全国25ヶ所のダイワロイヤルホテルから、レジャー・グルメなどの観光情報をお届けいたします。

日本三大瓦「淡路瓦」で作られた「淡路島瓦将棋」の魅力に触れてみよう

2021-05-28

瀬戸内海に浮かぶ淡路島は関西エリアだけではなく、中国・四国地方からもアクセスのいい観光スポットとして、多くの人から愛されてきました。その淡路島が日本三大瓦の一つである、「淡路瓦」の産地であることをご存知でしたでしょうか。

そこで今回、淡路瓦の特徴や魅力に触れながら、瓦職人の手で丁寧につくられた「淡路島瓦将棋」をご紹介します。木製やプラスチック製とは異なる、非常に珍しい瓦製の将棋駒である淡路島瓦将棋。ぜひ最後までご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

日本三大瓦「淡路瓦」の産地、淡路島の魅力を再確認

淡路島

淡路瓦を紹介する前に、産地である淡路島の魅力について触れておきたいと思います。四方を瀬戸内海に囲まれた淡路島は、明石海峡や鳴門海峡の急流に揉まれて育った鯛や真だこが獲れることで有名。ほかにも鱧や穴子、いかなごなどの海の幸が豊富です。

冬場も温暖な気候に恵まれた淡路島では、甘くて柔らかいと人気の高い玉ねぎをはじめ、レタス、キャベツ、みかんやトマトなどの野菜・果物もたくさん収穫されています。また、淡路牛や手延べそうめんなどの地元グルメが豊富なことも、多くの人を引き寄せる淡路島の魅力となっています。

うず潮

鳴門海峡のうずしおは世界最大級とも言われ、一番の大きさとなる3月から5月がベストシーズン。ホテルからも車で約10分とアクセスが良く、大人から子どもまでがクルーズ船からダイナミックなうずしお観賞を楽しんでいます。

のんびりと景色を楽しみたいなら、慶野松原(けいのまつばら)がオススメ。柿本人麻呂によって万葉集にも詠まれるほどの美しい景勝地で、「日本の渚百選」「日本の夕陽百選」にも選ばれています。ほかにも洲本などの温泉地としても有名で、全国的に広く人気を集めています。

絵島

実は淡路島の歴史はとても古く、神が創造したはじめての国として古事記に記載されているほど。そのためか、淡路島とその周辺には古事記由来の伝説をもった神社や島など、パワースポットが多いことも大きな特徴です。神社仏閣や歴史好きな人も、大いに魅力を感じていただけるはずです。

なぜ、淡路島が瓦の産地に?400年の歴史が育んだ淡路瓦とは

淡路瓦のオブジェ

淡路瓦はいにしえの時代から淡路島での生産が盛んに行われており、その歴史は400年にも及びます。この長い年月をかけて育まれてきた淡路瓦は知恵と美意識によってデザイン性に磨きがかかり、あらゆる建造物や建築様式にマッチした美しさを表現。都会の街並みから郊外の田園風景にいたるまで、しっとりとした調和と奥深い情緒を生み出しています。

淡路瓦の製造過程

いくつもの種類がある淡路瓦の中でも多くを占めるのが、深い灰色が特徴の「いぶし瓦」です。焼き上げる時に瓦の表面に炭素の膜を付着させることで、瓦本来の機能である通気性や耐久性などに加え、色彩や質感の美しさを際立たせています。美観が長く続くこともいぶし瓦の特徴であり、近年では洋風建築やモダン建築にも幅広く用いられています。

ほかにも色つやが美しく変色・退色が少ない「陶器瓦」や、窯で色味に変化をつけることで土の風合いを表現する淡路独特の「窯変(ようへん)瓦」など、さまざまな種類の瓦が淡路瓦として広く普及されています。

淡路瓦

淡路島で瓦の生産が盛んになった背景には、淡路島は「なめ土」という種類の粘土が豊富であることが理由として挙げられています。このなめ土は瓦を焼き上げた際、きめ細かい仕上がりになるのが特徴。この良質な粘土によって生産されている淡路瓦は、京都や大阪、奈良などの歴史的建造物にも数多く用いられているほか、芸術性の高さから公園や歩道の景観材やモニュメントとしても広く活用されています。

新たな名産品として注目の「淡路島瓦将棋」とは

淡路島瓦将棋

ホテルには、ご当地の名産品を扱う「ゴトカン」という自動販売機が4機設置されています。そのうちの1機で販売されているのが、淡路瓦による将棋駒「淡路島瓦将棋」です。

将棋駒といえば山形県天童市が産地として有名ですが、この淡路瓦でつくられた淡路島瓦将棋はいぶし瓦が用いられていて、瓦職人が一つひとつ手づくりしています。木製やプラスチック製では出せない深い色彩と重厚な印象を感じることができるほか、手にした時に瓦特有のひんやりとした無機質な触感と自然のぬくもりも同時に味わうことができます。

淡路島旅行の土産品としてはもちろん、最近では商品のユニークさが多くの評判を呼んでいる淡路島瓦将棋。実際に対局で用いるだけではなく、インテリアの一つとしてお買い上げいただくお客様も増えています。

通販も開始した淡路島瓦将棋はこんな人にオススメ!

淡路島瓦将棋

自動販売機での人気を受けて、ダイワロイヤルホテルが運営する公式通販サイト「りぞけっと」にて淡路島瓦将棋の販売を開始し、なかなか淡路島まで足を運べないという方も、オンラインで淡路島瓦将棋をお買い求めいただくことが可能となりました。

自分用としてはもちろん、大切な人へのプレゼント用としてもオススメの淡路島瓦将棋。将棋の将は訓読みで「将(ひき)いる」とも読めますので、特に以下の人へのプレゼントに最適です。

・会社を将いる経営者

・チームや組織を将いるリーダー

・家族を将いるお父さん

いつも何かと戦っている大人に、いぶし瓦の風合いと質感はベストマッチ。部屋やデスクなどに飾るだけではなく、将棋盤がセットになっている商品もありますので、購入後にすぐ対局を楽しむこともできます。

淡路島瓦将棋/りぞけっと Hotel & Resorts MINAMIAWAJI

今回は淡路島の名産品である淡路瓦、そして淡路島瓦将棋について紹介しました。最近ではなかなか旅行に出かけられない人も多く、せめて地方の名産品を購入して旅行気分を味わいたい人も増えています。

今回の淡路島瓦将棋はほかではなかなか手に入れることができない商品となっていますので、この機会に「りぞけっと」を利用してのご購入はいかがでしょうか。ほかにもたくさんの魅力ある商品を取り揃えていますので、みなさまのご利用を心よりお待ち申し上げます。

りぞけっと/Hotel & Resorts MINAMIAWAJI

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
PAGE TOP