古代のロマンを感じよう!日本のはじまり「橿原」で古墳と天皇陵を巡る旅

旅のテーマの一つに、歴史跡を辿りながら昔の人々の暮らしに想いを馳せるというものがあります。橿原は、はるか昔に作られた数多くの古墳がある奈良盆地の南部に位置しており、特に市街地に多くの古墳が原型をとどめているという貴重な歴史の街です。 今回は、そんな橿原市内のおすすめ古墳のいくつかをご紹介しながら、古墳の由来や天皇陵についてなどを学べる、歴史マニアでなくとも楽しめる古墳巡りの旅をご提案します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

古墳と天皇陵の町、橿原。

古墳と天皇陵の町、橿原。

古墳とは土を高く盛り上げた丘をもつお墓のことで、日本では3世紀後半頃から、その地の有力者や階級の高い人たちのお墓として造られていました。かつて奈良に都があった6世~7世紀の飛鳥時代、ここ奈良県橿原には多くの豪族が住んでいたことから、その豪族たちのお墓として古墳がたくさん造られました。

その後都が奈良から京都に移ったことで、奈良の地は大きな改変などを受けることがなく、21世紀となった今もその多くが残されているのです。

約1000年以上も前に造られたお墓を今も見ることでき、またその多くが市街地エリア内にあるので、徒歩や自転車などで気軽に古墳巡りができることが橿原の魅力です。

古墳と天皇陵は違うもの?

02

古墳と同じように歴史的なお墓を示すものとして天皇陵という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。古墳が有力者や富豪のお墓であるのに対して、天皇陵は天皇と皇后などの皇族を葬るお墓のことです。 ただし、遥か昔のお墓である古墳の被葬者が誰であるは諸説あり、厳密には、天皇陵は天皇の墓として宮内庁に認定されているものということになります。 橿原には天皇陵もありますが、古墳が誰でも自由に立ち入れるのに対して、天皇陵は国に管理された場所であり、通常は一般の人が内部まで入ることはできず、拝所など外からお参りすることになります。

1200年の歴史の感じる古墳巡りをしてみよう

古墳

奈良が「千年の田舎」とも言われることがあるのですが、794年に奈良から京都に遷都されてから2020年の今は、もう1200年以上の月日が経っています。それほど昔の日本で活躍した方々の証である古墳が、こんなに身近にみることができるとは感慨深いですね。

それでは、橿原にある古墳のいくつかをここでご紹介しましょう。

丸山古墳(まるやまこふん)

丸山古墳

全国で6番目の大きさを誇る、奈良県で最大規模の前方後円墳です。今では前方後円墳とされていますが、昔は円墳と思われていたことから丸山と名付けられています。被葬者は諸説あり、特定されていません。


住所:奈良県橿原市大軽町
アクセス:THE KASHIHARAより、丸山古墳までお車で約5分
公式サイト: 橿原市/丸山古墳


新沢千塚古墳群(にいざわせんづかこふんぐん)

新沢千塚古墳群(にいざわせんづかこふんぐん)

総数約600基もの古墳が集まっている日本を代表する群集墳です。現在は国の史跡に指定され、遊歩道を散策できる史跡公園になっています。春は桜が綺麗ですよ。


住所:奈良県橿原市川西町
アクセス:THE KASHIHARAより、丸山古墳までお車で約10分
公式サイト:橿原市/新沢千塚古墳群


桝山古墳(ますやまこふん)

桝山古墳

上空からみると前方後円墳に見えるこの古墳ですが、これは幕末に修繕されたことによる姿で、本来は日本最大規模の大きさを誇る方墳です。


住所:奈良県橿原市鳥屋町
アクセス:THE KASHIHARAより、桝山古墳までお車で約10分
公式サイト:橿原市/桝山古墳


高松塚古墳とキトラ古墳

高松塚古墳

この二つの古墳はともに明日香村内にあり、石室内に壁画が描かれている古墳として注目を集めました。国の特別史跡に指定されています。高松塚古墳の壁画が描かれた石室は2020年春に修復を終え、今後古墳外の施設で展示されることになる予定です。キトラ古墳の壁画は2019年に国宝に指定され、現在は修復作業が進行していますが、古墳一体の「国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区」内にある「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」でレプリカを見ることができます。


住所:奈良県高市郡明日香村
アクセス:THE KASHIHARAより、高松塚古墳、キトラ古墳までお車で約10分
公式サイト:高松塚古墳 | 国営飛鳥歴史公園キトラ古墳 | 国営飛鳥歴史公園


石舞台古墳

石舞台古墳

巨石を積み上げて造られた石室古墳。盛土が失われて、平らな天井石が見えていることから石舞台と呼ばれています。芝生広場になっていますので、春は桃や桜、秋は彼岸花など季節ごとに違った景色の中、古墳を眺めることができます。


住所:高市郡明日香村島庄254番地
アクセス:THE KASHIHARAより、石舞台古墳までお車で約10分
料金:一般300円(高校生以下100円)
公式サイト:石舞台古墳 | あすかであそぼ


古墳と天皇陵を一日で巡れます。

神武天皇陵

橿原にはここでは紹介しきれないほどのたくさんの古墳があります。また天皇陵としては、橿原宮で即位し初代の天皇となった神武天皇が眠る「神武天皇陵」、第40代天皇の天武天皇とその皇后持統天皇の夫婦合葬儀のお墓である「天武・持統天皇陵」などの天皇陵があります。たくさんの古墳と天皇陵、神宮などが市街地内に点在しているので、歩きや自転車で回れるようなコースを計画することができますよ。

古墳巡りの前には、まずはココを訪れてみて。

橿原考古学研究所附属博物館

古墳巡りをより充実したものにするための情報集には、ぜひ「橿原考古学研究所附属博物館」を利用してみて下さい。ここには県内の遺跡から出土した貴重な資料が多く展示されている展示室の他、映像ライブラリー、情報コーナーなどがあり、年間を通して奈良県の歴史に関する展示会が開催されています。また、ボランティアの方々による展示解説もありますので、古墳巡りの前に訪れれば、歴史に詳しくない方でも古墳巡りの予備知識が得られます。無料で利用できる休憩室もあるので、観光の途中に立ち寄るのも良いですね。


住所:奈良県橿原市畝傍町50-2
電話番号:0744-24-1185
アクセス:THE KASHIHARAより、橿原考古学研究所附属博物館までお車で約2分
利用時間:午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
入館料:大人400円、学生(大・高校生)300円、小人(中・小学生)200円
公式サイト:奈良県立橿原考古学研究所附属博物館


THE KASHIHARAは、橿原古墳巡りの拠点として、橿原神宮駅から徒歩1分という絶好の立地にありす。 たっぷり観光したあとは、ホテル敷地内から湧き出る温泉「かしはらの湯」と奈良の季節の食材を使ったお料理で、ゆっくりとリラックス&リフレッシュしてください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New