春の淡路島は家族旅行にオススメ。「淡路イングランドの丘」など、親子で訪れたいスポットを紹介

家族旅行の行先で迷ったときは、淡路島のグルメや動物とのふれあいなど、子供から大人まで楽しめる要素がたっぷり詰まった、「淡路ファームパークイングランドの丘」に出かけてみませんか。園内に咲き誇る春の花を観賞したり、収穫体験ができたりと、春だからこそ楽しめる景色や体験があるので、春休みに訪れるのにピッタリです。

今回は、Hotel & Resorts MINAMIAWAJIからもアクセス便利な、春の「淡路ファームパークイングランドの丘」をはじめとする、ホテル周辺の家族旅行にオススメスポットについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

淡路ファームパークイングランドの丘とは?

淡路ファームパークイングランドの丘とは?

写真提供:淡路ファームパーク イングランドの丘

農業の活性化と地域の振興を目的として2001年にオープンした「淡路ファームパークイングランドの丘」。東京ドーム約14個分の広大な敷地には、イギリスの湖水地方をイメージしてつくられたイングランドエリア、動物たちとのふれあいを楽しめるグリーンヒルエリアに分かれており、エリアごとに異なる魅力があります。

イングランドの丘では様々な体験教室が開催されており、動物や自然と触れ合える人気スポットです。

淡路イングランドの丘で春を楽しむ

豊かな自然に囲まれている淡路イングランドの丘は、季節ごとに見どころが異なります。ここでは、春の見どころ中心にご紹介します。

イチゴにレタスに玉ねぎも!収穫体験は家族旅行にピッタリ。

淡路イングランドの丘/収穫体験

写真提供:淡路ファームパーク イングランドの丘

春の果物といえば、お子様も大好きなイチゴです。園内では、温室内で育てられた5つの品種のイチゴを収穫できます。イチゴの収穫といっても、限られた時間の中でいちごを積んで好きなだけ食べるという食べ放題形式ではなく、収穫した分だけを購入する仕組みです。人気の収穫体験なので、事前に予約しておくと確実です。

温室ハウスでは、トマトやミニトマト、やさい畑ではたまねぎ、レタス、ホウレンソウの収穫を体験できます。

大きな花畑一面を彩るネモフィラなど、春の花が楽しめる!

淡路イングランドの丘/ネモフィラ

写真提供:淡路ファームパーク イングランドの丘

イングランドエリアでは、4月中旬~5月上旬にかけてネモフィラが見ごろを迎えます。約10万本ものネモフィラが花畑一面に広がる姿は圧巻で、イングランドの丘の春の顔というのも頷けます。また、グリーンヒルエリアでは、春のチューリップが、3月中旬~4月上旬にかけて見られるほか、5月上旬~6月上旬にかけては、約110種680株のバラをローズガーデンで見ることができます。

2021年は、「淡路花博」の開催から20周年を迎える年です。そこで淡路島全体で、花博開催20周年を記念した「花みどりフェア」が、春(3月20日~5月30日)と秋(9月18日~10月31日)に開催されます。「淡路ファームパークイングランドの丘」は、その「花みどりフェア」の南あわじ会場にもなっています。

ギネス認定のコアラも!動物とのふれあいにお子様も大喜び♪

淡路イングランドの丘/コアラ

イングランドの丘では、動物とのふれあいの機会が持てるので、お子様も喜びそう。施設を代表する動物のコアラがいる「コアラ館」は、オープン以来人気のスポットで、人気者の「コアラのみどり」は、2月1日に24歳の誕生日を迎え、史上最高齢の飼育されたコアラとして、ギネスの世界記録に認定されたんです!木に登ってゆっくりしているコアラはぬいぐるみのようで可愛いですよ。

淡路イングランドの丘/カピパラ

いろいろな種類のうさぎやモルモットがいるラビットワーレンでは、世界の珍しいうさぎに出会えます。他にもずんぐりとした見た目に癒されるカピパラやワラビー、やペリカン、インコなどたくさんの動物がいて、エサやり体験もできますよ。

小さなお子様向けのものもあるので安心。乗り物や遊具で楽しめる

淡路イングランドの丘/乗り物・遊具

ゴーカートやスワンボードなど、お子様と楽しめる乗り物のほか、乗馬体験もできるんです。乗りたいものを選んでチケットを購入するシステムなので、気軽に楽しめるのが魅力です。また、ちびっ子専用のミニカートや、3種の滑り台など、子どもの年齢にあわせた遊具も揃っているので、小さなお子様連れでも楽しめますよ。

