名所・グルメ・イルミネーション♪ 冬の土佐を巡るドライブと光のイベントを楽しもう!

土佐といえば、坂本龍馬をはじめ明治維新に活躍した人物を多く輩出した歴史にゆかりがある土地です。

南には太平洋を臨み、「南国」というイメージがありますが、冬には冬の魅力がたっぷりあります。今回は冬の土佐を堪能できるオススメのドライブコースと、冬にしか見れらない「光」を使ったイベントをご紹介します。

冬の土佐をたっぷりと満喫しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

「Royal Hotel 土佐」から行けるオススメドライブコース

土佐の景色

「Royal Hotel 土佐」は、豊かな緑に囲まれ、太平洋を臨むとても見晴らしのいい立地です。

都会の喧騒を離れ、静かで自然あふれる露天風呂に入り、ホテルでゆっくりとした贅沢な時間をすごすのもよいものですが、せっかく土佐に来たからには観光名所・風景・グルメなど、土佐の魅力を堪能したいものです。

そこで今回は、ホテルから1時間以内で行けるスポットを巡る、オススメのドライブコースをご紹介します。爽快な海沿いをドライブしつつ土佐の名所を回ってみましょう!


土佐を代表する景勝地「桂浜」

桂浜

まず最初に訪れるのは、土佐を代表する景勝地の一つ「桂浜」です。 ホテルを出発して、海風を感じながら約40分車を走らせれば到着です。車を降りたら海岸まで行きましょう。東浜から竜頭岬(りゅうずざき)、本浜から竜王岬(りゅうおうざき)、そして西浜まで、目の前に広がる雄大な太平洋は圧巻の一言。

一番の見どころは展望台もある竜王岬ですが、広大な海を眺めながら、弓なりになっている浜辺をぐるっと散策してみてはいかがでしょうか。

また、桂浜はよさこい節でも「月の名所は桂浜」と歌われるほど月の名所として知られています。月の綺麗な日には、今回のドライブルートを逆まわりにして、夜に来るのもオススメですよ。


歴史や土佐の魅力を感じる「桂浜公園」

坂本龍馬像

桂浜は浜辺一帯が「桂浜公園」として公園整備されています。公園には観光名所としても有名な太平洋を見つめる「坂本龍馬像」や「桂浜水族館」や「坂本龍馬記念館」が併設されています。桂浜に来たからには、海岸だけでなく、是非公園全体を散策してくださいね。

「桂浜水族館」では、土佐湾に生息する幻の魚「アカメ」を見ることができたり、ペンギンやウミガメなどのエサやり体験ができたりするので、ご家族連れにもおすすめです。

また「坂本龍馬記念館」では、坂本龍馬に関する貴重な歴史的資料がわかりやすく展示していて、歴史ファン・坂本龍馬ファン必見の場所と言えるでしょう。


住所:高知市浦戸
アクセス:Royal Hotel 土佐から桂浜公園まで、お車で約40分
坂本龍馬記念館開館時間:9時~17時(入館は午後4時30分頃までにお願いいたします)
桂浜公園公式サイト:桂浜公園 - 高知市公式ホームページ
坂本龍馬記念館公式サイト:高知県立坂本龍馬記念館
坂本龍馬記念館入館料:《企画展開催時》大人700円(高校生以下無料) 《その他の期間》大人500円(高校生以下無料)


絶景のパノラマが目の前に広がる「五台山展望台」

五台山展望台

桂浜を出たら、車を約20分走らせて「五台山」に向かいましょう。五台山には、高知平野をはじめとして高知市街、高知港、浦戸港、国分川を、360度のパノラマで一望できる「五台山展望台」があります。駐車場からすこし遊歩道を歩いた先にある「五台山展望サービスセンター」の屋上にある展望台は、無料で解放されています。高さ139mのこの展望台に登ると、見渡す限りの絶景が目の前に広がります。

