一度食べたら恋しくなる!「カレー焼きそば」や「黒ちくわ」宮津の絶品ご当地グルメ!

日本三景にも選ばれた美しい景色を眺めることが出来る「天橋立」まで足を延ばしたことはありますか?京都の中でも海に面したこの場所には、豊かな海の幸と、京都の方々の繊細な味覚で磨き上げられた絶品グルメを味わえるのも魅力!

カニ料理やブリしゃぶなど美味しい料理が食べられる宮津ですが、それ以外にも地元の人に愛されている隠れたご当地グルメがたくさんあるのです。今回はその中でもユニークな名物グルメをご紹介します!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

どうして今まで気づかなかった!?美味しいもの同士組み合わせてまずいわけがない!宮津ご当地グルメ「カレー焼きそば」

カレー焼きそば 絵梨奈

提供:絵梨奈
豚からとれたスープと数種類のスパイスを利かせた味わいが楽しめる「絵梨奈のカレーやきそば」。テイストは、ウェットとドライの二本立!ウェットは最後にご飯を入れて楽しむ常連さんも♪

その名の通り、皆さん大好きなカレーと焼きそば…この二つを組み合わせたのがカレー焼きそば。カレーも焼きそばもどちらも大人から子供まで大人気のメニューですよね。その二つを贅沢にも組み合わせて生まれたカレー焼きそばですが、宮津市では定番のお料理なのです。

お店によって汁気のあるウェットタイプから、汁気の無いドライタイプ、チーズが入っていたりスパイシーだったり、更には名産のイワシとフライにしてみたり…とそれぞれの個性とこだわりが光っています。

「カレーと焼きそばを炒めたもの」というシンプルさもあって、各店のオリジナリティーと味への追求はご当地グルメの中でも超一級。ぜひあなた好みの味を発見してください!汁気のあるウェットタイプの焼きそばには最後に追い飯という形でカレーリゾットにしても食べられます!1度で2度おいしい、大人も子供も絶対大好きなカレー焼きそば、ぜひご賞味ください。


ハンバーグじゃなくて…オイルサーディン!?和風と洋風の最強のコンビネーション「宮津バーガー」

宮津バーガー AmaTerrace

提供:カフェ・ドゥ・パン (Cafe du Pin)
丹後産コシヒカリ米粉を100%使用したもちっとした味わいのバンズに、オイルサーディンと相性抜群の梅肉とガーリックを合わせたソースを使用した、カフェ・ドゥ・パンの「天橋立オイルサーディンのサンド」♪

「宮津バーガー」とは、宮津近郊で取れたお魚を使用しているバーガーの事を指します。地元宮津で取れたお魚のフライをパテにしているお店もありますが、オイルサーディンを使用して作った「宮津バーガー」のお店がとても多いです。オイルサーディンもそのままもあれば、フライにしたものも!

というのも、ここ天橋立が誇る名産として、「天橋立オイルサーディン」という、竹中罐詰さんの絶品缶詰があります。宮津近郊の海で取れた脂ののったイワシをオイルサーディンにしていて、傷一つないイワシが缶詰いっぱいに並ぶ姿は、まさに缶詰の芸術ともいえるのではないでしょうか。

天の橋立印オイルサーディン 竹中罐詰

提供:天橋立観光協会
鮮度と品質の良いイワシを缶詰にした「竹中罐詰の天の橋立印オイルサーディン」。オイルサーディン以外にも、ほたるいか、わかさぎ、帆立貝などの缶詰も販売。

そしてその絶品オイルサーディンとほかの具材のマッチングを楽しめるのも、この宮津バーガーの魅力♪ オイルサーディンの風味を引き立ててくれる具材とのマッチングも楽しめます。

なお、ホテルのショップでも竹中罐詰のオイルサーディンが購入できます!ほかにも、舞鶴が発祥とされている「肉じゃが」や、栄養満点のスーパーフード「あかもく」など、宮津が誇るご当地グルメも楽しめますのでぜひスタッフにお尋ねください!


お隣丹後には「黒丹バーガー」も!

