝」というスポットもあります。冬になると、日本海から吹き付ける風で霧が舞い上がり、氷の花がさく美しい滝です。夏場の滝しぶきは穏やかですが、マイナスイオンと涼を感じに訪れるのもオススメです。


【能登金剛遊覧船】

住所:《乗り場》石川県羽咋郡志賀町富来牛下巌門
アクセス:Royal Hotel 能登から、能登金剛遊覧船乗り場までお車で約20分
電話番号:0767-48-1233(能登金剛遊覧船事務所)
運行時間:8時~16時頃
運行期間:3月中旬~11月中旬
遊覧時間:約20分
料金:大人 1,200円、小人(小学生) 600円
公式サイト:能登金剛遊覧船乗り場


能登の景勝地めぐりにピッタリの「能登金剛遊覧船」を紹介しました。地上からでも十分その景色を楽しめる巌門ですが、ぜひ海上からアプローチして、その迫力をお楽しみください。またホテルでは、巌門のある日本海でとれた海の幸はもちろん、能登の郷土料理や地酒などもお楽しみいただけます。能登半島の絶景を満喫したあとは、日本海の恵みたっぷりの食材と、居心地の良いお部屋でおくつろぎください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
PAGE TOP