また、五台山公園には椿やつつじ、桜など一年を通して季節の草花が鑑賞できるので、ついでに散策してのんびり楽しんでくださいね。

五台山展望台

この「五台山展望台」は夜間も開放されています。中四国三大夜景にも選ばれた夜景は、デートスポットとしても人気。特に冬場は空気が澄んでいるため、より綺麗な夜景を見られるのでオススメですよ。


住所:高知県高知市吸江210-1(五台山公園)
アクセス:Royal Hotel 土佐から五台山公園まで、お車で約35分
     桂浜公園から五台山公園まで、お車で約20分
公式サイト:五台山公園 | 高知県庁ホームページ


花と緑に囲まれた癒しの場所「牧野植物園」

牧野植物園

画像:wikipedia_高知県立牧野植物園 (C)663highland(2013)/Adapted/Licensed under CC BY-SA 4.0

「五台山展望台」と併せていきたいのが「牧野植物園」です。五台山公園の隣にあるこの植物園には、そのまま歩いて行けますよ。

この「牧野植物園」は、高知が生んだ「植物分類学の父」牧野富太郎博士を記念して作られた植物公園です。広い園内には、3,000種類以上の植物が四季を彩っています。この時期に見頃の花は、淡い色が特徴の「リュウキュウカンヒザクラ」や、ツバキの一種「土佐有楽」です。

もちろんこの二つ以外にも見頃の花はたくさんあります。それらを求めて園内を散策してみてはいかがでしょうか。

牧野植物園

画像:wikipedia_高知県立牧野植物園 (C)663highland(2019)/Adapted/Licensed under CC BY-SA 4.0

温室に行けば冬でも暖かく鑑賞が楽しめます。温室では熱帯雨林を再現したエリアやジャングルゾーンもあり、熱帯気分を楽しめますよ。

また、2021年2月6日〜28日にはイベントとして「第15回ラン展 旅するラン展 〜アフリカ・東南アジア・中南米〜」が開催されます。世界各地のランが集まるのでとてもエキゾチックな体験ができることでしょう。


住所:高知県高知市五台山4200−6
アクセス:Royal Hotel 土佐から高知県立牧野植物園まで、お車で約35分
     五台山展望台から高知県立牧野植物園まで、徒歩で約10分
営業時間:9時~17時
料金:一般730円(高校生以下無料)
公式サイト:高知県立牧野植物園


 

「高知中央公園」のイルミネーションは必見!

高知中央公園

写真提供:高知市中心街再開発協議会

土佐の名所をいろいろ回ってきましたが、最後に行きたのは「高知市中央公園」です。牧野植物園から車で約15分ほどで到着します。

高知市中央公園は、高知市の中心部に位置し、周辺は観光スポットや飲食スポットなども多く、イベントも一年を通して開催されているので行く度に違う楽しみがありますよ。

高知市中央公園では、2021年1月17日までイルミネーションフェスタが開催されていて、公園内や周囲一帯に5万5000球のLEDが飾られます。公園中央に設置される高さ17メートルと7メートルのホワイトを基調としたシンボルツリーの 幻想的な景色は、SNS映えすること間違いなしです。


住所:高知県高知市帯屋町1丁目11−27
アクセス:Royal Hotel 土佐から高知市中央公園まで、お車で約35分
     高知県立牧野植物園から高知市中央公園まで、お車で約15分
公式サイト:みどり課 - 高知市公式ホームページ


高知市中央公園周辺には観光スポットがたくさん

ひろめ市場

高知市中央公園付近で是非訪れたいのが、「ひろめ市場(中央公園より徒歩8分)」です。ここは高知の食が集まる屋台村で、市場内に設置されたテーブルに、好きなお店で買った食べ物を並べて飲食できます。

この冬にオススメのグルメは、「ウツボ」と「清水サバ」です。ウツボは、ちょっと敬遠しそうになる見た目ですが、冬に旬を迎えるウツボは、濃厚さと淡白さをあわせ持つ高知の海鮮珍味として重宝されています。

そして、こちらも冬が旬の「清水サバ」もいただきたいところ。土佐清水港で水揚げされるゴマサバは、締まった身の歯ごたえとトロのような脂の旨味が感じられる絶品サバで、是非刺身で食べてみてください。