淡路牛に玉ねぎ、淡路島牛乳など、美味しい淡路島グルメを堪能

淡路島グルメ

写真提供:淡路ファームパーク イングランドの丘

家族でおいしい淡路島グルメを楽しめるのも特徴で、海外に訪れたような雰囲気の建物が特長的な「ファーマーズキッチン」では、淡路島産のたまねぎや淡路牛など地元でとれた食材を使ったいろいろなメニューを楽しめます。

また、美しい自然を眺めながら焼き立てのお肉や野菜を食べられる「MooMooバーベキュー」でも、淡路牛や淡路島産のたまねぎを楽しめます。

他にも、疲れたときに一息つける「ミルクハウス」では淡路島牛乳をたっぷり使った濃厚なソフトクリームやプリン、ヨーグルトを販売しています。

どの施設もお子様向けのメニューや設備が充実しているので、家族連れでも快適に食事やスイーツを楽しめるでしょう。


【淡路ファームパークイングランドの丘】

住所:兵庫県南あわじ市八木養宜上1401番地
アクセス:Hotel & Resorts MINAMIAWAJIから、淡路ファームパークイングランドの丘までお車で約25分
電話番号:0799-43-2626
営業時間:平日 9時30分~17時、土日祝 9時30分~17時30分(10月~3月は9時30分~17時)
入園料:大人(高校生以上)1000円、小人(4歳~中学生)200円、3歳以下 無料
休園日:12月~2月の第3火曜日
公式サイト:淡路ファームパーク イングランドの丘


他にもまだある!ホテル周辺の家族旅行にオススメのスポット

うずしお

うずしお

春に淡路島を訪れたら是非行っていただきたいのが「うずしお」です。3月~5月はうずしおが最大となるベストシーズン。淡路島と四国を結んでいる大鳴門橋の下には、世界一と言われているうずしおを鑑賞できます。太平洋と瀬戸内海から流れ込んでいる潮流が、ちょうど大鳴門橋付近でぶつかりあうため、激しい潮の流れをつくります。「うずしおクルーズ」では、ダイナミックなうずしおを間近で鑑賞できますよ。


【うずしおクルーズ】

住所:兵庫県南あわじ市福良港 うずしおドームなないろ館
アクセス:Hotel & Resorts MINAMIAWAJIから、うずしおクルーズまでお車で約10分
電話番号:0799-52-0054
受付時間:9時~17時(※出航時間は日によって異なる)
料金:大人(中学生以上)2,500円、子供(小学生)1,000円、幼児(小学生未満)大人1名につき1名無料(※大人の人数を超えた分は子供料金)
公式サイト:うずしおクルーズ


淡路島牧場

淡路島牧場

「淡路島牧場」は、淡路ファームパークイングランドの丘とは、また違った体験ができる牧場です。思わず夢中になってしまう「牛の乳しぼり体験」や、子牛にミルクをあげる「乳飲まし体験」は、嬉しそうに寄ってきて一生懸命ほ乳瓶を口にする子牛の姿にほっこり。畑で収穫を楽しめる「どろんこ体験」は、4月下旬~6月上旬に淡路島名産の玉ねぎの収穫体験ができますよ。淡路牛のバーベキューもできるので、家族で一日楽しめます。


【淡路島牧場】

住所:
アクセス:Hotel & Resorts MINAMIAWAJIから、淡路島牧場までお車で約20分
電話番号:0799-42-2066
開園時間:9時~17時(臨時休業あり)
入場料:無料(体験プログラムごとに別途料金設定有)
公式サイト:淡路島牧場


慶野松原(けいのまつばら)

慶野松原/プロポーズ街道

のんびり景色が良いところを家族で散歩したいという時には、「慶野松原」はいかがでしょう。慶野松原は、柿本人麻呂によって万葉集にも詠まれた美しい景勝地です、約2.5kmにも渡る約5万本もの黒松の松林越しに見える、播磨灘や小豆島の美しい眺望は、『日本の渚百選』、『日本の夕陽百選』などにも選定されているほど。松原内には、淡路島の特産品である「いぶし瓦」に、瓦(かわら)ぬ愛を誓って、ハートにメッセージを残す「プロポーズ街道」もあるので、家族だけでなくカップルにもオススメです。


【慶野松原】

住所:南あわじ市松帆古津路
アクセス:Hotel & Resorts MINAMIAWAJIから、慶野松原までお車で約25分
公式サイト:名勝 慶野松原(けいのまつばら)国立公園


淡路島には、今回紹介した「淡路ファームパークイングランドの丘」をはじめ、親子で楽しめるスポットがたくさんあります。「ウエルカムベビーのお宿」に認定されている当ホテルも、お子様連れでのご宿泊の際に安心の設備やサービスをご用意していますので、お子様と一緒に楽しく過ごしていただけることと思います。春だからこそ楽しめる淡路島の魅力を楽しみに、是非ご家族でお出かけください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New