黒丹バーガー

※写真はイメージです

バーガーつながりで、見た目にインパクトがあるのが、お隣丹後にある黒丹バーガー!その名の通り、バンズが真っ黒なのです!竹炭パウダー入りのバンズには米粉が使用されているのでもっちもちの感触が特徴的。

パテには「宮津バーガー」と同じように、丹後近郊で漁獲された魚を使用しています。タラ等のフィッシュフライに合わせるのはトマトやキャベツなどのたっぷりの野菜と、各店がこだわって作っているタルタルソース!フィッシュフライにタルタルソースの組み合わせはいうまでもなく、一度食べた人たちを唸らせる程のおいしさです!


焼きたての香ばしさを一度味わったらやみつき!?ちくわはちくわでも「黒ちくわ」!

黒ちくわ 松屋本店・えとせとら松屋

提供:天橋立観光協会 
長さは約20cm!あつあつでふっくら食感がたまらない!「松屋本店・えとせとら松屋の黒ちくわ」。

さてさて、先述した黒いバーガーに負けていません!宮津オリジナルグルメの中でも絶対に外せない「黒ちくわ」をご紹介します。 天橋立周辺を歩いていると、いたる所で棒に刺さった「黒ちくわ」が売られています。

この「黒ちくわ」、名前ほど見た目は黒くありません。ではなぜ「黒ちくわ」と呼ばれているかというと…、宮津近海で取れたアジやイワシなどの青魚をベースに作られているからです。そのため、ほんのりつみれのような灰色がかった色の生地が、こんがりと焼かれてパリッと仕上がっています。

皮の中はふわっふわの食感と、イワシやアジなどの旨味をしっかりと感じられます。 香ばしさも相まって、小さいお子様でもパクパク食べられます!足の速い青魚のちくわをこんな贅沢に食べられるのは、海が近い宮津ならでは。一度訪れて食べたなら誰もが恋しくなる味です!


宮津のご当地グルメと一緒にワインも一緒にいかがですか?

天橋立ワイン 茜ブラッシュ

提供:天橋立観光協会
国産生ぶどう100%!どんなお料理にも合わせやすい「天橋立ワインの茜ブラッシュ」。

天橋立付近には酒蔵もいくつか軒を連ねていますが、近年話題になっているのが「天橋立ワイン」です。「天橋立ワイナリー」で作られているワインなのですが、その味わいは日本産のワインらしくフルーティーでアッサリとしているのが特徴で、ご紹介した料理との相性もバッチリです!

ここ「天橋立ワイナリー」には、ワインを使用したソフトクリームやお菓子、ワインにぴったりのおつまみ、ぶどうジュースなども販売しておりますので、お子様でも楽しむことができます。「天橋立ワイン」や、そのワイン使用したお菓子などはホテルでも販売してますので、興味があればぜひスタッフまでお声掛けください。


たくさんの食事を楽しんだ後はデザート!?食べたら頭がよくなるかも!「知恵の餅」

知恵の餅 文珠荘 勘七茶屋

提供:天橋立観光協会
つきたての柔らかいお餅のうえに、あっさりとした甘さのこし餡をのせた「文珠荘 勘七茶屋の知恵の餅」。

「三人寄れば文殊の知恵」という言葉がありますが、このことわざが生まれたとされている知恩寺(ちおんじ)というお寺が宮津にあります。そのお寺の前には「知恵の餅」という名物のお菓子を販売している茶屋が4軒ほど並びます。

「知恵の餅」とは、親指くらいの大きさの小さなお餅に餡をたっぷりと乗せた和菓子です。お店によって甘い餡や小豆の味が濃いもの、甘さが控えめなもの、お餅が柔らかいもの等とそれぞれ個性が出ていますので、食べ比べをしてみてはいかがでしょうか。

食べると「文殊の知恵」を授かるともいわれているので、たくさん食べたら頭が冴えるかもしれないですね!甘いものを食べて、観光で疲れた体を癒してください。


ここまで宮津のご当地グルメをいくつかご紹介しました。

海が近いからこそ、豊かな食材とそれを活かしたグルメが沢山あります。

もちろんご紹介した以外にも、定番も含めた美味しい料理がたくさんありますが、宮津にお越しの際は、人気のご当地グルメもぜひご賞味いただければと思います。おすすめのお店などはホテルのスタッフまでお気軽にお問い合わせくださいね。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New