住所:高知県高知市帯屋町2丁目3−1
アクセス:Royal Hotel 土佐からひろめ市場まで、お車で約45分
     高知市中央公園からひろめ市場まで、徒歩で約10分
営業時間:9:00~23:00(平日・土・祝日) 7:00~23:00(日曜)
公式サイト:ひろめ市場 オフィシャルサイト


高知城

中央公園まで来たら、少し足をのばして「高知城」にも行ってみましょう。高知城は「南海随一の名城」と呼ばれている日本100名城の一つ。天守と本丸御殿が江戸時代から現存している唯一のお城です。

他にも、高知市中央公園周辺には、恋物語で有名な「はりやま橋」や、幕末志士のゆかりの場所などがあるほか、食事や買い物スポットも充実しているので、観光だけでなく一日を通して楽しむことができますよ。


住所:高知県高知市丸ノ内1丁目2−1
アクセス:Royal Hotel 土佐から高知城まで、お車で約45分
     高知市中央公園から高知城まで、徒歩で約15分
営業時間:9時~17時 (最終入館16:30まで)
高知城天守・懐徳館・東多門・廊下門の利用料:420円(18歳未満無料)
共通入場券(高知城天守・懐徳館・高知城歴史博物館)の利用料:常設展740円・企画展900円(18歳未満無料)
公式サイト:高知城|公式ホームページ


 

冬の一大イベント!「高知 光のフェスタ」を紹介

高知 光のフェスタ

冬に高知で必見のイベントが、先ほど紹介した高知市中央公園のイルミネーションフェスタも参加している「高知 光のフェスタ ~冬の祭典、未来への希望~」です。

このイベントは、高知県の各地でイルミネーションやキャンドルなど光に関する催しを行っているもので、2021年2月28日まで開催されています(各スポットで開催時期は異なります)。ここでは、各所で現在開催されているイベントの中でも、ホテルから1時間以内で行けるスポットを紹介します。

四国初登場!「アートアクアリウム展 〜高知・金魚の海〜

Artaquarium_640x485

今回の「高知光のフェスタ」で最も注目なのが、四国初開催となる「アートアクアリウム展 〜高知・金魚の海〜」です。

先ほど紹介した中央公園から徒歩約10分の場所にある「オーテピア西敷地」で、光のフェスタ終了後の3月7日まで開催されています。アートアクアリウムは、アクアリウムとアート、デザイン、エンターテイメントを融合させた展覧会で、美しい金魚ときらびやかな光の演出で、幻想的な世界へ誘われます。


住所:高知県高知市追手筋2丁目9番6号、7号 オーテピア西敷地
アクセス:Royal Hotel 土佐よりお車で約40分
開催期間:3月7日(日)まで
営業時間:平日:午前11時~午後8時、土日祝・12/29~1/3:午前10時~午後8時
公式サイト:アートアクアリウム展 ~高知・金魚の海~


 

光に彩られた神秘的な空間を体感!「龍河洞Night」

龍河洞Night

今回紹介したドライブコースからは少し外れますが、香美市にある国指定史蹟天然記念物の鍾乳洞「龍河洞」でも、光のフェスタの一環として「龍河洞Night」というイベントが開催されています。

普段はなかなか入れない夜の鍾乳洞を、ハンドライトのみで探検するという、冒険心をくすぐられるイベントです。このイベントは、2021年2月14日までの土日祝のみ開催となっています。


住所:高知県香美市土佐山田町逆川1424
アクセス:Royal Hotel 土佐よりお車で約25分
開催時間:18時~21時
料金:大人1500円、大学生1200円、中高生900円、小学生750円
公式サイト:国指定史蹟天然記念物 龍河洞


ここまで、冬の土佐の観光スポットを巡るドライブコースと、光のイベントについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

冬の土佐も魅力がいっぱいです。是非、冬だからこその景色やイベント、グルメを存分に楽しんでください。そして、ドライブや観光を楽しんだ後は、ホテルの温泉露天風呂や美味しい料理で旅の疲れを癒してくださいね。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New